インターンでクラウドファンディングを
行い、2,811,000円を獲得する

「女性のキッカケになりたい」という思いからポータルサイトを
構築し、実学で政治を学ぶためにウグイス嬢を経験する。

中央大学 法学部 政治学科

赤木 美日

氏名
赤木 美日(あかぎ みはる)

学校名
中央大学

学部/学科
法学部 政治学科

学年
卒業生

卒業年
2016卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
メーカー
広告・通信・マスコミ

志望職種
営業系

出身
東京都

希望勤務地
関東

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

営業経験ありインターン経験あり○○道やってます

実学で政治を学ぶ

幼い頃から政治に興味があり、実際に現場で学びたいという強い思いがありました。その目標が、先日の衆議院総選挙で、ウグイス嬢という形で叶ったのです。知り合いの方が出馬することになり、二週間神戸に滞在し、選挙戦のお手伝いをさせて頂きました。冬だったこともあり、とても寒い選挙戦でした。しかし、選挙における不条理さと反面の人の温かさを感じることのできる貴重な経験をすることができました。当選はなりませんでしたが、初出馬で60,000票を超えたのです。候補の演説を間近で見て、言葉で人の心を動かすことができることに気づくことができました。と共に、私もその中で一票にでも貢献できたと思うと感慨深く、誰かのために誠心誠意尽くして頑張ったことが数字として表れたことは、いい経験になりました。この経験を活かしていきたいと思います。

 

女性向けポータルサイトを構築

もう一つ、大学時代に叶えたい目標が一つあり、「誰かや社会にきっかけをあたえる」ということがしたかったのです。昨年の夏に、女性のプチ企業を応援するポータルサイト「ENTRINA」を構築しました。

ENTRINA

男性向けの起業サイトは多くあります。しかし、女性向けの起業サイトはこれまで殆どありませんでした。あったとしても、宣伝などが多かったので、女性に特化した幅広い視点から捉えたサイトを作りたいと考えました。そして、サイト内のコンテンツやデザインを始め、1から全て考えました。起業成功者の女性にインタビューをし、起業までの課程や必要な手続き等の原稿(約20,000文字)を執筆したのです。とても大変でしたが、サイトを見た女性が「何かを初めるキッカケになるかもしれない。」と思うと頑張ることができました。これまでは、自分が何かやりたい時、周りの友達や大人は積極的に動いてくれたり、アドバイスをくれたりして形になっていました。しかし、このサイトはどうしたいか資料を作り、ビジネスプランモデルを説明したのです。この時に、お金がかかることは、簡単には誰も動いてくれないということを知りました。ただ、大きく打ち出し、細かくやればやるほどいいものができるということを知ることができました。学生のうちのこういった経験ができたことは大変貴重な経験だったと思います。

 

クラウドファンディングで2,811,000円を獲得

私は現在、ハンドメイドキャンドルのスクールを経営する会社でインターンをしています。

キャンドルスタジオ代官山

そこで大阪心斎橋に新スタジオをオープンするためのクラウドファンディングを任せて頂きました。

ハンドメイドキャンドルの灯を大阪に。ショップ&スクールを心斎橋にオープンしたい!

そもそも、認知度がまだまだ高くないクラウドファンディングにおいて、キャンドルに興味がない人は支援してくれません。そこでまず、クラウドファンディングの存在を知ってもらうことからスタートし、キッカケを与えた後に、支援に繋げたのですが、これがとても大変でした。友人や知り合いが「あなたが言うなら」と支援してくれた時には、人との繋がりをとても実感することができました。また、ヒアリングをしっかりと行い、相手のニーズに則した提案をするという、ビジネスを大きく仕掛ける一方で、プロジェクトページやリターンの内容などはとことん練って詰めていったのです。SNSなどでも積極的にPRをしました。TODOリストを作り、スピードも大事にしながら、細かい部分まで明確にした結果、約1ヶ月で2,811,000円を集めることができたのです。この時に、ヒアリングの大切さ、大きく仕掛け細かく詰めていくという成功の秘訣を具体的に学ぶことができました。

母が起業をしており、私はかねてから「女性が自分のペースで仕事ができる環境を作りたい」という思いを持っていました。今回のオープンは、スタジオに通ってくださる方の未来の第一歩に貢献でき、とても達成感を感じました。また、新しいスタジオは、ただのスクールではなく、ギャラリーを併設しており、自分の作った作品を販売することができます。そのため、「観る、買える、作れる」という、これまでにない全く新しいスタイルスタジオのオープンに一役買えたことも嬉しいですし、自分の中でキャリアになっています。それと同時に、ビジネスの難しさ、甘くないと学ぶことができました。利害が一致しなければ誰も動いてくれません。人に動いてもらうためにはどうすればいいのかと悩む反面、少額でも支援してくれる人がいたのです。協力をしてくれる人もたくさん居て、難しさと同時に人のありがたさを知ることができました。また、ポータルサイト構築時に学んだ、ヒアリングの大切さ、大きく仕掛け細かく詰めていくことで結果がついてくるということを、より高いレベルで実践することができました。

 

忙中閑の心で稽古を続ける

中学校1年生の時から茶道をやっており、30歳までにお茶名を取得できるように稽古に励んでいます。また、茶道は日本文化の総体で書道や華道も必要となるため、高校時代に書道部に、大学では華道サークルに所属。その他に祖母の影響から三味線も始めました。お稽古で、大変なことは続けるということです。他の活動もあり、お稽古日に行けない日もありますが、忙中閑の心で、必ず週に一度はお稽古に行けるよう努力をしています。その結果、茶道では昨年夏に全国50名に推薦して頂き、家元に行くこともでき、冬には上級の許状を頂戴しました。華道ではお名前を頂くことができました。自分の中でストレス発散の場になっており、稽古に行くことで落ち着くことができます。今後も継続していきます。

 

女性が活躍できる仕組み作りを

私は、民間から社会を変えている人たちが活躍できる社会の基盤を作りたいです。また、女性が働きやすい社会の基盤を作りたいと思っています。そのために、まずは社会に出て世の中がどのように動いているのかを知りたいです。また、仕事をするならば、社会的な事業を行っている企業を考えています。人と密に接する仕事がしたいという思いがあるので、とくにの身近なものに関係するものがいいです。そして、その中で世の中の仕組みを学びながら、さまざまな人と繋がり、私にしかできない方法で女性が活躍できるような社会の仕組み作りをしたいと思います。

[インタビュー日:2015年2月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る