メンバの思いと団体の方向性を踏まえ
局長として指示を出し満足度を高める

高校までのバスケ経験では充実感を獲得、学生団体活動では
一人ひとりと向き合う経験と責任感を得た後、視野を広げる。

東京工業大学 情報理工学院

山下 啓伍

氏名
山下 啓伍(やました けいご)

学校名
東京工業大学

学部/学科
情報理工学院

学年
2年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
メーカー

志望職種
IT系

出身
神奈川県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
BusinessContestKING実行委員会

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験ありインターン経験あり

高校生までバスケを継続、チームを背中で引っ張る

小学生から高校生まで頑張っていたことは、バスケットボールです。ボールがリングに吸い込まれるときの音が非常に好きで、中高6年間、毎朝1番に体育館に行き、授業が始まるまでシュート練習に励んでいました。放課後の練習が終わった後も下校時間ギリギリまでシュート練習を続けていました。

チーム内での私の立ち位置は、真摯にバスケットボールに向き合う姿勢を示し、チームを背中で引っ張っていくタイプでした。その結果、横浜市立高等学校総合体育大会では最優秀選手賞を受賞、横浜市の選抜選手として国体チームの選考会に参加などの成績を収めています。

シュート力は私の大きな武器でしたが、うまく入らない時期もありました。その際には、定評のあるドライブで自分のリズムを掴んだり、ディフェンスやリバウンドなどでチームに貢献できるよう努力したりしていました。試合で活躍する中で、多くの人から応援してもらえたこと、チームメイトと勝利の喜びを分かち合えたことは、特に強く印象に残っています。多くの充実感を味わえたことが、バスケットボールを継続できた理由のひとつだと感じます。

 

「Business Contest KING実行委員会」にて局長を兼任

現在は、学生による学生のためのビジネスコンテスト運営団体「Business Contest KING実行委員会」に所属しています。広報チームのリーダーとして各種SNSとwebサイトの運用を行いながら、コンテンツを考えたりチーム管理をしたりする日々です。

そのほか、開会式・閉会式の演出を行う局の局長とコンテスト参加者の学生さんの対応を行う学生対応局の局長も兼任しています。

現在はクラウドファンディングや4泊5日のコンテストの会場であるオリンピックセンター周辺のグルメマップの作成のプロジェクトを進行中です。周りを巻き込みアイディアを形にしていくことが得意です。

参加のきっかけのひとつに、東工大の環境がありました。東工大は、大学院を含めると6年間理系の人しかいない環境に身を置くことになります。私は自分の視野が狭くなることを危惧し、文系の多いKING実行委員会を選択しました。大学入学直後は、大学院に進学し企業の研究職に就くイメージを漠然と描いていましたが、現在はより将来に対し、積極的に選択肢を考えています。

 

局長をしてメンバーに寄り添いながら、団体の方向性の舵取りを行う

活動において大変だと感じた点は、2つの局で局長を務める中、各メンバーが所属している理由や団体に対して求めることが異なるにも関わらず、総合的にマネジメントする難しさです。問題解決に向け、現在は各局約20名のメンバーに対し、一人ひとりと真摯に向き合い続けています。

私が理想としているのは、相手が何を求めているのかを考え、また相手の性格や長所に合わせて依頼内容を決め、相手が充分に満足できるような環境を提供することです。メンバーに寄り添いながら、団体として良い方向に向かうことを目指しています。同時に、プロジェクトに携わるメンバーの気持ちのベクトルは、必ずしも同じ方向を向いている必要はないとも考えています。一人ひとりの思いが異なることは当たり前であり、その上で、方向性の舵取りを行うことが私の役目だと思います。

 

活動を通し、責任感や充実感を獲得。将来の夢を模索中

高校まで続けていたバスケでは、ひとつのことに集中し極めていくことで充実感を味わったり、上達する過程を楽しんだりした一方で、大学入学後の「Business Contest KING実行委員会」では、一人ひとりに向き合う大切さを学べたと感じています。

特に1年生の10月に代替わりにより役職に就いたことは、私のひとつのターニングポイントです。役職に就くまでは、若干他人事のように活動を考えていた部分もありましたが、役職に立候補したことで、自分のこととして捉えられるようになり、責任感が増しました。

将来の夢は、現在模索中です。東工大に入学した当初は宇宙に対する分野に関心がありましたが、現在は情報系の学部に所属し、機械学習に興味を抱いています。そして、人々の暮らしをより良い方向に持っていきたいです。

 

[インタビュー日:2019年6月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る