企業情報2000社を分析、実際のデータを
活かした経営戦略を学び将来に活かす

コピーライターの指導の元、高知県梼原町での町おこし活動や
企業内の商品開発フロー、プロモーションコンテストを経験。

武蔵野大学 経済学部 経営学科

野本 瑛美

氏名
野本 瑛美(のもと えみ)

学校名
武蔵野大学

学部/学科
経済学部 経営学科

学年
4年生

卒業年
2020卒

志望業種・業界
メーカー
商社(専門・総合)
百貨店・専門店・流通・小売

志望職種
営業系

出身
千葉県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験ありインターン経験あり

経営戦略ゼミにて企業分析や立地戦略の考察を学ぶ

私は今、専攻する経営学に興味を持ち、夢中になって勉強しています。特に中心となっているゼミが、2種類あります。ひとつは経営戦略についてのゼミです。

業界研究、企業分析からスタートしましたが、始めに課された2000社の分析に苦労しました。初めての経験ということもあり時間がかかったものの、この課題を経験したことが、その後の学習の大きな助けとなっています。まず、着眼点の基準を得たことで資料収集・整理の作業スピードが大幅に上がりました。また、多数の企業の分析データはいつでも利用することができ、講義内容の理解も深まりました。

これらの財産を活かし、挑戦したのが実在の企業を題材に架空の新規事業を考える課題です。ただアイデアを出すのではなく、企業が持つ背景・経営資源・技術をふまえた上での提案が求められます。企画書を作成し、根拠と現実性のある提案になるよう苦心しました。

ゼミでの目標は、成績1位をとることです。先日、他のゼミ生と立地戦略の考察内容を競う授業がありました。

先生の指定したカフェに行き、分析レポートを発表し合うことが目的です。私は立地だけでなく、客の性別・滞在時間や周辺環境を元に来店目的まで考察して発表した結果、先生、ゼミ生ともに好評価をいただき、2位の成績を得ることができました。

 

コピーライティングゼミを通し、実践的な学びに取り組む

もうひとつのコピーライティングを学ぶゼミでは、現役のコピーライターの方から指導を受けています。
大学2年の夏休みには授業の一環として、高知県檮原町役場主催の町おこしに参加するため3週間現地に滞在しました。

町民の人柄にフォーカスし、町の温かい雰囲気をアピールすることをテーマに、冊子とガイドマップ制作、街頭パネルのデザインなどの活動をしました。

また、講師のクライアント企業様にて商品開発の一連の流れを体験したり、企業主催のプロモーションコンテストに応募したりするなど、実践的な学びの経験を積んでいます。

 

常にモチベーションをキープ

私は一度やると決めたことに対し、常にモチベーションを維持し、努力を重ねてきました。大学の勉強も同じです。時間と労力を必要とする課題が多い中、生活を工夫して時間を捻出し、成績の上位維持に努めています。

また、アルバイトも高校3年生から現在まで同じ飲食店に勤務し、1歩ずつステップアップしてきました。現在では新人教育も担当しています。アルバイト当時は、人と話すことへの苦手意識がありましたが、自分を成長させるためにキッチン業務からホール業務へと変更を志願しました。今では常連のお客様方と会話を楽しめるようになりました。

 

大学での経験を活かし、将来的には事業経営に携わることを目指す

私が希望する仕事は、食品、特に製菓業界での商品開発です。

チョコレートのデモンストレーション販売のアルバイト経験を機に、食品業界に興味を持ちました。夢を叶えるためには商品を知る必要があると考え、「チョコレート検定エキスパート」の資格を取得しました。他にも「色彩検定2級」、ワードの「MOS検定2級」、「簿記3級」を取得し、実務で必要とされる人間を目指しています。

同時に、経営学を学びたい気持ちも強く、将来は大学での経験を活かせる仕事に就きたいと考えています。中でも製品開発やプロモーション業務への関心は高く、ひとつの商品を育み、事業の成功に貢献した上で、ゆくゆくは事業の経営に携わることを希望します。

 

[インタビュー日:2019年1月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る