部長として意識を改革、全員の意見を
尊重し、役割の平等な振り分けに成功

書道部の活動や塾講師のアルバイトを経て、相手の意見を丁寧に
聞く重要性を実感、信頼関係を築いた上で適切な助言を行なう。

西南学院大学 国際文化学部 国際文化学科

松尾 美歩

氏名
松尾 美歩(まつお みほ)

学校名
西南学院大学

学部/学科
国際文化学部 国際文化学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ

志望職種
IT系
営業系
専門系

出身
福岡県

希望勤務地
関東、関西、九州、沖縄

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験あり○○道やってます

書道部の部長に就任、全員の意見を聞いた上で解決策を提示

高校時代に注力したことは、書道部の部長としての活動です。書道部の活動内容は、主に書道の大会「高文連」で良い成績を残すための練習と、文化祭で行なう書道パフォーマンスの企画・練習の2つです。

書道部は、和やかな雰囲気を持つ部活動だと思われるかもしれません。しかし、実は全く違います。まず、上下関係が厳しく、礼儀を重んじる伝統がありました。同期の個性も強く、部長就任時に不安を感じたことも事実です。しかし、「人望があるから」と私を部長に選出してくださった先輩の思いを胸に、常に周囲に目を配り、部活を楽しいと思ってもらえるように取り組みを始めました。

特に心がけたことは、意見が割れたときも、全員の意見を聞いた上で解決策を見出すということです。例えば、文化祭で披露する書道パフォーマンスを構成するにあたっては、誰がどの部分を書くか、意見が分かれました。やはり目立つ部分、文章が多い部分などは人気があります。一方的に決めることはしたくなかったため、部長として全員の意見をよく聞いた上で、書く量や見せ場を平等に振り分けるように努力しました。また、自分がやりたいことよりも、人の意見を尊重して話し合いを進めました。同時に、副幹事にも相談し、問題の改善に努めたことがよかったと感じます。

 

リーダーとしての意識改革を実行

部長に就任し、特に意識したことは自分なりのリーダー像の構築です。私は圧倒的なリーダー力を発揮するのではなく、他人から頼られるようなリーダーを目指しました。部員12人のうち11人くらいから相談ごとを聞いていたため、相談相手としての人望はあったのではないかと思います。

活動において難しいと感じたことは、異なる意見をまとめること、上下関係に関する伝統を後輩たちに受け継ぐことです。私はそれほど威厳があるタイプではありません。その上で、適度な上下関係を伝えるため、部長としての責任感、客観視などを重視し、意識改革に努めました。また、以前も生徒会などの活動経験はありましたが、リーダーとして人をまとめる経験は初めてです。リーダーとして人をまとめる難しさと同時に、やりがいを感じました。仲間に役割を振り分けることで、各部員が責任感を持ち、部活動に積極的に参加してくれることに気づきました。

活動を通して学んだことは、ポジティブ思考での考え方です。その中で、仲間を思いやる心を身につけました。特に書道部内には2つの派閥があったことから、このままでは良くないと、間に入り、仲をとりもつことに尽力しました。最終的にトップの2人の仲の改善に成功、最後の文化祭において、良好な関係の元パフォーマンスを実行できたことを嬉しく思います。仲間と協力して作り上げることで、絆を深めることに加え、素晴らしいものを完成させる喜びを味わうことができました。

 

研究、アルバイトに尽力する大学時代

大学時代、特に頑張ったことは、研究とアルバイトです。2年次には、学部特有のプログラムに参加し、今日の日中関係を考える上でも重要である日中戦争について学びました。事前学習に約2ヵ月費やしたのち、夏休みに実際に現地を訪れたことで、メディアで見るような中国像は崩れました。相互理解においては、相手の文化や歴史を知ることが必要だと実感しています。

アルバイト先では、個別塾講師を3年間勤めています。結果を出すことを求められるため、常に心がけているのは、生徒を理解した上での一人ひとりに合った指導です。また、当初志望校合格が難しいとされていた生徒に対しても、信頼関係を築いた上で、適切な指導を行ったことで合格に導くことができました。
また、担当した生徒の退会率0%を成し遂げたことも、私の誇りです。高校以前も人の話を聞くことに重きを置いていたものの、相手の話を丁寧に聞くことは、全てに通じると学びました。

 

信頼を積み重ね、責任のある仕事を任される人になりたい

私は第一印象では、穏やかだと思われがちです。しかし、現状維持を好まず、新しいことに挑戦することが好きです。残りの大学生活では、海外旅行や1人旅、サークル、ボランティアなど、さまざまなことにチャレンジして、見聞を広げたいと考えています。

私が目指している社会人像は、責任のある仕事を任される人です。初めは右往左往することもあるかと思いますが、自分らしく成長し、同期や部下からも信頼され、頼られる人になりたいです。また、お客様だけでなく社員からも「あなたに任せてよかった」と言われるような人材を目指します。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る