分析力を活かし学生団体の規模拡大に
尽力、総合的判断で組織再編成を成功

活動を経て人間力や他者との関係性の重要性を実感、自分軸を
確立し世の中を本気で変える変態、変わり者を目指し行動中。

鹿児島大学 法文学部 法政策学科

日高 弘喜

氏名
日高 弘喜(ひだか こうき)

学校名
鹿児島大学

学部/学科
法文学部 法政策学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
コンサル
人材業界
広告

志望職種
企画系
営業系
総合職

出身
宮崎県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
YOUTH SENSE
かごCAN

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験あり

「福岡魅力発見プロジェクト」への参加を機に価値観が一変

私は子どもの頃から水泳、ピアノ、体操と幅広く習い事をしていました。中学生ではゴルフ部に所属し練習に励む一方、高校時代にはゲームや漫画など好きなことに夢中になっていました。今振り返ると、特定のコミュニティに所属することよりも、自分の興味関心の高い分野に対し熱心に取り組むタイプだったと感じます。しかし、その一方で挫折経験がないことに対し、問題意識を感じていました。

具体的に問題解決に向けて動き出したのは、大学3年の夏です。10日間に渡り行われた「福岡魅力発見プロジェクト」に参加したことで、価値観・キャリア観が一変しました。プロジェクトの内容は、全国各地から私を含め16名の学生が集まり、経営者の自宅にホームステイしたり参加企業の1dayインターンを体験したりと、体感することで魅力を発見することです。参加を機に、私は原体験を増やすこと、物事をやり切り実力をつけることの重要性を実感し、行動に移すようになりました。元々、起業に対する思いやイベントへの参加経験はありましたが、背中を押し行動のきっかけを与えてくれたのがこのインターンでした。

 

学生団体「YOUTH SENSE」の規模拡大に向け、代表・副代表と共に活動する

現在、特に力を入れていることは、先輩が立ち上げた団体「YOUTH SENSE」の規模拡大です。団体として鹿児島の社会人を応援したいとの思いから、朝にコーヒーの移動販売を始めました。浮かない顔で会社に向かう方が多い中で、私たち学生ならではの活気を感じていただければとの思いもあります。現在、団体の人数は36名です。私は主に企画と組織マネジメントを担当しています。また、コーヒー販売に伴う、実店舗の営業も兼ねています。

当初の役割分担は、メンバの自由意志に任せる形でした。しかし、それでは団体としての機能を果たすことが難しいと、組織の再編成を図るため、代表と共に全員に希望を聞いた上で、適性なども踏まえ総合的に判断し今に至ります。

最初におこなったのは、項目の洗い出しです。団体に入った理由、興味関心、今の思いや悩みなどを尋ね、一人ひとりのキャパシティを把握しました。学生である以上、勉強、遊び、団体活動に対する時間の割り振りには個人差があります。信頼しているアプリの性格診断も活用し、私と代表、副代表の3人が1人10名ほどを請け負って面談フローに従い、対応したのちに情報を共有し、改めて役目を振り分けました。

 

長所である分析力を活かした上で、人間力を高め他者との関係性を築く

私自身、分析力には自信がありますが、分析だけでは人を動かすことはできません。その中で、相手が一体何に対してワクワクするのかを知り、未来に向けた話を行うことで、相手のモチベーションを高め具体的な行動を促すなど、戦略的に話を詰めました。より感情に寄り添ったカウンセリングをするにはどうすればいいか、モチベーションが低い人に対してどう鼓舞するかといった反省点もあるものの、及第点だと感じています。また、今回感じた課題は、次の機会で活かしたいです。

活動を通して嬉しかったことは、社会人の方とのつながりが増えたことです。団体活動を開始した際に作成した100枚の名刺は、名刺交換により手元に残っていません。100名の社会人の方、特にWeb関係、IT関係の方との出会いを積極的に活用する方向にて進んでいます。すでに、企画書を見てもらいたいといった具体的な話も行いました。

同時に、活動の中で私自身の能力の限界と他人の能力、凄さに対しても気づくことができました。組織運営においては、人間力が重要です。自分の苦手分野を補ってくれる人との関係性をいかにつくるかが、成功できるかどうかにも関わってくると感じました。

さらに、自ら学生団体「かごCan」を立ち上げ「鹿児島の学生に活気を。」をモットーとし、学生に対する情報発信を行っています。現在は、学校の枠を超えた「中高生カンファレンス」の開催に向け、動いています。

 

新しい環境を作り出す側となり、日本を代表する人物を目指す

将来の夢は、一般とは異なる自分の軸を持ち、課題に対し本気で解決に向け動く人、世の中を本気で変える人になることです。一言でいえば、変態です。いい意味での変わり者といえばよいでしょうか。私の理想とする人物は、イーロン・マスクや孫正義です。彼らのように自ら新しい環境を作る側に行き、日本を代表する人物になり新しいものを作り出したいです。

 

[インタビュー日:2019年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る