留学・事業・学生団体・インターンなど
やりたいことは全部やり切る夢実現男

海外での出会いやビジネス実務経験、長期インターンを経て
行動の大切さと夢の尊さを知り、人と夢を繋ぎ夢の連鎖を生む

東北大学 理学部 物理系

佐藤 夢積

氏名
佐藤 夢積(さとう むつみ)

学校名
東北大学

学部/学科
理学部 物理系

学年
2年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
IT系
コンサル
ソフトウエア・通信
人材業界
海外事業

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
岩手県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
Uppers
みんなの夢アワード学生事務局
東北大生による高校生支援団体 bridge

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

高校時代の生徒会が全ての土台

私は、高校3年間生徒会に所属、活動していました。そこでの経験が今、自分の行動力の基礎を作っていると思っています。高校時代、付属の中学校ができたことで校内行事の仕組みが一変し、全て新しいやり方を考えなければいけませんでした。体育祭や文化祭など行事に前例がないものに先生方は生徒会に大きな権限を与えてくれたため、1から生徒の気持ちを考え、仕組みを考えていったのです。この時に、仕組みの考え方、ユーザーの気持ちを考える力を身につけることができました。
 

ビジネスの世界で見たコミュニケーションの大切さ

もともと、大好きな物理学を学びたいと思い大学に入学しました。しかし、入学時にもっと広い世界を知り、多くの人に出会いたいと思い、さまざまな活動をしようとも思ったのです。1年生の春、SNSで経済学部の先輩におもしろい人がいることを知り、思いきってメッセージを送り、直接会うことになりました。会ってお話させて頂き、その先輩の魅力に惹かれ、彼の運営するビジネス団体に所属します。そこで、イベント運営や飲食店、ビジネスホテルへの営業などを通じてビジネス実務を経験しました。営業の戦略を練ることや収益の考え方を身につけることも大変でしたが、最も大変だったことは、自分の考えの主張の仕方です。それまでは、自分の意見や企画を思ったままに相手に伝えればいいと思っていました。しかし、相手によって柔軟に発信方法を変えていくべきだと気づきます。社会人や先輩には簡潔明瞭に、後輩や新入りメンバーには少し丁寧過ぎるくらいに話すことの大切さを知りました。
 

能動的に動いてやっと味わった留学の面白さ

1年生の冬に「もっと多くの人に出会うと同時に英語力をもっと身につけたい」という思いから大学の留学プログラムに参加し、カリフォルニアに滞在しました。現地でできた友人に「講義がつまらない」と愚痴をこぼした時に「もっと遊んで、いろいろなことをして、自分から楽しまないと!」と言われます。そう言われるまで留学に行ったら勝手に学びは与えられるものだと思っていたことに気づき、ハッとしました。その後、積極的に講義以外で現地の人との対話を楽しむようになります。観光地を案内してもらったり、僕が主催でパーティーをしたりしました。多くの人と対話を重ねるうちに「国を超えても人として大切にするべきことは同じで、自分の価値を常に発揮するために必要なのは、言語ではなく、考え方や人としてのあり方だ」と気づきます。

圧倒的な成長を求める長期インターン

帰国後、自分をもっと磨き、芯の通った強い人になるための経験の場として長期インターンに参加することを決めます。そして、現在は東京に本社があるIT企業の仙台支店でカスタマーサポートと改善策や事業案の立案・提言を行っています。インターン先はCtoCのアプリ運営をしており、急成長中の企業で、ベンチャー気質の強い社内は、オンとオフのメリハリが効いていて、オフィスの雰囲気も良いです。ユーザーの声を拾い上げ、そこから改善策の企画を打ち出し提案するとすぐに社員の方々が検討し、実装までスムーズにことが運びます。この柔軟に時代に合わせて成長していく空間に身を置き、ヒアリング→企画立案→実行まで任せてもらえるのでありがたいです。
 

夢の連鎖を生むために

現在、インターンと並び最も力を入れているのが「みんなの夢AWARD」という団体運営です。

みんなの夢アワード学生事務局

私は、学生事務局副代表と東北支部長を務めています。この団体は、みんなの夢となりうる「夢」や社会のためになりうる「夢」を表彰することで、夢への実現を応援する。また、多くの人に夢を見てもらうだけでなく、持ってもらうことが目標です。私は、2017年2月に開催されるイベントに向けてメンバーのマネジメントを担当しています。具体的には、社会人チームとの連携を取る、各地域の学生とコンタクトを取り、当日までの集客やチケット販売の計画、イベントコンテンツの充実を図るなどしています。活動を通じて世の中の夢を叶えるだけでなく、運営メンバー個人の夢も叶えることができるように100名弱のメンバーが家族のように活動中です。今年の目標として掲げている「飛躍」を達成するために、これからもリーダーとして頑張っていきます。
 

イケてる父親になるために

将来は、人から憧れられる存在になりたいという夢があります。しかし、一番叶えたい夢は「口に出して話し始めたら思わずニヤニヤしてしまうような夢」をみんなが持てる世界を作ることです。夢AWARD、今後の活動などを通じて夢を持つ人を増やしていけたらと思います。そして、もう1つ、自分の子どもが誇ってくれるような世界で1番イケてる立派な父親になりたいです。そのために、これからもたくさんの経験をして立派な人になりたいと思います。

[インタビュー日:2016年7月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る