インターンでは営業を担当、情報力や
管理能力を磨き、商談での結果を出す

共同代表としてプロジェクト型サークルを運営、理念に基づき
柔軟に方向性を変更、社会に通用する人材育成を目指し活動。

立命館大学 経営学部 国際経営学科

広田 勇人

氏名
広田 勇人(ひろた はやと)

学校名
立命館大学

学部/学科
経営学部 国際経営学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ

志望職種
事務系
営業系

出身
兵庫県

希望勤務地
関東、海外勤務

学生団体
element.

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

高校時代に約1年留学し、異文化適応能力を磨く

私が過去に頑張ってきたことは3つあります。1つ目は、高校2年のアメリカニューヨーク州への留学です。8月から約1年、ホームステイをして現地の高校で授業を受けました。留学の目的は、英語力向上と若い間に異文化適応能力を磨くことでした。高校にいた日本人は私1人です。
今までと全く異なる環境に適応するため、まず私が取り組んだことは周囲の話を否定することなく全て受け入れることでした。友達やホストファミリーから促された言葉は、未経験の内容であっても積極的にチャレンジしました。

2つ目は、水泳です。留学先の高校の水泳部に所属し、学校別の地区大会で1位、リレーでニューヨーク州大会に出場の成果を残しました。留学当初の私の英語力は拙いものでしたが、周囲が受け入れてくれたことやホストファミリーが試合の送迎をしてくれたことはとても嬉しかったです。また水泳を通じて会話が増え、一緒に遊びに行く友人もできました。

3つ目は、高校生への留学支援ボランティアです。団体「YFU」に所属し、親御さんへの対応や海外からの留学生に対する日本滞在時のケアを行いました。

 

プロジェクト型のサークルを立ち上げ共同代表を務める

大学入学後は「サークル活動」「インターン」の2つに尽力しています。サークルの理念は「さまざまなプロジェクトを通して、個人の成長を目指すとともに、社会で求められる人材になる」ことです。現在は私を含め2名で代表を務めています。愛媛みかん農家へのボランティア活動やインターン合同説明会などが主な活動内容です。発足は2018年ですが、すでに立命館大学の公認団体になりました。

サークル立ち上げにあたり、まず苦労したことは、人を集めることです。同じ思いを持った学生がいたとしても、アプローチする方法がありません。説明会を開き、ポスターやチラシの作成から、思いを伝えるためのプレゼン練習など、試行錯誤しながら行動しました。当時の代表は3人でした。そこで、私は得意なプレゼンを担当、コミュニケーションが得意な人はポスターを配ったり人に話しかけたりする役割、管理が得意な人は団体全体や書類の管理という風に、個性に合わせた役割分担を行ったことも、成功の秘訣と感じています。

当初はサークル内で個別にプロジェクトを作るイメージでしたが、ひとつの理念を追いかける環境の重要性に気づきました。さまざまなことにチャレンジする環境は大事です。しかし、ひとつの物事に対し、全員が集中できることも大切だとの思いから、2019年からは新しくひとつの大きなプロジェクトをつくり、今に至ります。

 

営業の長期インターンにおいて、7店舗を担当

もう1つ注力していることは、長期インターンシップです。2018年11月より、香水やフレグランスなどを取り扱っている、商社兼メーカーの「株式会社フィッツコーポレーション」にて、営業のインターンを行っています。現在私が所属しているのは、ドンキホーテチームです。売上や客層の分析や新作の商談、売り場のメンテナンスなどが主な仕事です。

商談には、コミュニケーション力が求められます。先輩の方法などを真似しながら行っていましたが、商品知識やヒヤリング力不足を実感しました。また、担当店舗が7店舗に増えたことにより、管理能力が求められています。現在は先輩や社員の方に同行し、良いやり方を積極的に吸収しています。その結果、担当者が求める情報を効率的に渡せるようになりました。また管理能力に関しましても、予定表やリマインダーを活用し、工夫しています。

 

ものと人、人と人をつなげる仕組みづくりを目指す

サークル代表を務め、組織運営の方法やタスク管理能力が身についたと感じます。企業の方とのイベント開催や他団体との交渉などの経験から、渉外の力を得ることができました。またインターンでは、社会人の方と商談する機会を得たことで、効果的な商談方法や相手の話の引き出し方を学ぶことができました。

さまざまな種類のタスクをこなす中で鍛えることができたのは、タスク管理能力です。インターンは今後も継続予定ですが、将来後輩に引き継ぐときまでに、担当者の方とより良い関係を築き、売上を高めておきたいです。

将来の夢は、ものと人、人と人をつなげられる人になることです。直接ものを販売するのではなく、仕組みそのものをつくることが希望です。また人間的には、主観にとらわれず幅広い視野を持った人になることを目指しています。

 

[インタビュー日:2019年7月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る