多角的視点と注意力、生産者との信頼
関係構築を行い、農業の想定外に対応

実践的知識や技術を高めるため、TAや農業体験企画の運営に
積極的に参加、日本の食と農業を支える人材を目指し奮闘中。

香川大学 農学研究科

三津野 陽大

氏名
三津野 陽大(​みつの あきひろ)

学校名
香川大学

学部/学科
農学研究科

学年
2年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
メーカー

志望職種
技術系

出身
大阪府

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
タビイク、
ウインドサーフィン部

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり

海外インターンシップに挑戦、参加者から挑戦を後押しする側へ

大学学部2年時の夏、沖縄県主催『沖縄若年者グローバルジョブチャレンジ事業』に参加し、ベトナム・ホーチミンで海外インターンシップを行いました。

私は、中学・高校時代は陸上競技部、大学ではウィンドサーフィン部に所属していました。ウィンドサーフィンに関しては、上位を目指し練習に励むなか、ケガの影響もあり3年時に、マネージャーに転向しています。選手のサポートに加え、全国大会の運営や団体予選の裏方として、大会を開催し成功に導けたことは、私の中での大きな経験のひとつです。

個人としての活動経験、裏方のサポート経験を経て、海外インターンシップでチームの副リーダーとして、チーム全体を観察し、メンバーのアイデアや提案を客観的に判断しました。チームで何かを成し遂げることの楽しさを得たことは、大きな学びです。

また、今回のインターンシップは、私にとって初の海外であり、大きな挑戦でした。今後は自分と同じように、チャレンジをためらっている人を導く立場になりたいと、大学学部3年時に参加を決めたのが学生団体「タビイク」です。多くの仲間に支えてもらいながら、イベントの企画運営、海外での旅企画の引率など、責任ある業務を務め成功させることができました。これらの経験で得たことは、後に大学附属農場を用いて行う農業体験企画での運営などにもつながっています。

 

農業の知識・技術獲得に加え、TAや農業体験企画の運営にも携わる

現在頑張っていることは、専門分野である農業の勉強と活動です。大学学部、大学院と作物栽培学研究室に所属し、イネの栽培に関する研究を行っています。講義や研究だけでなく、より実用的な知識・技術も獲得したいと、日本農業技術検定2級を取得しました。現在は、農作物を栽培している土壌にも関心があり、土壌医検定の受験に向け、大学院での研究活動と並行し勉強に励んでいます。

また、大学附属農場での圃場管理のアルバイトや、学部生のフィールド実習(授業)のTA、大学附属農場との協力のもと、地域の幼稚園の子どもたち向けの農業体験企画の運営など幅広く関わっています。TAや子どもたち向けの農業体験企画の運営において、特に意識しているのは、参加者が楽しみながら農業に触れる仕組みづくりです。まずは関心・興味を持ってもらうことが大切です。ただ指導員としているだけでなく、一緒になり農業を楽しみながら、会話を通じて農業に親しみを持ってもらえることを目指しています。

しかし、研究活動や農場での圃場管理のアルバイトでは、実際に生き物を扱い、自然の中で栽培するため、思い通りにいかない部分も多々あります。いくら最新技術が開発されても、全てが解決できないところが、難しさであり面白さであると感じます。

 

想定外への対応力を鍛え、将来に活かす

大学付属農場では、現在、イネ以外にもさまざまな農産物を生産し、研究分析が終わったお米や収穫した農産物を友人・知人にふるまっています。「とてもおいしかった!」「またつくってほしい」などの言葉はとても嬉しく、この喜びは、格別です。この喜びがあるからこそ、将来は農業や農産物を用いたものづくりの分野で活躍したいと感じるようになりました。

活動において学んだことは、自然相手である農業に発生する“想定外”への対応力です。日頃からさまざまなところに目を向け、小さな変化を見逃さないこと、生産者をはじめとした多くの人とコミュニケーションをとり、多くのことを学びながら信頼関係を構築しておくことの大切さです。農業を通して学んだことを、今後社会人になってからも実践し、活かしていきたいです。
 

縁の下の力持ち的存在として、日本の農業や日本の食全体を支えたい

将来は、研究者・技術者として、農業・農作物を用いたものづくりの分野に関わり続けていきたいです。これまで私が関わってきた生産者の方々は、農業に関するさまざまな知識を持ち、地域や日本の食を支えるエキスパートであり、非常に尊敬しています。これからも何らかの形でかかわりを持って、共にそういった日本の農業であるとか食を支えるパートナーとして、共により良い農業・ものづくりができればと考えています。

 

[インタビュー日:2020年10月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る