膝の靭帯損傷にもめげず、一心不乱に
リハビリとサポートから復帰を果たす

11名のキーパーの中から選出、選手権4位の結果を残すも
怪我から戦線離脱、しかし結果に囚われず情熱を持ち取り組む。

三重大学 生物資源学研究科

犬飼 拓弥

氏名
犬飼 拓弥(いぬかい たくや)

学校名
三重大学

学部/学科
生物資源学研究科

学年
修士2

卒業年
2020卒

志望業種・業界
コンサル
スポーツ
メーカー
商社
建設・工事系
海外事業

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

小学4年生から現在に至るまでサッカーを継続

私は小学4年生から現在に至るまで、継続してサッカーに取り組んでいます。ポジションはキーパーです。中学時代のサッカー部では、役職には就いていないものの、全体をまとめて指揮する役割を果たしていました。チームとして試合に勝つため、何をすべきかを考えた結果、自然と生まれた立ち位置です。

高校時代に所属していたサッカー部は、全学年合わせるとおよそ120名となる大所帯でした。レベルごとに大きく、上からA・B・Cチームに分かれており、さらに試合に出場できるレベルのA-1、ベンチ入りが見込まれるA-2など細かくランク分けされていました。11名のキーパーの中から選ばれ、選手権に出場し、ベスト4を果たした喜びは今も強く印象に残っています。

 

膝の靭帯損傷を乗り越え、一心不乱に取り組むことで多くの学びを得る

情熱を注ぎ、取り組んでいたサッカーでしたが、高校2年の夏、不運に見舞われ膝の靭帯を損傷しました。最初の2ヶ月は安静を命じられ、その後もリハビリの日々を送りました。怪我が完治するまでは、練習に参加することもできません。しかし、リハビリに通いながらも頻繁に練習には顔を出していました。サッカー部はマネージャーが少ないこともあり、私を含め、怪我人はマネージャーの役割を果たすことが求められます。怪我をする前の私よりも技術レベルが下のキーパーが自分のポジションにいる悔しさは、言葉で言い表せないものがあります。しかし、悔しさを押し殺し、彼のサポートに徹しました。

持ち続けていたのは「試合に出たい」との強い思いです。だからこそ、その時々にやるべきこと、例えばリハビリならばリハビリ、サポートならサポートを一心不乱にやり続けました。復帰を果たしたのは、半年後です。大学受験を考えている人は高校3年の春に引退するため、実質の最終選は高校2年の選手権でした。選手権には間に合わないかもしれないといった不安はありましたが、当時通院していた先生にも相談し、テーピングで固定した状態で復帰しました。最後、引退直前の3年の先輩と一緒に練習ができたことを、大変嬉しく思っています。この経験を通し、私は結果が出る、出ないにかかわらず目の前の出来事に一生懸命に取り組むことで自分の中で得られるものは必ずあることを学びました。

 

自らが起爆剤となり、仕事で携わる人全てを笑顔にしたい

私は大学入学後もサッカー部に加入し、現在もサッカーを継続しています。大学3年次には幹部として、ユニフォーム作成や練習メニューの考案を行いました。各自が得意分野での役割を果たす形ができているため、私も自分の人脈を活かし活動しています。大学時代の部活での苦労は、監督がいないことです。監督やコーチの指示があった高校生までとは大きく異なり、練習メニューも含め、全て自分たちで一から考えることが求められます。

他にも、大学生活の中では1年次に1ヶ月間、ドイツに留学しました。発音が通じない、単語が理解できないといった状況に直面したこともありますが、家の中に単語を貼り、積極的に会話を心がけることで克服しました。言葉が通じ、会話が成り立ったときの喜びは、強く印象に残っています。さらに研究室でのゼミ活動やインターンを通し、コンサルタントや商社・メーカーの技術営業職に対する強い興味を抱くようになりました。売り込みも含め、技術力・知識力が求められる仕事に魅力を感じます。将来の働き方としましては、職場やお客様含め、私が仕事で関わった人が楽しくなる、幸せになる形が理想です。分野を問わず自らが起爆剤となり、良い方向に物事を動かしていきたいです。

 

[インタビュー日:2018年12月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る