アルバイト先のEIS向上を目指し、
潤滑的役割を担い、雰囲気を改善した

EIS=CISの理論を意識し、立場を超えた視点を持つことで
スタッフの意識を高め、リーダーとしてイベントを成功させた。

明治学院大学 文学部 英文学科

吉田 江里奈

氏名
吉田 江里奈(よしだ えりな)

学校名
明治学院大学

学部/学科
文学部 英文学科

学年
4年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
コンサル
サービス
人材業界
医療・福祉
業種・業界は問いません
美容

志望職種
与えられた仕事ならなんでも
営業系

出身
東京都

希望勤務地
関東 どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり営業経験あり

受け身な自分から行動的な自分へ

大学入学当初は、まず新生活に慣れるため、精一杯だったことを覚えています。学業に関しても、与えられたものをこなす日々が続いていました。転機が訪れたのは2年のときです。自分が受け身だと気付き、大学の枠にこだわらず、好きな本の作者に会いにいくなど自分から出会いを広げていきました。受け身の自分から変化したことで、学びたいことを学び、この先のビジョンを考える時間ができたと実感しています。また、充実した毎日を送るためには、挑戦し続ける姿勢も重要だということを学びました。

 

飲食店アルバイトを経て、EISを意識する

私が一番頑張っていることは、全国各地から魚を仕入れている飲食店のアルバイトです。大学入学前の春休みから続けているアルバイトですが、最初は16連勤したことがあります。短期間に集中して学ぶメリットは、新しい環境に馴染みやすくなること、そして早く理解できることです。その結果が、現在のやりがいやはたらきがいにつながっていると思います。

働き始めて2年目に、店舗の売り上げが下がり、人件費の削減の話が出ました。私の立場はアルバイトですが、人件費が減らされると、ホスピタリティにかける時間が減りお店の良さがなくなってしまうのではと危惧しました。そこで思ったことは、まず私の思いと社員さんの思いの溝を埋めたいということです。プライベートでも社員さんや上司の方と飲みにいき、アルバイト目線の立場の話や、会社全体の話をしました。

また、私の趣味のひとつに、読書があります。「感動の条件/永松茂久」を読む機会があり、その中で共感したのが「EIS=CIS」との言葉です。長期的な視野で売上を捉えるためには、働く人の思いが大切だと改めて思ったことを機に、仲間が楽しく働くことができ、売上をあげる方法に向け、動き出しました。

 

EIS向上に向け、意見交換ができる場を作る

私が意識したことは、EIS向上の徹底です。個々のコミュニケーションをとる機会を増やし、私自身がキッチンとホールの潤滑油としての役割を果たしました。キッチンスタッフとホールスタッフの間に壁が生まれていた理由は、お互いの仕事内容を理解できていないためです。自分が全てのポジションを経験することで、別の視点が身につくと考え、ドリンクからキッチンに異動し、サラダバーを経験しました。その結果、キッチン内の雰囲気やキッチンスタッフから見たホールの動きを知ることができ、意見交換しやすい雰囲気が生まれたと考えています。

また、バイトを卒業する人に対して送別会などのイベントを開催し、色紙や手作りの通知表を渡しました。頑張っているスタッフは、周りも笑顔で送り出します。「自分もこうやって送られたい」と思う場を作ることが、結果的にスタッフの意識を高めることに繋がりました。

 

リーダーとして、アルバイト先のイベントを成功に導く

店舗では日々の感謝を込め、常連のお客様だけをお招きして行う「周年祭」があります。企画・運営・実行は、全てアルバイトの担当です。2年目にリーダーを経験し「感謝」をテーマに企画しました。ホールは、クレームも感謝も日々受け止める、最もお客様に近い立場です。しかし、その奥にはキッチンで料理をつくるスタッフがいて、さらにその先には生産者の方がいます。そこで周年祭では、思いを届けるプログラムを考えました。

お客様が食べている姿をチェキで撮り、その場でコメントを書いていただき、アルバムをつくるアイデアも、試みのひとつです。そして、生産者の方々にアルバムを届け、思いを伝えることができました。さらに、キッチンスタッフが直接お客様のところまで当日限定の料理を運び、コミュニケーションをとる機会をつくりました。会が成功した喜び、そしてその後の打ち上げでの、スタッフ全員のやりきった表情は、今も強く印象に残っています。

 

将来のキーワードは「人」

将来の夢は、抽象的ですが、自分が関わることで、今後出会う人たちによい影響を与えたい、より良い方向に変えたいということです。しかし、どの場所でも実現できることだからこそ、まだ職種や業種を絞ることができていません。
ただ、私が思うキーワードは「人」です。協調性もあり、リーダーとして動くこともできるオールラウンダーである強みを活かし、自分の力が最大限発揮できるフィールドを見つけたいと思っています。

 

[インタビュー日:2018年2月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る