高校時代から劇団やインターンに参加
楽しみながらの貢献が、周囲を笑顔に

自らの得意分野を活かして国際交流イベントを運営、参加者の
笑顔に喜びを感じ、自らの夢の実現に向け一層の努力を続ける。

同志社大学 グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科

山口 呉羽

氏名
山口 呉羽(やまぐち くれは)

学校名
同志社大学

学部/学科
グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科

学年
1年生

卒業年
2023卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー

志望職種

出身
兵庫県

希望勤務地
関西

学生団体
国際交流団体 One World

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり英語話せますインターン経験あり

自分が楽しむことで、世界中の人を幸せにしたい

私の夢は、世界中の人を笑顔に幸せにすることです。小学2年生から上海に住み日本人学校に通っていましたが、小学5年生のときに、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」を観たことがターニングポイントとなり、夢を叶える一歩として、英語を学ぶためにインターナショナルスクールに転校しました。

帰国したのは中学2年生の頃で、国際的な中等教育学校に編入し、吹奏楽部に入部しました。演奏に加えて、司会やポスターなどの広告作成を担当しました。また、文化祭においても劇の主役や学年グッズタオルのデザインなど、私の好きなことや得意なことで活動に貢献する機会を得ました。

課題活動では、阪神淡路大震災の復興関連である団体、劇団「夢」サーカスに入団し、ボランティアで老人ホームや小学校などで公演を行いました。初めての本番は偶然私の誕生日で、老人ホームの入居者の方が手を強く握って「来てくれてありがとう」と涙ながらに話して下さったこと、劇団の先生や団員の子どもたち、親御さんが誕生日を祝ってくれたことを今でもよく覚えています。

丁度この時期、私は学校や家庭のことで悩んでおり、居場所を探しているときにこの劇団に出会いました。だからこそ、この日は、「生きていてよかった」と思ったと同時に、自分が何で周囲に貢献できるのか気付かされた特別な日でもありました。

劇団、吹奏楽部を通して、特に印象に残っている言葉は「まずは自分が楽しむこと」です。先生からのアドバイスでもあり、自分が後輩に伝えた言葉でもあります。自分が楽しんだ分だけ表現にも反映され、お客様にも伝わるものだと考えています。

 

課外活動に積極的に参加、得た縁を大切にし、経験を積み上げる

高校2年の夏と冬には、日本科学未来館で行われた 「Picture Happiness on Earth」に参加しました。内容は、タイの学生がつくったシナリオを元に、日本の女子中高生が動画を作り、未来館にあるジオコスモスに投影するといったものです。監督の1人として指示を出したりナレーションをしたりと積極的に関わり、最終的に発表に至りました。

高校3年3月に参加したのは、「Visionary camp」です。チームメイトと3日間で「10年後のコミュニケーションについて」を考えるプロジェクトでした。しかし、私は半年前の推薦入試の際に教育について考えていた時期があり、既にはっきりとした案を持っていたため、周囲とのペースが合いませんでした。

更に、チームメンバーが「教育とは一体何か」といった根本的な問いを掘り下げてしまい、話し合いが完全に止まる事態が発生しました。発表できる段階まで持って行こうとしましたが、上手くいかず、最終的にはスタッフさんと面談をした後、1人で発表することを選んだこともあり賞をいただくことはできませんでした。

しかし、その後、グランフロント大阪のナレッジキャピタルの社員さんがお声がけしてくださり、ナレッジキャピタルのプロジェクトのためのアイデアソンに参加する機会を得たり、大人と接する機会が増えたりしました。ありがたい縁に感謝しています。

そのほか、全国規模の学生イベント「全国高校生衛星生中継」の兵庫運営や、大阪の採用ブランディング会社「TOMORROW GATE」へのインターン、女子高生が起業した会社「Bouquet lab」のお手伝いなど、色々な経験を積み重ねています。

 

インターンを経て、チームとして支え合う状態を学ぶ

大学入学後は「株式会社No limit」のインターン生として 「国際交流団体 One World」の運営に取り組んでいます。私はグループワークが得意ではありません。「Visionary camp」では、最終的に1人での活動に至りました。しかし、現在のインターン活動を1人で行うことは不可能です。そのため、他者の得意不得意を探り「それぞれの分野に適する人が役割を担い、チームとして支え合う」状態をつくり、仕事を成り立たせようと努力しています。

これからは、好きな「絵を描くこと」を活かし、イラストレーターをマスターし、インターン先である株式会社No limitに貢献したり、自分自身の未来の選択肢を増やしたりしたいです。また、大学ではスペイン語の授業を選択しています。これまで学んできた英語、中国語とともに、より一層語学力向上に向けて取り組みを続けたいです。

 

世界中の人を笑顔に、幸せにしたい

私の将来の夢は「ディズニーに関わることで生きていくこと。1人でも多くの人を笑顔に、幸せにすること」です。現在は、日本規模でも世界規模でもディズニーと肩を並べている、合同会社ユー・エス・ジェイで働かせて頂いています。ゲストに最高の時間をお届けするために働くことに非常にやりがいを感じており、是非この経験を将来に生かしたいと思いながら勤めています。

更に、合同会社ユー・エス・ジェイで働き始めたことで、上記の夢への想いがより強くなりました。上記の夢を叶えるための道として、オリエンタルランド本社の入社やアメリカのディズニーカンパニー入社などもひとつの選択肢ではあると思いますが、その方法だけに縛られることなく「世界中の人を笑顔に、幸せにしたい」との思いを実現できる道を模索中です。

 

[インタビュー日:2019年7月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る