「誰もが輝ける社会」の創出を目指し
新たなコミュニティの設立に注力する

団体においては、メンバーの興味や得意に立脚して
マネジメントの方法を考案、団体の結束を強める。

中央大学 法学部 政治学科

志堅原 史麿

氏名
志堅原 史麿(しけんばる しまろ)

学校名
中央大学

学部/学科
法学部 政治学科

学年
3年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
沖縄県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
全国国際協力学生団体連盟

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験あり英語話せます

目的意識、また「次に繋げる」ことを意識して行動する

 
これまで力を入れてきたこととしては、「全国国際協力学生団体連盟」という団体での活動があります。高校まではサッカーやダンスを行ってきましたが、大学では新しい活動を始めたいと思い、活動を始めました。

全国国際協力学生団体連盟

国際協力に特化した学生団体のプラットホーム構築をしており、約20団体、1,000人ほどの学生と連携して多くのイベントやサービスを生み出しています。その中で私は主にイベントの運営、また企画と団体の広報の面でコミットしてきました。特に企画の面では、2つの点を考えて行動しました。1つ目は、自分たちが誰に対してどのような価値を生み出せるのか。2つ目は、それがどう「次」につながるかということです。この2つを真摯に考えて行動することで、普段の学生生活では得られないやりがいと学びを得ることができました。
 

コミュニティづくりに興味を持ち、尽力する

現在は、特にコミュニティづくりに力を入れています。学生団体での経験を通して、プラットホームの構築から多くの人たちの可能性を広げたいと思うようになりました。その一環として、大学では「変人学部」というコミュニティで活動しています。具体的には、芸能活動、学術、スポーツなど、さまざまな分野で活躍している中央大学の学生を繋げるコミュニティです。私はもともと、アクティブな学生たちは視野の広さゆえに、活動の場が大学外に偏ってしまうことに問題意識を感じていました。そこで変人学部では、彼らに大学でのアウトプットの場を作りながら、まだくすぶっている学生に新しい視点を与えられるイベントを発信しています。

活動の中で大変だったのは、1人ではできないことが多い中、周りをどのように巻き込むかということです。私はリーダーの立場ではありましたが、皆に当事者意識を持たせることは難しく、時にはパンクしそうになることもありました。また学生団体ということもあり、組織の中での人員の入れ替えが激しく、活動のクオリティを保つことにも苦労しています。

こうした課題については、苦心しつつ改善策を自分の中で考えています。皆を巻き込むことについては、自身まだ模索している段階で、「これ」といった決まったやり方は確立できてはおりません。しかし、とにかくメンバー1人ひとりに寄り添うことは自身の課題としてずっと意識しています。その人が何をしたいか、何が得意かをしっかり見つつ、その「やりたい」という思いを、団体の活動に結びつけるようにしています。
2点目に関しては、学生団体の都合上、4年で卒業する人が多く仕方がない部分はあります。しかし、団体のOB・OGが関われるイベントの企画や、メンバーのしたいことができる環境の整備など、現在奮闘を続けています。

日々行動していて疲れを感じることもありますが、やはり、自分が価値だと思ったサービスやイベントが相手に届いた時は大きな喜びを感じました。また、活動をしていく中で新たなアイデアや可能性、ビジョンが見えてきた時はすごくワクワクする瞬間でもあります。
活動を通して、何をするにしても考えることが大切だと思いました。忙しくなると軸にぶれが生じ、ルーティンワークとして作業を行ってしまいがちなことは否定できません。いかに次元をあげて考えられるかが、大きな困難からの脱却や、次への大きな成長に繋がるということを学びました。やはり明確な目的や目標の存在によって、一つひとつの活動が自分にとって学びあるものになると感じました。
 

「誰もが輝ける社会」のために

将来は明確な職種などは決まっていませんが、なかなか活躍の場が得られていない人たちに対して、サポートするような活動をしていきたいと思っています。
活動の中で、せっかくの才能や個性を十分に生かし切れていない人に会う機会もたくさんありました。そのような状況を見るといつも歯がゆくて、自分にアプローチできることはないか、と改めて感じるようになったのです。色々と苦難はあると思いますが、これからの大学生活や社会人生活でも誰もが輝ける社会づくりに貢献していきたいと思っています。

[インタビュー日:2017年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る