イベントを主催し仲間づくりに特化、
周囲を巻き込みながらサポートに尽力

高校時代、野球部での“部員を引っ張るリーダー”経験を活用、
現在はゼミ長として、サーバントリーダーシップを意識し行動。

東京経済大学 経営学部 経営学科

大久保 智喜

氏名
大久保 智喜(​おおくぼ ともき)

学校名
東京経済大学

学部/学科
経営学部 経営学科

学年
4年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
IT系
事務系
営業系

出身
東京都

希望勤務地
関東

学生団体
学生団体語りWA、
軟式野球サークルKBC

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり

中学の挫折を乗り越え、高校時代、リーダーとして野球部を強化

高校時代に私が最も注力したことは、野球部の強化です。中学時代には、名のあるシニアリーグに所属し、学年キャプテンに任命されたものの、練習中のケガにより野球の道が閉ざされてしまいました。野球に対する熱が冷め、挫折感を味わっていたため、高校進学時にも推薦がもらえる場所を適当に選ぶような状態でした。

高校入学後には、再度野球ができる状態になったものの、内情を知らなかったことから、人生初のコールド負けを経験しています。チームの力になれなかった自分に対しては、悔しさを通り越した怒りの感情しかありません。

必死に練習に取り組む中で、先輩の引退後には主将に任命されました。任命された次の日に私が部員全員に対して質問したことは、「楽しい野球をしたいか、勝つ野球をしたいか」です。全員が勝つ野球を選んだことで、練習環境の整備や練習メニューの改善を進め、部員全員を引っ張るリーダーとして活躍しました。その結果、引退時には、高校の野球部の歴史の中で、最も良い成績をおさめることができました。

 

就活系、スポーツ系のイベントを主催し、仲間をつくる

大学入学後、私は、今後社会で生き残るためには、経営を学ぶべきだと考えました。学びに関して、最も効率が良いと感じた手段がイベント開催です。私は相談をされることが多く、問題の解決に喜びを感じる人間です。しかし、私の力では解決できない内容もあります。そこで、悩みを共有し、他の人を巻き込んだ上で、解決するイベントを思いつきました。活動を開始したのは、大学2年1月です。当初は他のイベントに参加する中で、自分自身の輪を広げていきました。現在はもう1人の仲間と一緒に活動中です。

イベントの内容は、主に就活系とスポーツ系の2種類です。就活系イベントでは、仲間づくりを目的とし、私自身も周りを巻き込む力を養っています。スポーツ系に関しては、野球がメインです。同じ趣味を持った人たちが集まることで、社会人になった後も一緒に関わっていける仲間づくりを目指しています。

活動において苦労したことは、人の巻き込み方と集客面です。特に集客をする際のアポに関しては、話が全く盛り上がらず、ほぼ沈黙で終わってしまったときもあります。現在、集客に関しては、とにかく数を増やすと同時に、最初の信頼づくりに重きを置くようになりました。イベントに集客する前に、相手のことをとにかく知り、話を広げていくこと、自分に対して安心感を感じてもらえるような話し方・表情を意識しています。また、自分自身にも興味を持ってもらえるよう、自分のブランディングづくりにも注力しています。

 

イベントにより参加者の行動を促すことに成功

イベント主催のモチベーションは、参加者からの感謝の言葉と、参加後の行動です。最近では、就活系のイベントを開催し、就活に動き出せていない3年生を集め、動機づけを行いました。その結果、実際にエントリーシートの提出をした人や、就活の仲間づくりコミュニティを作ろうとしている人が誕生しています。ひとつの成果が出たことを、大変嬉しく思います。

一方、就活系イベントはオンラインのため、相手の表情がよく見えます。スマホを触っていたり、無表情で聞いていたりする姿を見ると、精神的に辛いものがありますが、内容を見直したり、より興味を持ってもらえる伝え方を考えたりと検討中です。

今後のイベント開催については、スポーツ、野球に力をいれる予定です。東京の大田スタジアムに人を集め、野球を通したつながりをつくることや、野球の力で社会人と学生をつなげて、就活だけでなく社会人になった後もつながれるようなプラットフォームづくりを目指しています。

 

ゼミ長に就任、“支えるリーダー”として活動

現在は、大学のゼミ活動においてゼミ長を務めています。高校時代には、グイグイ引っ張るリーダーとして動いていたため、当初は大学でも積極的に発言していました。しかし、高校時代の正解も、大学のゼミ内で求められているとは限りません。そこで、意識を切り替え、周囲を支えるリーダーとして行動中です。

将来に関しては、まだ具体的に決めていません。しかし、人に感謝され、必要とされる人間になりたいです。20代に関しては、抽象的ですが、自分がワクワクできる環境に身を置き、行動する中で人に感謝されるような結果を残したいです。そして30、40代になる頃には、今度は自分がワクワクできる環境やサービスを提供できる側に回っていたいです。

 

[インタビュー日:2020年8月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る