上海に4ヵ月留学、トラブルを克服、
主体的行動の重要性を学び意識を改革

留学の目標であるHSK5級合格を達成、強みである忍耐力や
集中力、語学力を生かし、海外と日本の架け橋的存在を目指す。

西南学院大学 国際文化学部 国際文化学科

西山 春那

氏名
西山 春那(にしやま はるな)

学校名
西南学院大学

学部/学科
国際文化学部 国際文化学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ
銀行・証券・保険・金融

志望職種
事務系

出身
佐賀県

希望勤務地
関東、関西、九州、沖縄

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり

14年間ピアノを継続、集中力や忍耐力を獲得

私は3歳から高校2年までの14年間、ピアノを継続し、集中力、継続力、忍耐力を得ることができました。最初は譜読みが苦手で、ピアノに対して苦手意識がありましたが、自分が好きな曲を弾く楽しさと出会い、ピアノを好きになりました。意識が変わったのは、中学時代の発表会です。自分より年下の子のレベルの高さに感動するとともに、悔しさを感じました。その後は、どれほど疲れているときでも毎日練習に取り組みました。

先生によると「集中してピアノを弾くのは、プロでも1時間が限界」とのことです。しかし、苦手な曲を克服するため、高い集中力で練習に励むことができました。
高校2年の発表会では7曲を暗譜、参加者20名ほどの中、トリをつとめました。発表会は成功に終わり、父兄の方からたくさん声をかけていただけたことを嬉しく思います。

 

中国語の勉強に尽力、約4ヵ月間上海に留学

大大学入学後、特に力を入れたことは中国語の勉強です。きっかけは、高校3年の家族旅行です。京都の観光地で大勢の中国人観光客を目の当たりにしたことで、驚くと同時に、自分の無知を痛感しました。もともとは大学で心理学を学ぶ予定でしたが、進路を変更し今に至ります。また大学1年のときに、中国語検定「HSK」の存在を知り、興味本位で受けたところ、合格する嬉しさや語学を学ぶ楽しさを感じました。

自分の力を試したいと大学2年次に参加したのが、学外の中国語暗唱大会です。先生に発音を見ていただき、毎日練習した成果があり、ブロック3位入賞を成し遂げました。副賞として留学の権利を得たことで、留学を意識するようになり、学校の留学プログラムと比較した上で、学内の制度を活用し、約4ヵ月上海に留学しました。

留学中は、現地の大学の中にある語学学校に通っていました。リーディング、スピーキング、リスニングの授業に加え、好きな科目を選択できる仕組みです。私はプラスαとしてHSKの5級対策の授業を選択しました。留学中にはハプニングもありましたが、そのおかげで積極性を身につけることができたと感じます。携帯の設定を間違え、SIMの設定ができずに銀行口座が作れなかったときも、1人で銀行に行き、拙いながらも中国語と英語を使って必死に伝えて、どうにか解決することができました。

 

HSK5級合格の目標を達成、主体的に行

留学中に掲げていた目標は、HSK5級合格です。現地での中間テストから1ヵ月後が試験日ということもあり、テスト終了後から毎日6時間以上机に向かって勉強しました。勉強の甲斐もあり、HSK5級に合格することができたことを、とても嬉しく思います。また、海外の友達ができたこと、中国語での会話が可能になったことも留学で得た経験です。合格に向け、特に力を入れたことは単語の勉強です。単語を学んだことで、語彙力が上がり、授業の内容だけでなく、先生が話している言葉の意味が理解できるようになりました。また、部屋で勉強する中で、集中力が下がったときにはカフェに行ったり、街を歩いたりすることで、気分転換にもなり、新しい文化に触れることができました。

留学を通して学んだことは、主体的に動くことの大切さです。留学前の私は、どちらかといえば受動的な性格でした。しかし、留学を経験し、自分から動かないと何も変わらないことに気づかされました。一歩踏み出して友達を作ったり、銀行に口座を作りに行ったりする中で、積極的に行動する姿勢の大切さを改めて感じました。その結果、自信が生まれ、積極的な行動力を獲得し今に至ります。

また、留学生活の中で日本についての質問を受けたものの、答えられないことも多かったことから、今後は社会や政治のことに関しても、ニュースを見たり新聞を読んだりして理解を深めたいです。中国語に関しても、帰国後も勉強を継続しています。

 

海外と日本の架け橋に

高校生のころから、私は海外と日本の架け橋になることを目指しています。大学で中国語を学び海外の文化について勉強したり、留学したりしたことで、より一層「海外の人たちに、日本の技術・商品を知ってもらいたい」との気持ちが高まっています。また、勉強も好きです。自分や社会にとって必要なこと、重要なことを、大学卒業後も学び続けたいです。

私自身は、縁の下の力持ちとして、人を支えることを好みます。今まで培ってきた忍耐力、集中力に加え、語学力を生かし、臨機応変に柔軟に対応したいです。その上で心配りができる社会人となることを目指しています。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る