言語学習をきっかけに単身海外滞在へ挑戦
そこで身につけた計画性と実行力

留学やファームステイで出会った多国籍な仲間と過ごす中で
「他人に関心を持つこと」が異文化理解の第一歩だと学ぶ。

愛知県立大学 外国語学部 ヨーロッパ学科 フランス語圏専攻

萩平 里衣奈

氏名
萩平 里衣奈(はぎだいら りえな)

学校名
愛知県立大学

学部/学科
外国語学部 ヨーロッパ学科 フランス語圏専攻

学年
4年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
メーカー
商社
海外事業
金融・証券・保険

志望職種
事務・管理系
販売・サービス系

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり英語話せます韓国語話せます

世界の人々の考えを理解するために

私は、語学を学ぶことに関心を持ち続けています。高校生の頃は、授業で英語を学ぶ他に、独学で韓国語を勉強していました。語学学習は、努力すればするほど成果を得ることができ、ゴールがないため、常に向上心が保てます。
そして、何よりも他言語を理解できれば世界のさまざまな人々の考えを理解できると思い、大学では外国語学部を選択しました。
大学2年生の夏休み、自分が専攻しているフランス語の力を試すために、1ヶ月間フランスにてファームステイをしながら旅をしました。
そして、世界共通語の英語を話せてはじめて他言語が自分のアドバンテージになると考え、3年生の後期からカナダへ半年間の語学留学。
その後ニュージーランドとオーストラリアにてファームステイをしました。
帰国後、韓国への交換留学も経て、現在では英語、韓国語、フランス語を話すことができます。
 

実践を通して身に着けた計画性と実行力

カナダへの留学では、大学やエージェントを通さず、自力で都市選択から学校選び、申請まで行いました。
また、ファームステイでは、WWOOFというファームステイを募集する農家を登録しているサイトを使い、ホストを探したのです。
そして、フランスで初めてホストを探す際には、20件目にしてやっとホスト先が決まりました。ホスト先に確実にたどり着くため、周辺の地図や乗るバスの時間表など情報収集を徹底し、完璧な事前準備をして出発しました。
事前に集めた情報は「旅ノート」にまとめて、一人旅の際には欠かせないものとなりました。
カナダ留学の準備も、ファームステイをしながらの一人旅の準備も大変ではありましたが、最も充実した時間でもありました。準備期間も含めて、一人で数ヶ月見知らぬ国で行動した経験は、大きな自信になりました。
 

失敗は「自分の得」になる

事前準備をしていても、情報不足で失敗してしまったり、滞在先でトラブルが起きてしまったり、想定外のことは起こるものです。しかし私は、そのような失敗や不運は自分の得になると考えています。
なぜなら、不運が起こった際に、それを乗り切った達成感は必ず自分の経験値としてプラスになることを確信しているからです。失敗を恐れて行動を起こさないのではなく、失敗を避けるために事前準備をすること。そして、失敗したとしても、それを自分の強みに変えていくことが大切であると思います。
 

出会う人は決められている

海外でのファームステイでは、四六時中ホストファミリーと他の滞在者と一緒に働き、ご飯を食べ、生活を共にしました。私が関わった人たちは、フランス人、ドイツ人、アメリカ人、中国人、スイス人、ニュージーランド人、オーストラリア人と、多国籍です。時間通りに仕事をしない人や、限りある食材を一気に使ってしまう人たちもいて困惑することもありました。ある日思い切って、なぜその行動をするのかを聞いてみると、その行動はその国独特の文化だった、ということがありました。
この経験から、国が違えばさまざまな文化があるのは当たり前のこと。相手からしたら日本人の文化を理解できないことも十分にあり得ると考え、お互いに理解し合える関係を結ぼうと歩み寄りました。
ファームステイや旅でさまざまな人々に会う中で気づいたことがあります。それは、人生で出会うタイミング、場所、立場、状況は自分の選択によって変わっても、出会う人そのものは運命で決められているかもしれないということです。
どんなに悪い状況でも、お互いに良い印象を抱かない場合でも、この人には出会うべくして出会って、今同じ時間を共有していると考え、ポジティブに人と関わる方法を身につけました。相手を「嫌う」のではなく、相手に「関心を持つ」ことが重要であると学びました。
 

より良いグローバルな日本社会を目指す

自分の計画性や実行力がある点や、語学に堪能な点を活かして、海外と関係のある会社で仕事をしたいと考えています。そして、夢である海外赴任に挑戦したいと思っています。海外赴任は男性がする仕事というイメージを打破していきたいです。
さらに、他言語を話すことが苦手といわれる日本人がもっと他言語に興味を持って、よりグローバルな日本社会になっていくために貢献していきたいと思います。

[インタビュー日:2017年2月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る