ベトナム企業でのインターンを経験し
判断力と行動力を自分の強みに変える

新規採用活動や海外進出支援、飲食店の行政手続きなど
経験を積み重ね、スキル向上に向けた行動を続ける。

福岡大学 法学部 経営法学科

三浦 健太

氏名
三浦 健太(みうら けんた)

学校名
福岡大学

学部/学科
法学部 経営法学科

学年
3年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
IT系
コンサル
サービス
ソフトウエア・通信
マスコミ
メーカー
不動産
人材業界
商社
広告
建設・工事系
海外事業
金融・証券・保険

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
長崎県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり営業経験ありインターン経験あり

意識を高め、2回目のインターンシップへ

私は大学1年の夏に、好奇心から2週間の海外インターンシップに参加しました。実際にベトナムの企業で働いた時に一番実感したのは、周りとの意識の差です。良い刺激を受け、帰国後は新聞を読んだり、挨拶程度ではありますが英語やベトナム語などの語学勉強に励んだりと、積極的に知識の吸収に取り組みました。
またアルバイトをしてお金を貯め、長期休暇時には何十回と海外に行きました。回数を重ねることで、海外にも友だちが増えます。そしてもう一度本格的にインターンシップに挑戦したいという気持ちが高まったところで、休学を決意しました。私の当時の目的は英語を学ぶことではなく、会社に所属して働く経験を積むことでした。そのため、日本に似た環境、そして日本人が多数暮らしている場所としてベトナムのホーチミンを選択し、3年になる前に休学届けを出しました。
 

異文化の中で多彩な経験を積む

インターンシップ先の当時の社員数は、ベトナム人50名、日本人2名であり、人事担当者もいない状況でした。会社の規模を拡大するためには良い人材を確保することが必要です。しかし、応募があるものの処理ができていない状態だったため、私は自発的に新規採用活動を引き受けました。最終決定の権限は日本人の社長が持っていますが、1次面接は私が担当しました。エンジニア採用以外は日本語が話せることが入社条件です。そのため面接時には会話能力だけでなく、質問に対して+αの答えができるかどうかを判断し、思考力の高さや自発的に動ける人材かどうかを重視しました。
他にも、中国からの撤退や海外進出を考えている日本企業に対して、ベトナムの日系企業を紹介する海外進出支援や、新規に起業した飲食店の行政手続きなど、任された仕事内容は多岐に渡ります。社員の規模を2倍の100名にし、また日系企業と進出検討企業をご紹介する業務を半年間で3回企画しました。また、私が法学部に在学していることから、日本企業との契約関係にも携わらせていただき、簡易的な作業を全て担当することができました。社長には、事前に今後の方針を説明し許可を得た上で、実践的な業務経験を積ませていただき感謝しています。
インターン中、特に印象的だったのは、想定外のさらに上を行くできごとが次々起こったことです。電気が止まれば復旧させるために自家発電機を動かさなければいけません。また、日本の感覚では「契約書を交わす=契約が守られる」という前提で話をしますが、ベトナムでは契約相手側が破ることで利益が出ると感じた場合、破られることもあります。契約を破った場合はどうするのかなど、具体的にあらゆるパターンを考えた上で交渉する力と突発的なできごとに対応する力が身につきました。

日本国内に目を向け、地方創生に取り組む

半年後、祖父の介護の関係もあり帰国しました。4月には、今度は日本国内に目を向けるため地方創生のゼミに入りました。現在私が参加しているのは、大分県九重町のグループです。人口増加等の大きな目標もありますが、目の前の課題は外国人観光客を呼ぶことです。そこで、私は「東南アジアに住んでいる方は雪を見たことがない」という点に目を向けました。九重町には、九州には珍しくスキー場があります。また、東南アジアから北海道に行くよりも近いという強みがあります。これは現在進行形の話ですが、ベトナムでの経験も踏まえ、多言語化を進めながら取り組んで行きたいです。
 

「任される存在」を目指して

私は半年間のインターンシップ経験を経て、行動力とチャレンジ精神、臨機応変な対応力を得たと感じています。特に素早い判断力と行動力は、誰にも負けない強みです。しかし、まだスキルや経験の浅い部分もあるため、今後もさまざまな経験をしながら自分の価値を高めていきたいと思っています。
そして、40代になる頃にはコンサルタント職に就くことを想定しています。目指しているのは「任される存在」になることです。自分が代表となり既存の製品や制度を引っ張る立場、一から企画する立場、どちらでも良いですが「困ったときには、三浦健太に頼ろう。任せよう」と思われる存在になりたいです。

[インタビュー日:2017年10月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る