未経験だった社交ダンス部に飛び込み
向上心と粘り強さを武器に結果を残す

不祥事により活動休止に追い込まれた部活の立て直しを行い
それと同時に自身の苦手としていた意識も改善へと繋いでいく。

山形大学 人文学部 人間文化学科

村上 ひより

氏名
村上 ひより(むらかみ ひより)

学校名
山形大学

学部/学科
人文学部 人間文化学科

学年
4年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
クリエイティブ系
企画系
営業系
販売・サービス系

出身
宮城県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
山形大学社交ダンス部

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験あり

未経験から社交ダンスを始める

現在は、社交ダンス部で活動しています。

山形大学社交ダンス部

大学入学後すぐに参加した新歓フェスで、先輩たちがいきいきと踊っている姿にひかれました。また、社交ダンス部は、ほとんどの人が競技未経験で入部しながらも、各種大会で結果を出しています。「ここで本気になって取り組めば、充実した学生生活を送れるだろう」と思い入部を決めました。年に8回開催される学生大会の他に、東北各地で開催される社会人向けの大会にも毎週のように出場しています。現在は、学連大会に向けて日々優勝を目指しトレーニング中です。
社交ダンス部では、基本的に外部の監督やコーチをつけず、部員自ら練習メニューの作成から振り付け、振り返りを行っています。
私は、イベントや大会の企画・運営を行う他、日々の公式練習で下級生指導を行う役割を担っています。技術面のレクチャーを行うということもあり、課せられる責任は大きいものがあります。
 

思わぬ所から降りかかった試練へ果敢に立ち向かう

2015年の春に、未成年部員の飲酒が発覚しました。私が社交ダンス部に入る数年前にもそういったことがあったようです。それにより、社交ダンス部は、無期限活動休止処分という最悪な状況に追い込まれました。自主練習をしながら、活動再開のために大学側に粘り強く交渉を続けたのです。そして、地道な努力が実り、数ヶ月後に公式に活動再開ができるようになりました。
しかし、一度定着してしまった悪いイメージを覆すのは容易ではありません。「社交ダンス部に所属している」と外部の人に話すと、それだけで色眼鏡で見られてしまうのです。「どいしてこんなに辛い思いをしなくてはならないのか」と葛藤したこともありました。しかし、文句を言ったところで何も始まりません。噂とは違い、部員は大会に向けて一所懸命に練習に励んでいるということを知ってもらおうと考えました。そこで、与えられた環境下で工夫し、毎回練習前にはデモンストレーションと称して、私たちの踊りを公開する場を設けています。そうした取り組みは少しずつ実を結び、部のイメージは、回復に向かっています。
 

大きな変化を生んだ強化合宿

私は、社交ダンス部に入るまで、大勢の人前で話すことが苦手でした。そのため、指導の時に伝えたいことを分かりやすく他の部員へ伝えることに苦労したのです。「誰かがやってくれるから、私はやらなくてもいいや」と本来はやらなければいけないことまで我関せずの態度を貫き、周囲の人を知らぬ間に困らせていました。
部活に力を注ぎたいけれど、なかなか思うようにできず、モヤモヤしていた時に同じくして未成年部員の飲酒が発覚したのです。自主練習をしながら自己を振り返り「少しでもくらい状況を打破しなければ」と必死な日々を送っていました。そして、同時に頑張りきれていない自分を変えたいという思いを形にするべく、2年生の冬に強化合宿委員長へ自ら立候補します。業務内容は、さまざまなミーティングや運営の取り仕切り、部員への指示出しといったものです。私が逃げてとしていた「自分ごととして物ごとに向き合う」をやらざるをえない環境に身をおいたのです。
強化合宿では、部員に対し、ハードな練習の中でもテンションを下げることのないように鼓舞し続けました。一方で、自分自身のさらに追い込むような指導をする必要があったため、練習メニューに関してだけでなく、指導の細かな言葉遣いなどにも推考を重ねました。
そのうちに、私の中に「委員長として合宿を成功させたい。練習生に限界を超えてもらいたい」という強い思いが芽生えました。部を取り仕切る上でも「自分が言わなければどうするのだ」という使命感も生まれたのです。この強化合宿委員長の経験から、日々の活動も見え方が大きく変わりました。
 

ゼロから自分で考え作り上げるような仕事がしたい

将来は、広告関係の仕事に就きたいと考えています。既存のアイディアやモノを提供したり宣伝したりするよりも、ゼロから自分で提供するものを考え、作り上げるような仕事がしたいです。
私は、大学生活を通じ「ベストを求めること」の大切さを学びました。その経験を社会人になっても活かしていきたいです。また、志望は、あるもののそれだけに固執することなく自分で満足のいく仕事をしていきたいと思っています。

[インタビュー日:2016年12月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る