相手の年齢や立場問わず自分の意見を
発信し議論活性化を導く重要性を知る

高校時代には課外活動の一環としてファッションショーを開催、
現在もファッションへの興味は強く、自分の服を自作し続ける。

明治学院大学 経済学部 経営学科

小林 あかね

氏名
小林 あかね(こばやし あかね)

学校名
明治学院大学

学部/学科
経済学部 経営学科

学年
3年生

卒業年
2020卒

志望業種・業界
サービス
スポーツ
メーカー
商社
広告
百貨店・小売・専門店
美容

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
東京都

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
relationships+

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

意志が強く、文武両道な子ども時代

自分から習い事を始めたいと告げ、幼稚園の頃からお琴や書道を続けていました。一度決めたことは、納得のいくまで続けるタイプです。小学生の頃からテニスを習っていたこともあり、中学で入ったテニス部では一年からレギュラーを獲得しました。中学3年のときには、体育の授業で先頭に立って活動する体育委員の副委員長も務めています。また、学業も怠らず、学年で10位以内の成績をとり、高校の推薦枠に入りました。

 

高校時代には、課外活動の一環であるファッションショー開催に没頭

ファッション系の大学の付属高校ということもあり、選択科目の中にあったのが服飾関係の授業です。高校2年では、服飾の授業を選択した人たちだけが参加できる、課外活動のファッションショーに携わり、没頭しました。ショーに向けて、デザインや生地の購入も自分たちで行わなければいけません。さらに、型紙からひとつずつ作成した上で、サイズを測り、モデルさんに合わせた衣装を作ることが要求されました。音響やステージ上での歩き方をどうするかを考えることも、学生の役目でした。服に対する愛着は強く、今も自分がつくった服を着ることが、多いです。

当初は、付属の大学に進学し、ファッションに関する経営学を学ぶことも視野に入れていました。しかし、経営学の分野は、ファッションだけではありません。より多角的な知識を身につけることを目的に外部受験を決め、今に至ります。

 

笑顔や立ち居振る舞い、掃除といった行動を、お客様満足度向上に繋げる

大学入学後、今力を入れていることのひとつが、アルバイトです。高校3年の終わりから大学1年の終わりにかけて飲食のアルバイトを経験し、その後はヨガの受付のアルバイトを続けています。

大変だと感じたのは、クレームを受けたときです。例えば、ヨガマットは必須ですが、別の店で購入したものやすでに持っているものでも構いません。レンタルもあります。ただ、その説明がお客さまにきちんと伝わっていない場合には、クレームに発展してしまいます。解約に関するクレームなどもあり、実際に自分が関わっていないことであっても、お客さまからすれば誰がアルバイトで誰が社員かといったことはわかりません。アルバイトであっても、一旦は受け止めた上で、社員の方に相談することで解決しました。

また、お客さま満足度に関しては、自分の笑顔や立ち居振る舞いも大きく影響します。売上にもつながる部分であり、こちらも社員の方への相談と掃除をこまめにするなどの些細なことから気を配り、満足度向上とともに売上目標達成に貢献しました。

 

活動を通して、コミュニケーションの楽しさと重要性を学ぶ

他にも大学内活動の一環として、学生広報委員に所属し、学内通信の記事を書いたり、プレゼンやマーケティングを学ぶビジネススクールに通ったりと、積極的に活動を続けています。

活動を通して学んだことは、コミュニケーションの楽しさと自分の意見をはっきり伝える大切さです。目上の人に対しては言いにくいと感じていた部分もありますが、アルバイトを通して、自分が意見を言うことで議論が活発化することを知り、今は先生や友達に対しても、自己主張できるようになりました。

将来の夢は、人と関わる仕事に就くことです。そして今できないこともできるようになる、成長し続ける人になりたいです。

 

[インタビュー日:2018年10月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る