努力を重ね、スランプやケガの逆境を
乗り越え克服、目標達成の喜びを知る

語学力を高めディスカッション力を鍛えたいと語学留学や英会話
教室を経て能力を強化、自らの経験を生かし他者をサポート。

早稲田大学 国際教養学部 国際教養学科

氏原 里彩

氏名
氏原 里彩(​うじはら りさ)

学校名
早稲田大学

学部/学科
国際教養学部 国際教養学科

学年
3年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ

志望職種
IT系
営業系
専門系

出身
埼玉県

希望勤務地
関東、海外

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

逆境体験あり海外経験あり全国大会出場

ゴルフを通じてスランプ克服、ハンデを乗り越え目標達成を学ぶ

私がこれまでに最も注力した活動は、父の誘いを受け、小学3年から始めたゴルフです。練習すればするほどパフォーマンスが高まることが楽しく、常に練習に励んでいました。しかし、中学1年の冬、スランプが訪れます。どれだけ練習を重ねても、下位や下から順位を数えた方が早い状態が半年以上続きました。

正直、逃げたいと思ったこともあります。しかし、ここで逃げたら、弱い自分に負けることになると考え、辞めたいとの思いが頭をよぎったときも、その言葉を思い出し、踏みとどまっていました。スランプを乗り越えた後は、絶好調の時期が続いたため、壁を乗り越えたからこそ得られたものがあることを嬉しく思います。

また、高校時代にはハンデの中、目標である夏の関東大会出場を果たしました。高校2年時、腰を負傷し、医師からは「ケガの完治は難しい」と告げられる事態が起こります。しかし、成績を残したいと考えた私は、コーチにアドバイスをいただきながら「腰に負担をかけないで打つ方法を取得する」「飛距離が出ない部分をカバーするため、小技(アプローチ・パター)の精度をあげる」の2点を意識し、練習に励みました。1年間継続した結果、高校3年の夏には、個人戦で初の関東大会出場を果たし、ハンデがある中でも工夫次第では目標達成が可能であることを学びました。

ケガ以前のパフォーマンスを実現できず、成果が挙げられない時期には辛い思いをしたこともあります。しかし、ケガは生涯付き合っていくものです。「100パーセントの状態ではない」ことを受け入れるマインドに切り替えたことで、「どうにかなる」と気楽に考えることが可能になりました。

さまざまな経験を通して、努力すれば「絶対に越えられない壁はない」と気づけたことは、私にとって大きな学びです。将来、きっと何らかの状況下で、壁にぶつかることがあるでしょう。しかし、挑戦を続ければ、最後は壁を乗り越え、またひとつ自分自身が成長できるという考え方、前向きに考える力を身につけたことは、今後生きる上でも大いに役に立つと感じています。

 

語学留学や課題克服の学びを経て、英語でのディスカッション力を獲得

大学入学後は、英語の勉強に注力しています。きっかけは、大学1年時に受講した「国際関係学」の講義です。TOEFL80点あれば問題ないだろうと考えていたものの、実際には教授や他の学生が積極的に議論をしている中、ただ授業に必死についていくしかありません。

負けず嫌いな私は、議論参加を決意し、課題である内容理解と英単語力を解決するため、教科書や英字新聞を読み、単語力や基礎知識の理解を深めました。さらにTOEFLのリスニング問題を利用し、英語での講義形式に慣らしたり、英語で論理的に話す力をつけるために、週2回英会話教室に通い、話題のニュースについて議論したりしました。

また、2019年8月から2020年にかけては、語学留学を経験しています。現地学生の中で、積極的にディスカッションに参加したことも、議論するための英語力向上につながったと感じます。さらにTOEFLでは、103点を取得することができました。

現地学生とディスカッションの経験を積んだことで、失敗を恐れないメンタルを獲得できたと感じます。間違っていても他のメンバーが咀嚼、フォローしてくれることに気づき、積極的に話せるようになりました。同時に感じたのは、自己主張の重要性です。ディスカッションの流れは遮らない程度に、自分の意見を発信できるようになったことで、コミュニケーション力も身についたと感じます。

 

目標は、マイナスをプラスに変えるサポート役

将来は「人の抱える『マイナス』(課題・逆境)を『プラス(解決・状況改善)につなげるサポート役」を目指しています。現在、家庭教師として働く中で、苦手を克服するための道筋を考えること、克服できた際の笑顔を見ることがやりがいにつながっています。逆境や困難を乗り越える姿を応援したいと思うと同時に、生徒が目指している未来に行けるようにとの思いが強いです。

私も人生の中で多くの「逆境や困難」にぶつかってきました。しかし、乗り越えてきたからこそ「新しい考え方」や「強さ」を身に付けられたと考えています。だからこそ、今度は自分が「挫けそうになっている人」のサポートをして、「強い自分作り」や「新しい世界を手にする機会」に変えていきたいです。

 

[インタビュー日:2020年9月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る