野球部副キャプテンに就任、客観的に
チームを観察し、自らの役割を果たす

小学1年から現在まで野球を継続、社会人と学生のチームにて
副キャプテンとして交流活性に尽力、壁を取り除くことに成功。

立命館大学 スポーツ健康科学部 スポーツ健康化学科

柳沢 陸弥

氏名
柳沢 陸弥(​​やなぎさわ りくや)

学校名
立命館大学

学部/学科
スポーツ健康科学部 スポーツ健康化学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ
銀行・証券・保険・金融

志望職種
事務系
営業系

出身
長野県

希望勤務地
関東

学生団体
立命館大学食マネジメント学部オリター団第1期

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

野球部に所属、挨拶や礼儀を学ぶ

私が高校時代頑張ったことは、野球部の活動です。兄の影響で、小学1年生から野球を始めました。私が所属していたチームでは「日頃の私生活が野球に表れる」として、野球の練習だけでなく、生活面や礼儀なども厳しく指導してもらいました。挨拶や人に対する礼儀に関しては、特に厳しかったと感じます。また、学校自体が文武両道を目標に掲げていたため、いかに少ない練習量で強豪私立に勝つかを考え、工夫した練習を行なっていました。

最初は、厳しさや辛さを感じることが多かったものの、最上級生になり、野球の楽しさに気づくことができました。転機は、スタメンを外れたことです。それまでは主力でショートやセカンドを守っていましたが、エラーが続いたことを機に、外されてしまいました。悔しさやベンチにいる違和感もありましたが、客観的に試合状況を見たことで、自分が果たす役割やチームに貢献する方法を感覚的につかむことができました。

また、以前の私は、先生に怒られることに対し、恐怖を感じていた部分があります。しかし、怒られないように野球をやるのではなく、チームのために行動し、その上で怒られたとしても内容を取り入れて改善すればいいと意識を切り替えることに成功しました。

 

副キャプテンに就任、チームの立て直しに奮闘

最上級生のときには、副キャプテンとして活動しました。しかし、私たちの代は部員数が少なく、まず直面したのが、6人で下級生30人程度をまとめる難しさです。さらに秋の大会では、一回戦敗退し、チームは崩壊寸前の危機に陥っていました。しかし、私がキャプテンと後輩の間に入り、意見の衝突を緩和できるように動いたことで、チーム環境の改善に貢献できたと感じます。

また、今までは先輩の意見が絶対であるといった風潮がありました。しかし、私たちの代では、後輩をリーダーに任命し、後輩の意見を取り入れる仕組みをつくりました。結果として得られたのは、後輩の自立です。3年生6人がまとめるのではなく、メンバー一人ひとりがチームの一員として、やるべきことを考えられるようになりました。最後の夏の県予選では、ベスト8という好成績を残しています。

 

社会人と学生の硬式野球クラブチームにて副キャプテンを務める

現在注力していることは、滋賀県にある硬式野球クラブチームの活動です。チームは、全部で40人ほど、学生と社会人半々で構成されています。社会人の方がキャプテン、学生の私が副キャプテンを務めています。チームとしての練習は、土日のみとなるため、平日の空いている時間の自主練が重要です。しかし、高校時代の部活とは異なり、あくまで自主的な活動のため、妥協しようと思えばいくらでも妥協できてしまいます。私自身、いかに自分に打ち勝つかを考え、練習に励んでいます。

た、学生と社会人では立場が違うため、当初はお互い遠慮してしまう部分がありました。そこで私は副キャプテンとして、チーム状況を解決するため、話す機会を設けることを提案しました。ミーティングを増やしチーム同士で話し合える場を設ける、月に1回飲み会などを企画するといったことも、改善方法のひとつです。また、学生の意見をまとめて社会人に伝える場を設けたことで、社会人と学生の間の壁を取り除くことに成功しました。

クラブチームの活動を通して学んだことは、いろいろな立場の人がいる中で、自分も変わらなければいけないということです。他力本願では、何も変わりません。今回、私は積極的にコミュニケーションを取るように動きました。その結果、自分の役割をふまえ、自分に何ができるか、何をしなければいけないかを考え、行動できる自信がつきました。また、自分のことだけでなく、周囲を見渡す視野の広さを身につけることができたと感じます。

 

野球で養った強みを生かし、自己成長とともに働きたい

残りの大学生活は、新しい経験を増やす予定です。私の地元は、台風19号で河川が氾濫しました。当時、ボランティアに参加した経験があり、もう一度何らかの形でボランティアに参加したいと考えています。海外一人旅も未経験のため、大学時代に経験しておきたいです。

将来に関しては、まだ具体的なイメージはありません。しかし、今まで野球というチームスポーツで養ってきたチームワークと広い視野、思いやりを活かせるような職に就きたいです。同時に、自分自身が納得できるよう、自己成長にも務めたいです。そして自ら人の上に立つ側を希望しているため、スキルを磨くことは必須だと考えています。そして、しっかり働き、幸せな家庭を築き、子どもが希望する道に進めるだけの経済力を得たいです。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る