実際の生物を扱う研究から生物情報
科学へと進路変更し研究者を目指す

日本生物学オリンピック全国1位を獲得、大学入学後も研究に
励み、常に自分に疑問を投げかける姿勢を大切に学び続ける。

東京大学 教養学部 理科二類

神立 幸治

氏名
神立 幸治(かんだつ ゆきひろ)

学校名
東京大学

学部/学科
教養学部 理科二類

学年
3年生

卒業年
2023卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ
銀行・証券・保険・金融

志望職種
IT系
専門系
技術系

出身
東京都

希望勤務地
関東

学生団体
東京大学生物研究会

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり全国大会出場

中学時代の授業を機に、生物学に興味を抱く

生物学に関して、私が興味を持つようになったきっかけは、中学時代の先生です。生物の進化、人間の進化の系譜をたどるように、実際の生物を用いて、観察、スケッチを通じた学習を行いました。そして、生物の仕組みに感動したことを機に、学問としての興味を抱き、今に至ります。

中学時代はラグビー部に所属し、週5の練習に励みながら、ほぼ全てのテストで学年1位をキープし続けました。ラグビー部の顧問の先生からの「妥協するな」の言葉は、自身の成長過程において、指針となっています。しかし、中学3年に膝を故障し、辛い中、必死で頑張ってきたラグビーをやめざるをえない状態に追い込まれてしまいました。当時私が通っていた中学は、中高一貫校でした。

しかし、7月に退部し、決意したのが、外部受験です。ラグビーの道を断念し、生物の道、研究者を目指すのであれば、東大か京大だと考えました。受験勉強中も、ラグビー部で培った精神力は、大いに役立ったと感じています。

 

高校3年のときには、日本生物学オリンピックにて全国1位を獲得

出身は東京ですが、奈良県の高校に進学し、寮生活を送りました。高校1、2年の時にはスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に参加しています。週に1回、土曜日の放課後、大学の教授の話を聞いたり、自ら調べた内容をプレゼンしたりといった内容が主でした。

また、日本生物学オリンピックにも挑戦しました。全国から3,600人程度が応募し、約80人が全国大会に出場する大会です。高校1年では予選落ちしたものの、2年では30位に入り、銅賞、3年には全国1位を獲得しています。アメリカで使われている1,600ページほどの教科書を日本語訳したものが出題範囲となるため、学校の勉強の両立に苦労しました。

 

ドライ・ウェット両方の活用を視野に入れ、生物情報科学を学ぶ

今、力を入れているのは大学での勉強です。学べば学ぶほど、私が理解できているのは、真実の本の一部にしか過ぎないことを実感します。特に力を入れているのは、生物や数学です。入学当初から、研究室に訪問し、ガンについての研究も続けています。

実際に生物を扱う実験は「ウェット」、情報科学やAIの力を使う研究は「ドライ」です。1年では主にウェットな研究をしていましたが、どうしても時間がかかります。ハツカネズミであれば、成長するには二十日かかり、実際に1年間で研究できる回数は限られてしまいます。そこで、2年から、ドライの生物情報科学への進路変更を決めました。ドライであれば、時間がかからないわけではありません。しかし、時間の使い方の種類として、自ら頭を働かせる時間が伸びる分には大変有意義だと感じます。

ただ、ドライはあくまで予想です。生物のゲノム情報をもとに予測を立て、実際にやるのはウェットです。ドライ・ウェットの両輪が研究のベースとなるため、今は両方を活用できる人間を目指しています。

 

微生物の可能性に高い関心を持ち、生物学の研究者を目指す

将来の夢は、生物学の研究者になることです。特に、私の中で今、微生物に対する関心が高まりつつあります。例えば、人間の場合、外界からのインプットを外に出すときに鍵となるのが、表面積です。立方体をイメージするとわかりやすいかと思うのですが、ひとつの立方体を半分に切ることで、表面積が増えます。同じボリュームであれば、小さければ小さいほど表面積が増えることになります。

人間の細胞は37兆、かたや微生物の細胞は1つから多くても100,000のオーダーに収まります。微生物は、環境と触れ合う力は圧倒的に高く、増殖のスピードの爆発的な強さも人とは比べ物になりません。また、細胞の体積あたりに対する表面積も広いです。遺伝情報などを調整し、環境に悪影響がないようにした上で、環境改善につなげることも実現できるかもしれません。もちろん、これはあくまで想像の段階にすぎません。実現には実力や時間、金銭面の問題はありますが、環境の改善、飢餓に苦しむ人たちへの提案につながればと思います。

最後になりましたが、私は、自分の意見は時に曖昧だと感じています。だからこそ大切だと感じるのが、他の人たちとの議論や受ける指摘です。現在も、自分の意見は的を得ているのか、再確認を続けていますが、この姿勢は人生を通して続けていきたいことのひとつです。

 

[インタビュー日:2018年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る