綿密な事前準備を武器に企業と商談、
先方のニーズに合わせ的確に提案する

ビジネスコンテストのケアスタッフとして担当チームを献身的に
サポート、チーム内の人間関係を円滑に導き、優勝をアシスト。

明治大学 政治経済学部 経済学科

田中 陽子

氏名
田中 陽子(たなか ようこ)

学校名
明治大学

学部/学科
政治経済学部 経済学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
銀行・証券・保険・金融

志望職種
営業系

出身
東京都

希望勤務地
関東、関西、海外勤務

学生団体
Business Contest KING

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験あり営業経験あり

高校時代の生徒会長経験から、信頼を得る力・責任感を養う

私は小学生の頃から学級委員を経験し、リーダーシップをとることを得意としてきました。また高校2年のときには、中高一貫校の生徒会長を務めています。周囲からの勧めもありましたが、最終的には自分から立候補し、選挙を経て就任しました。

生徒会長として、最も苦労した点は、先生側と生徒側の要望が食い違った時の対応です。当初私は生徒の一人として、また生徒代表として、生徒が学校側に求めることにとても共感していましたが、教員の意見も理解できるようになりました。目指したのは、両者に納得してもらえるような折衷案です。両者の話をよく聞き、私的な感情を入れずに決めるようにしていました。

元々、表に出ることはそれほど得意ではありません。しかし、役職に就いたからこそ「周囲に信頼されるにはどうすれば良いか」「期待に応えたい」などの思いが湧き出るようになり、責任感が強くなったと感じます。大勢の人の前で話す機会が増えたことで、事前に練習や勉強を重ねる癖がつきました。当時の経験は、今もプレゼンなどを行う際の事前練習と、本番の自信に役立っています。

 

コンプレックスをバネに、よりレベルの高い環境を楽しむ

大学入学後、最も注力しているのは学生のためのビジネスコンテスト運営団体「Business Contest KING」の活動です。

参加のきっかけは、大学受験の失敗によるコンプレックスでした。社会に出たときには、私が目指していた大学に通う人たちと同じスタートラインに立ちたいとの思いから、刺激のある環境に身を置くことを決めました。現在の自分の能力よりも少し高い場所にゴールを設定し、目標達成に向かってチャレンジする姿勢は、高校時代から今に至るまで意識し続けています。

現在所属しているのは「渉外局」と「学生対応局」の二つです。渉外局は、学生の間に社会人の模擬体験といえる営業活動ができること、マナーを含む学びの機会を魅力に感じ、選びました。学生対応局に関しましては、コンテストに参加する意識の高い参加者と知り合うことで、より多様な考えに触れることができるのではないかと考え、選択しています。

 

プレゼン能力、マナー、コミュニケーション力など多岐に渡る知識と経験を積む

渉外局において苦労している点は、企業様のニーズを理解した上で、団体の魅力を伝える難しさです。「採用には困っていない」「理系の学生を求めている」と言われた場合、理系学生の参加者が少ないことを告げても話が続きません。しかし、過去のあらゆるデータを持ち、対応できるような事前準備を行うことで、違う方向性から商談を進めることは可能です。また、事前に会社についてホームページや、社内で働く人から話を聞くなどの情報収集を行い、あらかじめ質問を想定しておくなどの対策をとっています。

活動を通して嬉しかったことは、2018年夏の7泊8日のコンテストの際、私がケアスタッフとして担当したチームが優勝したことです。初対面の人同士がチームを組む以上、多少のトラブルが発生しやすいものです。しかし、持ち前のコミュニケーション力と献身的なサポートにより、私のチームだけが円滑に話し合いを進めることができました。参加者からも「田中さんはケアスタッフに最もふさわしい」との評価をいただき、嬉しかったです。

活動全体を通して得たものは、プレゼン能力、社会人のマナー、コミュニケーション力、課題解決能力です。同時に、法人ではない学生団体が協賛を得るためには、信頼を得ること、実績を示すことが重要であると学びました。この2点は、社会に出た後も求められる内容だと感じます。在学中に社会人の疑似体験ができたことは、大変貴重な経験でした。

 

周囲と協力し、人々の悩みや問題を解決していきたい

将来は、人々の悩みや社会問題を解決する仕事に就きたいです。生徒会長の経験では、学生と先生の仲介役として問題解決に奔走しました。KINGの活動においても、実現可能性がありながらも新規性やニーズもあるサービスを意識して考えるなど、課題解決能力に自信があります。またビジネスコンテストの経験からも、周囲と協力しながら問題解決を目指す仕事が合っていると感じています。

 

[インタビュー日:2019年6月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る