自分の「夢」を探すために、さまざまな
活動を通して経験を積み夢を見つける

学生団体の活動やアプリコンテスト出場するなど積極的に
活動することでぼんやりとしていた自分の夢を明確化させる

明治大学 文学部 文学科

明畠 瑛里

氏名
明畠 瑛里(あけはた えり)

学校名
明治大学

学部/学科
文学部 文学科

学年
卒業生

卒業年
2015卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
広告・通信・マスコミ

志望職種
事務系
営業系

出身
埼玉県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
学生団体U&ME

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験ありデザイン経験あり

夢を見つける決心をする

私は、大学進学を決める時に、美大に行くか、一般の大学に行くかとても悩みました。自分のやりたいことがハッキリとせず、夢を持てずにいたからです。結果として現在の大学に進学しましたが、学部の仲間は女優や声優を目指す、高校演劇の指導をするという具体的な目標が決まっている人たちばかりです。私は、自分のやりたいことが定まらないまま社会人になることに不安を覚えました。また、当時塾の担任助手のアルバイトをしており、夢指導という生徒に夢を書かせ大学進学の意味を明確化させるということをしていました。私は、その時に「先生は?」と聞かれると「今探している」という回答しかできなかったのです。周りが夢を持つ中で焦りを感じ、自分がやりたいことは大学生のうちに決めようと決心します。

 

夢に向かってさまざまな活動を始める

そこから、さまざまな活動を始めました。2年生の頃から夢について考える学生団体に所属しています。現在も活動を継続しているのは、学生団体U&MEです。

学生団体U&ME

この団体は「一人でも多くの人に夢について考える場を提供、メンバーも夢を叶える当事者でありサポーター」ということをモットーに活動しています。
活動に参加したきっかけは、塾のアルバイトを一緒にしていた現在の副代表が新メンバー募集のお知らせをしていたことです。当時、活動を通して「将来について考えることも大切だけど、考えていない人が多い」と気づき、そんな人たちに学生でいるうちに考えてほしいと思っていました。私自身が団体理念に共感したこと、理念に向かってそれぞれが活動に取り組んでいるため、活動に参加したのです。現在は広報部の部長として活動しています。活動を始めて、団体を動かすことの難しさに直面しました。
うちの団体は、メンバーも夢を叶える当事者でもあるため、活発的な人が多いです。そのため、メンバーそれぞれが忙しいため、まとめることに苦労しました。メールでは相手の心に響かないため、直接伝えるよう努力しましたが、自分の思いを伝え、管理するということは難しいことです。現在は、メンバーと話し合い、少しずつ改善していっています。また、団体を客観的に見て、改善に繋げられる部分などをアドバイスしています。そうすることで、全員が団体理念に向けて活動できる環境を整えています。

 
 

ひらめきで、斬新なプレゼンテーションを

また、大学の友人とアプリコンテスト「TOKYO PLANNING COLLECTION」に出場しました。

TOKYO PLANNING COLLECTION

普通のビジネスコンテストではできないセミナーや企画のあるコンテストです。プレゼンテーションの形も私たちの裁量に任せてもらえる部分が大きく、ビジネス視点より女子大生視点で作り上げられています。このチームのメンバーも活発的に活動している人が多く、集まることが困難でした。そのため、短期集中型で案を作り上げました。また、作り上げていく中で、ひらめきで写真漫画や寸劇などユニークなプレゼンテーションが生まれます。審査委員の方に助言をいただきながら、企画の中に修正を加えていく中でも新たなひらめきが生まれました。融合させ、いいものを作り出すことができています。結果的に優勝することもできました。

 

見つけた夢に向かって

活動を始めて夢について考える場を与え、夢について考える手助けしたいと思うようになりました。そして、ご縁もあり、学生に学びや成長の場を提供している町おこしの活動などにも関わっています。
これらの活動を通して、新たな発見や出会いがありました。そして、何よりも自分の中で夢についての考えが変わったのです。特に、就職活動前にさまざまな経験を積んで欲しいという思いが生まれました。
将来的に「何かしたい」と思っていても、実際に行動に移せていない人にさまざまな出会いと価値観に触れられる場所を提供したいという夢を持ちます。
夢を見つけることはできましたが、それを仕事にするか仕事との隙間時間に行うかを迷っています。現実的に考えると仕事にすることは難しいと思います。また、私はこれまでしてきた多数の活動をしてきましたが、学校があったからこそ頑張ることができました。そのため、仕事の隙間時間に夢に向かう方がいいのではないかと思っています。仕事としては、人材なども考えていますが、アプリコンペなどを通して企画の仕事に興味を持っています。昔から、何か作ることが好きなので、仕事としても何かを作り出したいです。しかし、一つに絞ってしまうのではなく、まずは広い視野を持って自分に合った仕事を見極めていきたいです。

[インタビュー日:2013年11月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る