テニスコーチとして目標と課題を設定
顧客ニーズを聞き取り解決に向け行動

ニーズを丁寧にヒアリングし一人ひとりに寄り添う対応に特化、
自らも楽しみつつ、相手にテニスの面白さを伝えることに成功。

西南学院大学 国際文化学部 国際文化学科

高崎 琴巳

氏名
高崎 琴巳(たかさきことみ)

学校名
西南学院大学

学部/学科
国際文化学部 国際文化学科

学年
3年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
百貨店・専門店・流通・小売

志望職種
事務系
専門系
技術系
販売系

出身
福岡県

希望勤務地
関東、九州、沖縄

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

逆境体験あり海外経験あり

テニス部副部長に就任、チーム内の意欲を高める

高校時代は、テニス部の副部長に就任し、県大会出場を目標にチーム内の意欲を上げることに尽力しました。中学時代は軟式テニスに取り組んでいましたが、新しいことにチャレンジしたいと硬式テニスを始めました。副部長就任は、顧問の先生や先輩からの推薦を受けたためです。リーダーに対するサポート力やテニスに対する熱い思いを評価されたと感じています。

チームの意欲を高めたいと感じたきっかけは、新人戦で目標としていた県大会出場を逃したときです。自分とキャプテンだけは悔し涙を流していましたが、他の部員は笑っていました。チームが県大会に出場するためには、雰囲気から変えていく必要があると気づき、部活動の改革を決意しました。

取り組んだ内容としては、学校の下校時刻は19時と定められていたため下校後近くの公園を借りて自主練習を行なったり、練習メニュー改善のため全員で話し合ったりといったことが挙げられます。また、声出しを増やし、部員全員で頑張る雰囲気を作ったり、素振り、筋トレなどの基礎練習を改善したりしたことで、技術面・メンタル面の両方を鍛えることができました。活動を通して全力で取り組む重要性と、チーム一丸となって成し遂げたときの達成感を学ぶことができました。

 

テニスコーチのアルバイトを開始、お客さまにテニスの楽しさを伝える

私はチャレンジ精神とコミュニケーション能力、粘り強さについて自信があります。これらの自信は大学生活でのアルバイトによって培いました。

中学・高校時代にテニス部に所属していた経験を生かそうと選んだアルバイトは、テニスコーチです。最初は緊張や不安もあり、うまくレッスンができずに悩んだこともありました。また私自身は一生懸命にレッスンをしているつもりでしたが、体験レッスンから編入する人の比率が芳しくなく、どうすれば良いのかわからない状態でした。

改善に向けて私が取り組んだことは、他のテニスコーチのレッスンを見ること、研修を受けてアドバイスをいただくことです。その中で自分なりの目標と課題を見つけ、もう一度頑張ってみようと前向きな気持ちで取り組むことができました。

私がまず掲げた目標は、お客さまにテニスの楽しさを知っていただくことです。そのためには、自分自身がレッスンを思い切り楽しむことが重要だと考えました。またお客さまがレッスンに求める内容は一人ひとり異なることを踏まえ、ヒアリングを重視しました。技術面を向上させたい人と楽しくテニスがしたい人では、接し方も必要なレッスン内容も異なるためです。一人ひとりに寄り添う姿勢を重視し、毎回にレッスン中に実行しました。

 

課題と解決方法を見つけ行動、克服により自信をつける

課題と解決方法を見つけ、行動に移したことで、自信を持ってレッスンができるようになりました。また、お客さまから「楽しかった。来週もまたお願いします」と声をかけていただけるようになったことを、とても嬉しく思います。また私自身が楽しくレッスンに取り組むことで、お客さまにも自然とテニスの楽しさをお伝えすることができました。同時に編入率も上がり、さらに自信がつきました。

活動を通して、苦手意識があることに関しても逃げずに克服方法を考え、努力し続けることの大切さを学びました。挑戦を続けることで、苦手意識が薄れ、自信がつくことを実感しています。テニスコーチの仕事は精神的にも体力的にも大変なことがある反面、お客さまと話す楽しさがあります。アルバイトを経て、ストレスコントロール力も身につけることができました。

 

培ってきた能力を生かしつつ、人をサポートする仕事を目指す

残りの大学生活に関しては、就活に励みつつ、大学4年の後期から半年間休学し、留学を予定しています。前期には、英語の勉強をしたり自分を見つめ直す時間をつくったりと準備を進める予定です。高校、大学とさまざまなことにチャレンジし、自分に自信がついてきたと思う反面、まだ足りない部分もあります。留学を通して、不足している要素を補い、さらに自信をつけたいです。

将来に関しては、過去に培ってきたチャレンジ精神や課題解決能力、コミュニケーション能力を生かせる仕事につきたいです。その場にいる人の気持ちを汲み取れる能力があるとの自負があります。今までも意見の衝突が起きた際、話し合いを円滑に進めてきました。新たに留学で得る能力に加え、今までの力を生かし、課題を解決し人の幸せをサポートできるような仕事に就きたいです。また私自身、昔から肌に関する悩みを抱えていたこともあり、肌にやさしい化粧品や健康食品の開発のような、肌の改善に関わる仕事にも興味があります。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る