インターンでの経験でスキルを伸ばし、
自分自身を変革するために思考し続ける

インターンや留学などを経験し視野を広く持ち
論理的思考に加え伝え方を学び、日々成長していく。

大阪大学 経済学部 経済・経営学科

上林 孝憲

氏名
上林 孝憲(うえばやし たかのり)

学校名
大阪大学

学部/学科
経済学部 経済・経営学科

学年
4年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
コンサル

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
兵庫県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
株式会社LIVER・AL・ART

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験あり営業経験あり

虚無感から何か変わりたいと自身を変革

大学入学後半年ほどは遊んでばかりでした。ボウリングや麻雀など、毎日のように朝まで遊ぶ生活を続けていたのです。しかし、夏休みのある夜通しで遊んでいた翌朝に「このまま生産性のない日々を過ごしていいのだろうか」と突然虚無感に襲われました。
また、友人たちが、いかに受験を突破したかという話題がいつまでも続くことに嫌気がさしていたことから「何か始めて変わらなければ」と思いインターンを始めたのです。
通信の訪問販売を行う学生企業でインターンをスタートさせます。参加してすぐに新規事業部門の担当になりました。しかし、私の力不足や経験のなさから、取引先とも上手くいかず事業は失敗に終わったのです。
その新規事業チームで数ヶ月ほど下積みを行った後、運営の仕事にも携わるようになります。その中で最も大きな仕事は、岡山に支社を作ることです。ゼロからだったため、最初はスタッフを集めることからスタートしなければいけませんでした。誰からの紹介も得られない状況での人材募集は苦労が多かったです。SNSを駆使しイベントを開催し、また優秀な仲間に恵まれ、なんとかスタートします。仲間が集まった後、私は評価制度や管理体制いったシステムを構築し、間接的に仲間のモチベーションを上げていく役割を担いました。当時のメンバーはいまでも尊敬できる仲間です。売上目標の2倍も達成し、みんなで喜んだことは今でも鮮明に覚えています。
 

論理だけでは人は動かせない

企業に在籍していると必然的に年上の方と接する機会が増え、自分の意見を伝えることも多くなりました。その中で特に勉強になったのが、論理だけで相手の方を動かすことはできないということです。相手の方に自分はどう映っているのか、この内容ですべて伝わるのか、どういう言葉遣いが適切か。相手の方に自分の意見を聞いてもらうことがいかに難しいか身をもって感じました。
また社会人の方とお付き合いさせていただく上で、一番意識したのが「時間」です。信用していただくためにアポ厳守や即返信など、普段の生活から変えていきます。意見が論理的であることは大切ですが、それだけが全てではないのだと学びました。

留学で更に広がる視野と新たな発見

オーストラリアでの一年間の留学経験も私に大きな変化を与えました。英語が話せないというコンプレックスを払拭するために出発しましたが、現地ではそれ以上のものが得られます。60歳になっても新しいものに挑戦しようとしている人、夢のために勉強している人、人生を再スタートしている人。いかに世界は広いのか、こんな生き方もあるのか、と気づかされました。また以前は相手を否定的に捉えることが多かったです。しかし、多様な価値観に触れ合ったことから、相手をより肯定的に捉えるようになりました。このように留学によりさらに視野・考え方の幅が広がったと思います。さらに専門知識を身につけ、この強みを活かせてけたらと思っています。
 

まだまだ成長し続けたい

インターンや留学先でたくさんのことを経験しましたが、私自身はまだ成長過程の途中で、日々勉強し続けています。勉強をしなくなった時に人間の成長は止まり、不自由になるため、就職しても自分が成長し続けられる環境で働きたいです。その環境も与えていただくだけのものではなく、自分自身で作っていくものにします。
常に新しいことに挑戦し続け、ワクワクできるものを作り、そのワクワクを社会に還元できるような仕事がしたいと考えています。

[インタビュー日:2016年7月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る