硬式テニスとヴァイオリンを見事両立
困難を乗り越え、多彩な仲間と出会う

ケガやメンタルの不調などの挫折を経験するも、自らの夢に
向かって努力を継続、諦めない気持ちが勝利を引き寄せる。

椙山女学園大学 教育学部 子ども発達学科

酒井 優歌

氏名
酒井 優歌(さかい ゆうか)

学校名
椙山女学園大学

学部/学科
教育学部 子ども発達学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
広告・通信・マスコミ

志望職種
営業系

出身
愛知県

希望勤務地
関東、中部

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり海外経験あり

硬式テニスと音楽、勉強を両立

私が子どもの頃から継続していた活動は、硬式テニスと音楽です。小学3年から地元のテニススクールに通い続け、中学・高校の6年間は、硬式テニス部にも所属していました。東三河大会では、団体戦・個人戦共に優勝し、県大会出場を決めました。部の中では、キャプテンをサポートしたり、メンバーの意欲を高めたりと、全体を見る役割が多かったです。

音楽に関しましては、3歳からヴァイオリンを習い、中学1年から高校3年まで地元のオーケストラに所属していました。高校3年には、指揮者のすぐ隣で弾く、リーダー役のポジションも経験しています。

硬式テニスと並行し、勉強と部活との両立に力を注ぎました。部活を終えて帰宅後、ヴァイオリンを練習することで、時間の活用方法に悩まされた時期もあります。しかし、家族の支えがあったからこそ、乗り越えることができ、今があると思います。

 

挫折を経験するも、周囲の環境と自らの努力で克服

中学3年のときに一度部活を引退したことで、練習時間が減り、イップスになってしまったことがあります。練習では普段通りできるものの、試合で緊張する場面になると、急に自信がなくなり、打てなくなる状況に陥ってしまいました。

克服するために私が取り組んだことは、原因を探すことです。自分がテニスをしている姿を動画に撮って研究したり、先生に相談したりしました。その結果、ボールを打つときの打点に原因があることがわかり、練習方法を工夫したことで克服することができました。その後、もしイップスが再発したとしても、治せる方法も身につけることができています。

他にもひじの故障やメンタルの不調など、さまざまな挫折を経験しました。しかし、努力を重ねて結果を出すことができたのも、継続力、忍耐力を鍛えたおかげです。また、2つの活動を通じて、学校、年齢問わず、いろいろな人との出会いがありました。ちょっとしたことではくじけない、強い精神を得ることができたことを誇りに思います。
 

幼稚園から高校までの教諭免許取得を目指し奮闘中

大学で力を入れていることの1つ目は、免許の取得です。現在所属している教育学部では、幼稚園教諭一種と小学校教諭一種免許を、他学部の国際コミュニケーション学部では英語の中学校・高等学校教諭一種免許取得に取り組んでいます。元々、教員になることを目指して入学しましたが、今は別の道を模索し、就職活動に励んでいます。

ただ、両親に学費を払ってもらっている以上、当初の目標はやり遂げておきたいと考え、可能な限り全ての免許を取得するべく、奮闘中です。特に1、2年の間は授業数も多く、大変だでしたが、一緒に授業を選択している友達と、互いに励まし合いながら頑張りました。

教員免許に関する授業では、自分で授業の構成を考え、発表する過程があります。準備は大変ですが、内容が褒められたときには強い達成感を感じます。同時に、ただ授業をするのではなく、子どもたちに考えさせる過程が重要であることを教えられました。

 

硬式テニス部で活動、諦めない気持ちが勝利をもたらす

2つ目は部活動です。大学1年次には、2部リーグから1部リーグへの昇格を目指し、部員一丸となって取り組んだことで、無事1部昇格を果たしました。現在の部員数は10人程度ですが、リーグ戦での1部残留を目標に掲げ、仲間と共に練習を重ねています。

活動を通して学んだことは、どれほど辛く大変な状況であっても最後まで諦めず、自分の力を信じて頑張り続けることです。相手が強く競った試合でも、どうすれば相手からポイントが取れるかを考え、丁寧にボールを打つことで勝利をおさめたこともあります。また、思い通りのプレーができず悩んだ時期もありましたが、自分なりに考えたり先生に相談したりしたことで、最終的な克服につなげることができました。諦めない気持ちやチャレンジ精神、継続力には自信があります。

 

就活支援企業を視野に入れつつも、幅広く将来を模索

現在興味がある分野は、人材系、主に学生の就活支援です。当初、私は就職活動に対し、不安を抱いていました。しかし、その際にたアドバイスをいただき、サポートをしてもらえたことで、実際に行動に移すことができました。また人の特徴や長所を見た上で、人と人、人と企業を引き合わせることは、私の得意分野だと感じます。

ただ、実際に社風を知り社長のお話を伺うと、業界を問わず、いいなと思う部分もあります。あまり範囲を狭めずに、まずは幅広い業種を視野に入れていきたいです。

 

[インタビュー日:2019年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る