見つけた問題に対して真っ向から向き合い、
出会った人を幸せにする

多種多様なフィールドで問題解決能力を発揮し、
新しいものや価値を生みだす立役者になる。

一橋大学 経済学部

宮嶋 一希

氏名
宮嶋 一希(みやじま かずき)

学校名
一橋大学

学部/学科
経済学部

学年
4年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
IT系
コンサル
サービス
メーカー
商社

志望職種
企画系
営業系

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
NPO法人カタリバ

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験あり英語話せます

問題に対して真剣に向き合う

高校3年間サッカー部に所属していました。そこでは、なかなかトップチームのレギュラーに常にいることができませんでした。
トップチーム入りを目指し、練習に取り組んでいく中で、何故自分がトップチームに入ることができないのかと日々思索していました。そしてその原因は試合経験が十分にあるトップチームと試合経験がなかなか得ることのできないそれ以下のチームに大きな実力の差に問題があると思ったのです。
そこで、問題を解決するために、同じような悩みを抱えている公立高校のサッカー部に声をかけ、合計3校、計100人以上の控えチーム主体である大会を企画、運営をしました。その結果、レギュラー争いが活発化し、チーム内の実力差を縮めることができたのです。そうしたことで、自校はもちろん、大会参加校も、これまで勝てなかった強豪校に勝利する実績を残すことができました。
 

「自分の存在が誰かの為になった」ことに感じた幸せ

サッカー部での経験を通して、自ら問題を発信し、人と関わることで何かを生み出したいと思うようになりました。そしてもっと深く人と関わりたいと思い、実際にアルバイトでは、家庭教師をしていました。
そこで、10人以上の学生を受け持つ中で、当時不登校であった高校生の担当になったのです。初めは、彼とコミュニケーションすら取ることができず、勉強に全くやる気のない彼をどのように志望大学合格まで持っていこうと悩みました。
しかし、彼の趣味をきっかけに、少しずつ距離を詰め、さらに彼の兄弟と勉強時間を共有することで、彼の勉強に対しての意欲を上げることができたのです。
その結果、彼は自発的に勉強を行い、彼自身満足できる大学に進学することができました。この経験から「人生に影響を与える」ということに大きな達成感を味わうことができました。
 

タイ留学でぶつかった壁

また、大学2年次に約1ヶ月のタイ留学を経験しました。その時に、苦労したのは、自分と異なる価値観や背景をもった対話することでした。
結果、1ヶ月という短い期間だったということもあり、彼らと深いコミュニケーションをとることはできなかったのです。
そこで始めて本当の意味での「コミュニケーション」の難しさを痛感しました。そして、自分自身には、相手の言いたいことや求めていることを理解した上で、自分の意見を相手がいかに納得しやすい形で伝えるというコミュニケーションが必要だと思ったのです。
現在は、前回のタイ留学で達成することのできなかった課題をクリアするためにも、アメリカ留学に向けて語学学習はもちろんのこと、異文化で育った人とのコミュニケーションのとり方に、より工夫を持てるように努力しています。
 

新しい価値を生み出し、世の中に輝きを

さまざまな仕事や世界に触れ、知っていく最中ではありますが、特に業界にこだわりはありません。そして、これまでの学生生活の間で経験したことで満足するのではなく、残り少ない学生生活もより多くの経験を培っていきたいです。
ただ、私は学生時代の経験で、誰かの人生に関わり、彼らの笑顔を見たときに一番幸せを感じました。そのため、卒業後は、自分以外の様々な人生に関わり、新しいものや価値を生み出すことで、世の中に影響を与えられるような仕事をしたいと考えています。

[インタビュー日:2017年8月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る