表現・団体運営の2つの側面からダンスに取り組み
多くの人への影響を与え続ける。

俳優の活動から「表現する」ことへの関心を持ち
ダンサーとしての活動に注力。全国2位という実績を残す。

法政大学 経済学部 現代ビジネス学科

菊地 雄亮

氏名
菊地 雄亮(きくち ゆうすけ)

学校名
法政大学

学部/学科
経済学部 現代ビジネス学科

学年
卒業生

卒業年
2016卒

志望業種・業界
コンサル
サービス
マスコミ
不動産
商社
広告

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
埼玉県

希望勤務地
どこでもOK!!

学生団体
関東大学学生ダンス連盟Σ

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

俳優としての活動から、「表現する」ことの楽しさを知る

小学校から中学校2年までは芸能事務所に所属しており、俳優としての活動が生活の中心となっていました。
『天才テレビくん』といったテレビ番組への出演やミュージカルの公演、上野博物館での映像解説とさまざまな活動を行い、その中で「表現する」ことの楽しさ、また難しさを身をもって学びました。同時に、声を誰よりも出すこと、基本的な挨拶などをしっかりするように意識したことから、社会に生きる上で必要なコミュニケーションや、礼儀作法などについても学べたように思っています。
俳優の活動は中学2年生でいったん一区切りをつけ、そこからは勉学や生徒会長としての活動が生活の中心となっていました。それももちろんやりがいはあったのですが、大学ではまた「表現する」活動を行いたいと思ったのです。そこで、さまざまな団体を探した結果、特に興味を持った、法政大学でも大きめの、150人規模のダンスサークルに入会することを決めました。

 

1から始めたダンスで、最大級の結果を残す

ダンスサークルでは、最初は辛いことも多くありました。周りは経験者の上手な人ばかりで、全くの初心者だった私は「下手だ」と笑われることが多かったのです。自分のダンスは誰からも評価されない時期が続き、私はここからどうすればいいのか、試行錯誤を続ける日々を送っていました。
その結果見つけたのは、「一流の人に教えてもらう」という選択肢です。私が師匠として選んだ方はプロのダンサーだったのですが、私は直接メッセージをお送りし、1年間その方のもとでの修業を行いました。具体的には、その方の公演には必ず足を運ぶようにし、ダンスのチェックも定期的に行っていただく形です。もちろん、自主的な練習もきっちりと重ねたうえで、ひたすらダンスに取り組む日々を送りました。そうした行動を続けた結果、師匠からは自身のダンスを認めてもらうことができ、サークル内でも「一緒に踊りたい先輩ランキング」第一位という評価をいただきました。また、サークルの公演(ミュージカル形式)では主人公を演じることができ、そこからまた新入生をサークルに呼び込むこともできたのです。このことは私にとっての大きな自信につながり、自分のダンスを通して人に影響を与える、その醍醐味を感じることができました。
そこからも練磨を続けた結果、ダンスの全国大会ではチームで第2位をとることができ、メディアからの取材も複数回にわたって受けるようになりました。ダンスを続けることで確実に人に与えられる影響は広がっていたと思うので、今後もダンスの活動には精いっぱい尽力していきたいと思います。

 

学生団体の運営を通して、より多くの人に影響を与える

また、「関東大学学生ダンス連盟Σ」という、ダンスを媒介とした学生団体での活動にも現在注力しています。

関東大学学生ダンス連盟Σ

Σ(シグマ)は、関東地方の38大学50サークル、約5000人のメンバーからなる大規模な団体で、ダンスイベント、コンテストなどの企画運営を自分たちで行っています。その中でも年約10回のダンスイベントが団体にとっての大きな目玉となっており、毎年の総動員数は約1万人を数えるまでになっています。
私自身は、ダンスでももちろん人に影響を与えることはできますが、団体の運営を通して、より多くの人に影響を与えていきたいと思いました。そこでシグマでの活動に尽力し、より規模の大きな活動を行っていくことを決めました。
団体では渉外補佐を務め、その中で多くの大学との交流、また合宿などの企画立案を積極的に行っています。そこでの多くのコミュニケーションから、自分一人では見えなかったダンスに対する一人ひとりの思いや価値観も見えてきて、自分もより人間的に成長してきたと感じました。人と接することで得るものは大きいと思うので、今後も団体内での交流を大事に行動していきたいと思います。
私は来年度から、シグマの代表として活動します。代表という役割を通して、できるだけ多くの人に良い影響を与えるのが私の目標です。この1年は大きな正念場になると思うので、活動にはとにかく誠心誠意取り組んでいきたいと思っています。

 

バイタリティを生かして、生きる楽しさを伝え続けたい

「生きる楽しさ」を伝え続けること、それが私自身の将来的な目標です。
人はみんなそれぞれ異なった能力を持ち、それは必ず何かの役に立つものだと私は感じていますが、自分の能力に自信が持てず、ネガティブになってしまう人も少なくはありません。私は自分の手で、そうした人たちに「生きる」ことの素晴らしさを伝えていきたいと思っています。
私自身、これまで幾多の困難がありましたが、いくつもの経験で培ったバイタリティからそれを克服してきました。こうしたタフさを生かして、自分にできることを真摯に取り組んでいきたいと思います。

[インタビュー日:2014年03月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る