ラクロス部主将として組織改革に挑戦
熱量と行動力で、周囲の成長を後押し

自らの行動で周囲に良い影響を与え、能力や可能性を引き出す
ことにやりがいを実感、サポートに尽力し喜びを分かち合う。

東北大学 工学部 機械知能航空工学科

竹岡 拓人

氏名
竹岡 拓人(たけおか たくと)

学校名
東北大学

学部/学科
工学部 機械知能航空工学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
IT系
営業系
専門系
技術系
販売系

出身
千葉県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
東北大学男子ラクロス部

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり全国大会出場

本気の努力で大学受験の目標を達成

高校時代は、大きく分けて受験勉強、バスケ部、球技大会の実行委員長の3つの活動に注力していました。自分の中で、特に伝えたいのは受験勉強です。当時から東北大学を志望していましたが、かなり高い目標であり、周囲からも厳しいと言われていました。ただ、諦めたくはありませんでしたので、1日のタイムマネジメントを事前に決め、集中力を高めたり、毎日習慣化することで考えずとも集中できる環境をつくったりと、自分なりに努力しました。

辛い時期に自分に言い聞かせてきた言葉は“過去は変えられないが、未来と自分は絶対変えられる”です。頑張る量を増やせば、東北大学合格には絶対近づいていると考え、乗り越えました。合格発表のときは、正直、驚きました。本気の努力が報われた嬉しさと同時に、どれだけ今無理だと感じることであっても、本気で取り組めば人生なんでもできるんじゃないかとの思いが胸に刻まれました。

また、部活動ではバスケットボールの戦術を勉強し、互いに意見をぶつけ合うことで、自身の論理的な思考力やコミュニケーション能力、判断力を高めることができたと感じます。市川高校最大の学校行事、球技大会の委員長としても、大会プログラムに各クラスPR欄を設けたり、校長賞を新設し選手のやる気を高める改善を行なったりと、積極的に活動しました。例年から問題となっていた故意の不戦敗を防ぐためのルール改正にも熱量を持って取り組んだことで、最高の球技大会を作りあげることができました。

 

東北大学男子ラクロス部主将として理念を掲げ、組織を改革

大学入学後は、東北大学男子ラクロス部の主将として、チーム目標の学生日本一に向かって努力しています。昨年度は、全日本大学選手権大会で準優勝の成績を収めています。

しかし、総勢140人を超える大所帯のため、貢献した実感のある部員がごく一部であるという問題も抱えていました。この問題を改善するために、取り組んだことはチーム全員が「人としての成長」を実感できるように、3つのワード「研鑽・一丸・魅了」を理念に定めるといったものです。理念を遂行し、学生日本一を達成することで、全員が勝利に貢献した実感が得られると考えた結果です。もちろん、いくら理念を立てても行動が伴わなければ意味がありません。そこで部員全員に必要だと思う活動をあげてもらい、14の部局を作りました。そして各部員が好きな部局を選び、活動するといった形を作りました。

新しいことを始めるには、エネルギーが必要です。しかし特に組織改革に関しては、自分なりの軸を持ち、持ち前の熱量と行動力を存分に発揮し、人を動かすことに力を注ぎました。人を動かすことは、決して楽ではありません。しかし、相手の意見を最大限尊重し、目的と魅力を正確に伝えるなどを心がけ、諦めることなく、行動し続けました。高校時代のコーチと話したり、先人たちの本を読んで学んだりしながら、とにかく行動し、PDCAを回していく中で、効果的な方法にたどりついたと感じます。役割分担、仕事を任せることに関しても、権限譲渡に加え、目的を伝えたりプロセスを褒めたりと、さまざまな学びを試行錯誤したことで、ようやく形にすることができました。

自分が他人に影響を与え、相手が成長していると感じられたり、感謝されたりすることは、私にとって大きな喜びです。また、「拓人さんに会ったとき、この大学に来てよかったと思いました」と言われたときは、何より嬉しかったです。こういった経験があるからこそ、辛いときも乗り越えることができるのだと思います。

 

他人に影響を与え、可能性を引き出す

直近の目標は、部員たちと互いに高め合いながら、学生日本一を達成することです。応援してくれている人たち含め、より多くの人と最高の思いを共有したいです。

将来的には、高校1年生からパイロットを目指しています。空が好き、空港の雰囲気が好きといった部分もありますが、デスパッチャーや整備士、グランドスタッフの想いを背負う、まるでリレーのアンカーのような立ち位置への憧れも大きいです。

他にも、今活動する中で、他人に影響を与えたり、成長の喜びを一緒に感じたりすることに興味があり、面白いと感じています。私は他人に影響を与え、相手の可能性を引き出し実感させる、かつ、実現に向けてひたむきに取り組むためのサポートに関する仕事に就きたいです。そして、目標や夢を叶える喜びを分かち合いたいです。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る