インターンや部活での経験を活かし
市のために自分ができることを模索する

インターンで営業の真の厳しさと難しさを知り
和歌山市を盛り上げるためにその経験を活かす。

和歌山大学 経済学部 ビジネスマネジメント学科

小林 直弘

氏名
小林 直弘(こばやし なおひろ)

学校名
和歌山大学

学部/学科
経済学部 ビジネスマネジメント学科

学年
4年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
三重県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
スタイルガーデン

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

営業の厳しさを知る

私が営業について考え始めたのは大学二回生の頃です。
それまで、部活動や勉強で忙しい毎日を過ごしてきました。しかし、フッと将来について考えた時に、今のままでは社会に出た時に必要な経験が足りないと感じたのです。また、就職したら営業職につきたいと考えており、アルバイトでは得られない経験を手にしたいと考えていました。そこで、営業のインターンについて調べ、現在のスタイルガーデンにたどり着いたのです。

スタイルガーデン

スタイルガーデンでは、携帯ショップでタブレットや光回線の販売業務をしており、私は営業マンとしてショップに配属されました。
営業の仕事は、始めてみると思っていたものとは大きく違ったのです。営業は、感覚だけでするのではなく、しっかりと何を話しているのか、何を求めているのか。さまざまなことを考えながら具体的にどういう営業をするのかを常に言語化し、考えて行動しなければなりません。考えながら営業をすることは非常に骨が折れますが、やりがいや達成感もあり、営業という仕事に自信も少しずつついていきました。今は、工場や企業に飛込みで伺い、建物の修繕などの営業を行っています。
ブランド力という強い後ろ盾のある携帯ショップでしていた営業とは違い、今は無名の企業の営業で世間では一切信頼がありません。
そのため、件数を重ねてもなかなか社長やオーナーの方に話を聞いてもらえず、営業活動も難航しています。
しかし、このような環境にいることは、自分の営業力が試されているということでもあると思うので、成長のため日々努力を怠らぬようにしています。
 

初めてのことにチャレンジしたい

大学では、サイクリング部に所属し、長距離サイクリングを楽しむツアーや速さを競い合うレースに参加し、何もない日は街を走っています。小学校から高校卒業までサッカー部に所属していました。「大学では何か別のことをしたい」と思い始めましたが、サイクリングにすっかりハマってしまい、先輩後輩と楽しく活動しています。
しかし、部活内で部員同士の温度差を感じることが多々あるのです。
部内では、ツアーに参加したい部員とレースに参加したい部員の間に溝があります。その溝を埋めるために部員と話をしたり、各種目の楽しさを話したりといったマネジメントに追われているのです。他にも部に代々伝わる伝統やルールを後輩たちへ伝えることにも苦労しています。上下関係に厳しい伝統に、当初は私たちも疎ましく思っていました。しかし、学年が上がるにつれその必要性や先輩たちの思いを感じられるようになったのです。後輩にも「いつかこの思いが伝わるように」と説得を続け、納得してもらった上で伝統を引き継ぐことができました。先輩後輩双方の思いを汲み取りながら話すことは非常に難しく、人と人の関係性の難しさを実感しつつ学んでいます。
 

和歌山市を盛り上げるためにいまできることとは

私の知り合いに、和歌山市の役員をされている方がいます。その方からある時「サイクリングで市を盛り上げるにはどうすれば良いのか」というお話をいただきました。
「ただサイクリングが好きで部活動でやっているだけでは、サッカーと同じだ」と思い「大学生だからできることをしたいのから」と思い、事業に参加させて頂くことになりました。
その事業では、和歌山市のサイクリングマップの作成。市内の有名な飲食店にロードバイクを置くためのサイクリングラックの設置交渉などさまざまな活動をしています。
私は主にサイクリングラックの設置場所・店舗の方々との交渉などの業務が担当です。こういった業務にも一人で行うには限界があります。そこで、部活全体でこの事業を手伝えないかと考えました。同期の部員たちはすぐに了承してくれましたが、後輩たちがなかなか返事をくれなかったのです。部活に割く時間が増え、経験のないことへの躊躇など理由はさまざまでした。しかし、「サイクリングで和歌山市を活性化する」というサイクリング好きにしかできず、自己成長へと繋がる貴重な経験を後輩たちにもして欲しい。その思いを後輩たちに伝えることで参加してくれることになりました。
現在は、部員総出で「どうすれば、サイクリングで和歌山市を盛り上げられるか」を模索しています。
 

新しい環境へ飛び込んでいく

大学入学後、インターンや部活など、これまで経験のないことに対してチャレンジしてきました。その結果、営業力を身に着け、今まで見えてこなかったものや人と出会うことができたのです。その行動力や新しいものに挑戦し、出会っていきたいという気持ちや考え方が自分の長所であると思います。
将来は、新しい事業を開拓し、常に新しいものや発見していけるような人間でありたいです。そのため、新しい景色を見続け、飛び込んでいけるような環境に身を置き成長を続けたいと思います。

[インタビュー日:2016年11月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る