リーダーとして周囲に目を向け傾聴の
意識を徹底、信頼を獲得し結果を出す

学園祭実行委員長として先生・生徒各目線に立ち対話を重視、
学校初のフラッシュモブを成功させ、新たな交流と活気を生む。

椙山女学園大学 現代マネジメント学部 現代マネジメント学科

河本 絹佳

氏名
河本 絹佳(​かわもと きぬか)

学校名
椙山女学園大学

学部/学科
現代マネジメント学部 現代マネジメント学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
商社(専門・総合)

志望職種
事務系
販売系

出身
愛知県

希望勤務地
中部、海外

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

逆境体験あり海外経験あり全国大会出場

学園祭実行委員長に就任、先生と生徒の架け橋に

私は高校時代、ありとあらゆるリーダー業を経験しました。きっかけは、小6で念願の学級委員を経験し、みんなをまとめる面白さを実感したことです。高校では学園祭実行委員長に就任し、1年間かけて学園祭の準備に励みました。委員会のマネジメント、先生方との交渉、生徒たちとの協力体制の構築などやるべきことは多々ありました。また、生徒も先生も「楽しく、良い学園祭にしたい」と思っているものの、考え方や取り組む過程は異なります。そこで、いかに先生と一般生徒の間を取り持つか考えさせられました。

私が工夫したことは、相手と同じ目線に立つことです。先生、生徒のどちらも敵に回したいわけではありません。言葉を選び、相手の本音を聞き出せるように、話しやすい雰囲気やフランクな人柄を作り上げることを意識していました。最終的に実行したのは、学校初のフラッシュモブです。全ての部に直接交渉し、参加者を集めたことで、部を越えた交流が生まれ、校内全体を活気づけることができました。

もちろん、最初からうまく動くことができたわけではありません。しかし『相手や仲間をよくみる』『話に耳を傾ける』『相手から話したいと思ってもらえる人物になる』『常に楽しい気持ちでいる』の4点を徹底的に意識したことで、リーダーとして周囲から信頼されたと感じます。また、“一緒に作り上げている”ことを常に周囲に伝えつつ、目標を話し合う機会を設けていたことも、良い結果につながった理由のひとつだと思います。

学園祭当日は、問題が起きることなく、無事に終わりを迎えることができました。1年間かけたものが終わりを迎える達成感とほんの少しの寂しさ、そして嬉しい気持ちとで頭と心がいっぱいでした。友達とすれ違うたびに「お疲れ様、学園祭楽しかったよ」と声をかけてもらったこと、打ち上げの最後に、副委員長の掛け声で委員全員から「ありがとうございました」とお礼の言葉を言ってもらえたことが、とても印象に残っています。嗚咽を出しながらひたすら泣いたのは、今までの人生の中でそのとき限りです。

 

挑戦し、人の希望を叶えてこそ、リーダーである

さらに学園祭委員長の活躍を見てくださっていた先生方からお誘いを受け、生徒会長にも挑戦しました。また、3年次には、入学以来の憧れのリーダー業であるブロック長に就任しました。私の通っていた高校では、1、2、3年の各クラスを1ブロックとして形成する仕組みがあり、体育祭などはブロックごとの対抗戦を行います。楽しく、忘れることのない思い出を作り上げるため、自分のブロックのメンバーたちと向き合い続けました。

私がリーダーとして動くことができるのは、ついて来てくれる人たちがいるからです。新しいことに挑戦したり、他の人たちの希望を叶えたりすることができなければ、リーダーでいる意味はありません。誰かの願いを叶え、人をハッピーにしながら、自分たちも自信をつけ、ハッピーになる状況を常に作り出していきたいです。

 

モノづくりを手掛け、作業と取り扱いの重要性を学ぶ

大学入学後は、興味のある分野に対して積極的に関わりました。例えば、チアリーディング部、イベント『CAMPUS COLLECTION』の企画運営、ラジオ番組への出演、町内新聞のライター、ロングTシャツの作成販売、動画配信、雑誌の作成販売、ひとり旅などです。中でも印象に残っているのは、ロングTシャツの作成販売です。モノとして残るものを初めて手掛けたことで、すべての工程に対し、気を引き締めて作業に取り組む必要性と、世の中にあふれているいろいろなモノに対して、より大切に扱うことの重要性を学ぶことができました。

さまざまな活動を通して多くの人との出会いを得ました。また、新しいことに向けて行動する楽しさと、知ることができる喜びを実感しています。活動において意識したことは、最初から最後まで丁寧に成し遂げること、そして相手に対しての思いやりです。当初の想定通りに進まない出来事もありましたが、自らが楽しむ気持ちを忘れず、気遣いのある行動ができるかを考え、動くことができたと思っています。

 

リーダーシップを発揮し、人や社会から必要とされる人物に

私が描く将来像は、人や社会から必要とされる人物です。私と関わることで、プラスの要素を感じてもらえるような人になりたいです。具体的な業種・職種に関しては、商社、営業など、人と関わる仕事をイメージしていますが、現段階では、絞り切っていません。幅広く情報収集中です。

その上で、1人で動けるような実力を身につけつつも、過去に培ったリーダーシップを発揮し、周囲と協力しながら働く仕事に就きたいです。

 

[インタビュー日:2020年6月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る