団体代表として部員の意識統一を重視
カンボジアの子の教育支援に尽力する

初回スタディツアー参加時、子どもの教育への熱意に感銘を受け
大学2年の春代表に就任、ヒアリングを重視し組織をまとめる。

駒澤大学 法学部 政治学科

遠藤 百華

氏名
遠藤 百華(えんどう ももか)

学校名
駒澤大学

学部/学科
法学部 政治学科

学年
2年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
マスコミ
不動産
商社
広告
業種・業界は問いません

志望職種
与えられた仕事ならなんでも
企画系
営業系

出身
福島県

希望勤務地
関東、関西、東北

学生団体
学生ボランティア団体Links!!

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり全国大会出場○○道やってます

高校時代には勉強と弓道部を両立、国体選手に選抜される

私が高校時代、頑張っていたのは弓道部の活動です。特進コースの中では部活に入る人自体少数派でしたが、私はスポーツが好きだったこともあり、入部を希望していました。しかし、特進コースの授業は1日8時間あり、部活に参加できる時間は僅かしかありません。個人的にも1年の夏休みにカナダに短期留学したことにより、他の部員との技術の差が誕生しました。

留学自体は有意義だったため、帰国後は1時間早く登校し、1時間の自主練をしました。さらに、授業が終わった後も自主練を続けました。継続することができたのは、部活の仲間のおかげです。他の人とは違う環境で練習する私のことを周囲が受け入れてくれたため、練習にも意欲的になれたのだと思います。

そして、高校3年の初めの大会では国体選抜選考会に出ないかとお声がけいただき、そのまま、国体選抜入りが決まりました。最終的には、高校3年の9月まで部活を続けています。周りは受験モードでしたが、私にとっては受験も弓道もどちらも大切なものでした。ここで悔いなくやりきったことで、大学入学後に新しい一歩を踏み出すことができました。

 

学生ボランティア団体「Links!! 」の代表に就任しカンボジアの子どもを支援

大学入学後は、学生団体「Links!! 」に参加しています。元々、私は旅行や海外を旅している人の本を読むことが好きでした。自分も海外に旅をするのであれば、何かの活動に参加し、自分のスキルに繋げたいと思い、色々と探す中で出会ったのがカンボジアの子どもたちを支援しているLinks!!です。

大きな活動としては、毎年春と夏にカンボジアの孤児院「AHCO」に行くスタディツアーがあります。現地では、英語教育や衛生支援、日本の企業さんからいただいた協賛品による物品支援など、様々なことを行なっています。
私が初めてスタディツアーに参加したのは、大学1年の夏です。孤児院にいる子どもたち全員を英語学校に通わせることはできない中、日本で言えば小学校1、2年生の子どもが「僕も英語学校に通いたい」と、訴えてきました。自分がその年齢だった頃と比較しても、勉強に対する熱意は格段に違います。自分ができることは一体何なのか、心にひっかかりを感じたまま、帰国したことが強く印象に残っています。

そして秋には、先輩からの推薦を受け、会計に就任しました。活動に必要な金銭を集めるための活動や子どもたちが作ったものを販売し、そのお金で物を買うことで社会の仕組みを教えるのはどうかなど、お金に関することを管理することが主な役割です。その後、当時の代表が留学することが決まり、後を引き継ぐ形で大学2年の春から代表を務めています。

 

各部員とのヒアリングを重視し、組織をまとめ上げる

大変だと感じるのは、団体を運営する上で部員の気持ちを統一することです。スタディツアーに複数回参加することで、各自のモチベーションは高まるものの、初期には旅行感覚の人や異なる思い、考えを持つ人も少なくありません。
この問題を解決するため、私はメンバーに対するヒアリングを重要視しています。一人ひとりと話し、責任ある仕事を任せることで、各自やるべきことも明確になり、意欲が高まります。依頼するだけでなく、実際の行動に対しても長所を認める声かけを重視しています。

また現地を訪問できるのは、年に2回しかありません。子どもたちとも、1人ずつ顔を合わせて話を聞き、思いを読み取るようにしています。
代表を経験して、相手の話を聞くことの大切さを学ぶことができました。自分の思いだけで突っ走ってしまうことがないよう、伝え方・話し方ひとつにも気を配ります。色々な人の意見を聞くことは、組織としての団結や議論の深まりにおいて重要だと気づくことができました。

 

大好きな旅行をきっかけにライター活動を開始、継続中

私のもうひとつの活動は、学生に旅を広めることを目的としたサイト「IMATABI」でのライター活動です。カナダ、アメリカ、カンボジア、インドネシア、タイ、韓国、ベトナムなどの海外旅行経験があり、SNSに写真を投稿していたところお声がけいただきました。現在は国内外問わず、旅行の話をまとめて記事を作成し、寄稿しています。
旅行関係の仕事に就くか、旅は趣味として楽しむかは、まだ決め兼ねています。ただ、どちらにせよ、私は色々な場所、人との出会いがある旅が大好きです!

 

[インタビュー日:2018年9月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る