2つの学生団体に所属し、人脈を広げ
常に新しい世界に挑戦し続ける

「TED×NagoyaU2017」の協賛企業を募るため、
新規企業を開拓し、社会における「信頼」の重要性を学ぶ。

名古屋学院大学 現代社会学部 現代社会学科

杉浦 匠

氏名
杉浦 匠(すぎうら たくみ)

学校名
名古屋学院大学

学部/学科
現代社会学部 現代社会学科

学年
3年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
マスコミ
人材業界
広告

志望職種
IT系
企画系
営業系
総合職

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
ナゴ校
TED×NagoyaU2017実行委員会

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

インターン経験を経て、社会との関わりを求める

中学、高校時代の私はどちらかといえば大人しいタイプの学生でした。しかし、大学入学を機に、積極的に先輩や友人に話しかけるようになりました。さらに転機となったのは、1年の春休みにNPO法人を通して、2ヶ月間のインターンシップに参加したことです。
従業員100名ほどの中小企業に配属され、案件の受注や整理の業務をこなしていました。働く中で、部署間のコミュニケーション不足を感じた私は、もう1人の参加者と共に、社内運動会を企画します。開催後、実際に社員の方からも良かったとの声をいただき、また翌年度にも私たちが残した資料を元に開催されたという話を聞きました。土台を築いた実感を得ることができ、とても嬉しかったです。
インターン経験を経て、私はさらに社会人や他大学の学生との関わりを求めるようになりました。2年の春から参加したのは、学生団体「ナゴ校」です。

ナゴ校

学生が主体ではありますが、名古屋市の職員の方とも一緒に活動を行うため、社会人との関わりも増えました。実際に、近い距離で公務員の方の考え方を学ぶことができたことは、大きなメリットだと思っています。
 

努力が実り、協賛金獲得No. 1の座に輝く

「ナゴ校」のイベント予算は、名古屋市の予算枠として決められています。しかし、私はイベントをやるからには資金も自分たちで生み出したいと思っていたため、同時進行で別の学生団体「TED×NagoyaU2017」への参加を決めました。

TED×NagoyaU2017実行委員会

しかし、当初の状況は厳しいものがありました。2016年度から引き継いだ企業数は一昨年の半分です。さらに、当初のメンバーは自分を含めて4人、タイムリミットは4ヶ月という条件の中、協賛活動をスタートさせました。
不特定多数にテレアポをしても効果が得られないことがわかったのです。そこで、企業が多数集まるイベントへの参加や「ナゴ校」を始めとする学生団体のネットワークを活かした活動。企業側の問題点を解決するために、自分たちの活動が役に立てないかを模索した上で提案するなど、さまざまな方法を用いて、優先的に協賛企業の新規開拓に取り組みました。その結果、努力が実り、「TED×NagoyaU2017」の協賛金獲得No. 1の座を獲得することができました。

 

社会人として必要不可欠な「信頼力」

現在、私は学生団体の活動から離れ、11月からは東京の学生企業「株式会社 賢者屋」にてインターンを開始しています。担当内容は、新規事業の立案から学生さんへのフォローなど、学生との繋がりが多いため、今までの経験を活かすことができると思っています。
また、私は元々、人と話すことが好きです。将来的には、営業や人事など人と話す仕事に就くことも視野に入れていますが、そのためには「信頼」が不可欠だと考えています。
信頼を築くためには、対面で話す方が良いですが、ネット上やメールなど、文字だけでやりとりする機会は今後ますます増えていくでしょう。また、営業であればテレアポが基本ですから、まずは声だけで相手の警戒を解きほぐす力も必要です。そのため「信頼」という力を身につけたいと、今回のインターン先を選びました。
 

譲れない3つの条件

就活をする上で、私には譲れない3つの条件があります。まずは、新卒から自分にある程度裁量権があり、やりたいことができる環境があること。2つめは、元々、代表の個性や魅力に惹かれて学生団体に加入した経緯もあり、憧れる人と一緒に働きたいということ。3つめは、企業理念に共感できる会社であるということです。
今の私は1年前の自分が想像もしていなかった状況に立っています。そのため、5年後、10年後の未来を具体的に描くことはできません。しかし、周りから「困ったときには杉浦に頼もう」と言われるような人になること。年を重ねても今までに培ってきた人間関係をずっと大切にできる人でありたいとの思いはずっと持ち続けています。
そしていつか、自分が主催側で携わらせていただいた「TED×Nagoya」に登壇することが私の夢です。

[インタビュー日:2017年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る