同期を巻き込みサークルの改革に尽力
新入生の参加率を、60%→80%へ

一人ひとりに地道に声をかけ、相手に寄り添う姿勢を徹底、
初心者向けテニス講座も人気を博し、新入生の満足度が高まる。

同志社大学 政策学部 政策学科

神田 明典

氏名
神田 明典(​じんでん あきのり)

学校名
同志社大学

学部/学科
政策学部 政策学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
メーカー
広告・通信・マスコミ

志望職種
IT系
営業系

出身
広島県

希望勤務地
関東、関西

学生団体
同志社グリーンテニス同好会、
同志社テニス同好会連盟

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験ありインターン経験あり

テニス部の士気を活性化、地区大会優勝を勝ち取る

私は高校から硬式テニスを始め、テニススクールに週4日、部活動に週6日通うことで、実力を高めていきました。個人戦では県大会に出場できるまでに成長しましたが、チームとしては初戦敗退のままでした。

チームとして勝ちたいとの思いが非常に強かった私が、まず取り組んだことは、原因解明です。部員にヒアリングをした上で、一人ひとりに合わせた練習メニューをつくり、コーチとして指導に励みました。わかりやすい指導だと褒めてもらい、かつ、チームの士気が高まったことで、半年後には地区大会優勝の結果を残すことができました。

部には顧問がおらず、先輩のほとんどがテニス初心者です。活動当初は大変でしたが、私が指導したことで、相手から感謝の言葉をもらったり、自分の仮説が正しかったことが検証できたりしたことは、大きなやりがいにつながりました。またチームで取り組むことで、いつもよりも早いスパン、かつ高いモチベーションで活動できたことは、私にとっても学びになりました。技術面と精神面で鍛えられた、良い経験です。

 

テニスサークルの出席率向上に尽力

私が所属しているテニスサークルは、毎年新入生100人前後が入る大所帯です。しかし、半年後には半数以上が辞めてしまう問題を抱えていました。人とのつながりを重視するタイプの私は、問題解決のため、後輩にヒアリングを試みました。すると「テニス未経験のため、よくわからない」「中の良い人がいないため行きにくい」といった回答がありました。私が掲げた目標は、テニスを好きになってもらい、サークル出席率を75%以上に引き上げることです。

まず取り組んだことは、新入生への声かけです。私主体で同期5名程度と共に声をかけ、新入生との親睦を深めるために月に1回程度、初心者向けのテニス講座を開きました。元テニスコーチの経験も役立ちました。その結果、新入生のサークル参加率は約60%から80%以上に向上し、数値を維持し続けています。サークル在籍率も75%程度を保つことができ、当初の目標を達成することができました。

 

同期と共に、新入生の意識を大きく変えることに成功

新入生はテニスよりも楽しむことを目的としてサークルを選んだ子が多く、最初は、テニスに対するモチベーションを高める難しさを感じました。結果につながったのは、新入生一人ひとりへの地道な声かけです。丁寧にテニスに対する印象を聞き、現状把握に努めました。また、テニス経験者かつ指導係の私が直接話しかけることで、新入生からも話しかけやすい環境づくりができたと感じています。

初心者向けのテニス講座をやりたいとの思いに同期が賛同し、手伝ってくれたことを大変嬉しく思います。自分ひとりでカバーできる範囲には限りがありますが、同期が率先して行動してくれたことで、新入生の満足度を高めることができました。また指導によって、新入生がテニスを好きになってくれたため、私も非常に喜びを感じることができました。
周囲の賛同を得て、チーム全体を巻き込みながら行動できたこと、相手のニーズを汲み取った上での行動により、寄り添った結果の提供ができたことも、大きな学びです。自分が思いを持ち行動することで、相手の反応を引き出せるといった経験は、今も生きています。

 

周囲との信頼関係を築き、唯一無二の存在に

私には就活に対し2つの軸があります。法人営業向けのコンサルティング営業ができる会社、そして少数精鋭のもと、周囲と意識を共有しながら働ける環境です。

将来像に関しては、信頼関係を築き、仕事・プライベート問わず「神田さんだから会いたい」「神田さんにお願いしたい」と思われるような人を目指しています。私は、父を尊敬しています。父は個人事業主として15年以上事業を営んでいます。その中で常々私に対して「信用だけはなくすな」と言ってくれていました。父でなければだめだと仕事を依頼する人がいて、父はその思いに全力で応えている、そんな姿を常に見てきたからこそ、私の目標とする姿が生まれたと感じます。

私は、人の話を聞き要点をまとめることが得意です。大学2年3月から就活を開始する中で得た知識や面談でのスキルを生かしながら、友達の面談をする機会が多いです。相手の悩みや考え方について気づき、まとめる力は、周囲からも褒められることが多く、私自身も人と関わることの楽しさを改めて感じています。今後の就活に関しても、この軸をブレさせることなく活動を続けたいです。

 

[インタビュー日:2020年4月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る