サークルの広報リーダーとして認知度
向上に向け、SNSの情報発信を強化

茶道部の部長やサークル広報リーダー等、人をまとめる立場を
多数経験、傾聴力とコミュニケーション能力を強みに変える。

北九州市立大学 外国語学部 国際関係学科

倉石 真ノ愛

氏名
倉石 真ノ愛(くらいし まのあ)

学校名
北九州市立大学

学部/学科
外国語学部 国際関係学科

学年
4年生

卒業年
2023卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
百貨店・専門店・流通・小売

志望職種
事務系

出身
大分県

希望勤務地
九州、沖縄

学生団体
フェアトレード推進サークルEtica

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり英語話せますインターン経験あり

傾聴力を高め、茶道部の部長として活動

私は、辛いことがあって落ち込んだとしても翌日には「ずっと同じことを悩んでいても仕方ない」と気持ちを切り替えることができるタイプです。落ち込むよりも、次のことにシフトできる点は、自分の長所だと思っています。

また、両親や先生から「勉強・部活などの成長には素直さが大事」だと教わったことを心に留め、素直さを大切にしています。

高校時代は、茶道部の部長を務めました。週に1回の部活では、練習内容を部員に共有し、文化祭で行う『お茶会』を成功させるため、部をまとめ上げました。

成功に向け、私が特に意識して取り組んだことは、一人ひとりの意見に耳を傾けることです。部員30人の意見が、最初からすぐにひとつにまとまることはありません。みんなの意見を取り入れつつ、多くの部員が納得したものを作り上げるため、部長として客観的な視点を大切にしつつも、個々の意見を聞いてコミュニケーションをとってきました。

もうひとつ意識したことは、部長として責任感のある行動です。授業終了後は、誰よりも先に部室に行き、準備をすることでメンバーが集中しやすい環境づくりに取り組みました。部活動で培った傾聴力と責任感を活かし、周囲との信頼関係を築きながら、今後も活躍していきたいと考えています。

 

フェアトレード推進サークルにて広報リーダーに就任

大学2年の10月より、私は、フェアトレード推進サークルの広報リーダーを務めています。サークルのメンバーは、全部で約40人、そのうち広報部は7人です。

当初、私は夏季休暇を利用し、留学を計画していました。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、留学が困難になったため、他にできることを探す中で出会ったのが、フェアトレード推進サークルです。

フェアトレードは、身近な国際協力ですが、一般的な認知度はあまり高くありません。サークルでは、学生や地域の方の認知度を高めるため、SNSを活用し、サークルの具体的な活動内容やフェアトレード商品について発信を続けています。

また大学の地下購買の一角に、サークルとしてフェアトレード商品を揃えたショップを設け、営業日や取扱商品を広報しています。

 

メンバー間とのコミュニケーションを重視、広報として力を発揮

活動において特に難しいと感じたことは、メンバー間のコミュニケーションです。メンバーと直接会ってミーティングを行うことが難しい状況下でもできる方法を考えました。特に活用したのは、オンラインミーティングとLINEです。LINEでの情報共有を積極的に行ったり、他大学の団体の方とのオンラインミーティングで活動の進め方を話し合ったりしたことが、コミュニケーション強化につながったと感じています。

また、高校時代の茶道部での部長経験は、現在の活動にも大きく役立っています。実際に会うことが難しい現在においても、コミュニケーションを意識し、ひとつひとつの役割に責任を持って取り組むことの大切さを改めて実感しています。

また、SNSを活用し、フェアトレードについて活発に情報発信を行うことで、順調にフォロワー数も増加中です。部長からも、取り組みそのものやフォロワー数が伸びている事実に対し「ありがとう」「リーダーを任せて正解だった」と言われ、やりがいにつながっています。

サークルの広報活動を通し、社会人としても大切な、こまめな連絡、コミュニケーションスキルを身につけることができました。また、新しいことにどんどんチャレンジしていく中で、内面も大きく成長できました。中学・高校時代以上に、自分から積極的に動けるようになったと感じています。

 

人事や広報の仕事を通し、働きやすい職場づくりに取り組みたい

将来は人事や広報など、会社や社員の方々を支える仕事に携わりたいと考えています。現在、アメリカ地域研究ゼミを専攻し、人種差別、ジェンダー、LGBTQ等について学んでいるため、LGBTQの方や女性社員の方、全ての社員の方がより働きやすくなるような職場づくりに取り組みたいです。

また、結婚や出産といったライフイベントを迎えた後も働き続け、市場価値を高めていきたいと考えます。

私が尊敬しているのは、母親です。母は、いつも誰に対しても常に思いやりを持っている、心温かい人です。私も母のように誰に対しても常に思いやりと傾聴力を持って寄り添えるような心温かい人になりたいと思っています。

 

[インタビュー日:2021年12月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る