「一人で抱え込まない」ことを学び、
リーダーの重責とプレッシャーを克服

リーダーのプレッシャーを味わうも仲間たちの助けで克服し、
他者への感謝を忘れず、自分も「感謝される人」を目指す。

名古屋外国語大学 現代国際学部 国際教養学科

加藤 七海

氏名
加藤 七海(かとう ななみ)

学校名
名古屋外国語大学

学部/学科
現代国際学部 国際教養学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ
業種・業界は問いません
銀行・証券・保険・金融

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
岐阜県

希望勤務地
関東、中部、関西

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

「キャプテン」として部を導く

高校時代、私はテニス部に所属していました。入部の動機は、小学生低学年のころから続けてきた硬式テニスを、高校でもプレーしたいと思ったからです。しかし私の高校のテニス部にはコーチのような指導者がいません。さらに顧問もほとんど部活に来ないため、すべての練習を生徒たちで考え、行なっていました。

やがて先輩たちが引退すると、私がキャプテンに任命されました。ただでさえ練習が大変な環境でしたが、そこに「皆の手本にならなくては」というプレッシャーも加わった形です。どうチームをまとめるか、指導者のいるライバル校に勝つにはどうすればよいか、どうやってそれを皆と共有するか…。キャプテンをしていた間は、そのような試行錯誤の日々が続きました。

 

「リーダー」としてチームを引っ張る

大学では新たに「よさこいサークル」に入りました。まったくの未経験でしたが、先輩たちが踊っている姿に感動し「自分も踊りで人に感動を与えたい」と思ったのが入部の動機です。よさこいでは、何十時間という練習の成果を「たった4分」で表現します。このように厳しい踊りだからこそ、見る人を楽しませて感動を与えることができるのでしょう。

私が所属するよさこいサークル内には、いくつかの「チーム」があります。私はその中のひとつ「女隊」のリーダーとして、チームを引っ張る立場です。こちらも当初は、どうやって皆のモチベーションを高めるか、練習を楽しくするにはどうすればよいか?という悩みやプレッシャーを感じていました。

 

「仲間の助け」でプレッシャーを克服

私にとって、キャプテンやリーダーとしてのプレッシャーはとても苦しいものです。特に自分ひとりで問題を抱え込んでいる間は、楽しいことよりも辛いことの方が大きく感じました。それを克服できたのは「仲間たち」のおかげです。同学年の仲間が相談相手になり、年下の仲間たちが意見を聞かせてくれたおかげで、リーダーとしてどう行動すべきかわかりました。

もちろん今でも試行錯誤は続いていますし、夏の炎天下での練習や勉強との両立など、リーダーの課題がなくなることはありません。それでも、これまでリーダーとして厳しい経験をしてきたからこそ、助けてくれる仲間たちへの感謝、関わってくれる人やモノへの感謝の気持ちを持つことができました。これからも学んだことを生かして、仲間たちと困難を乗り越えて行きたいと思います。

 

「感謝される人」として成長したい

特定の企業とか職業といった「将来の目標」はまだイメージできていませんが、日々の生活の仕方や人間としての成長については明確な目標を持っています。

それは「他の人たちから感謝される大人になる」ということです。私はリーダーとしての経験を通して、人への感謝の気持ちを持つことができました。今度は私自身が誰かを助ける側になれるよう、これからも成長し続けたいと思います。

同時に、「人との縁を大切にする」ことも目指しています。人から助けてもらったり、たくさんの経験をしたりするには「縁」が大切です。自分が抱えている問題を解決し、成長の機会をつかむためにも、「より多くの縁をつかめる大人」になりたいですね。

 

[インタビュー日:2019年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る