学生NGOの活動を通して、
団体運営に不可欠な「ビジネス」の素養を学ぶ。

大学の厳しい通学状況に問題意識を覚え、
自ら新しくカーリース事業を提案、実行に移す。

国際教養大学 国際教養学部 国際教養学科 グローバルビジネス課程

佐々木 大地

氏名
佐々木 大地(ささき だいち)

学校名
国際教養大学

学部/学科
国際教養学部 国際教養学科 グローバルビジネス課程

学年
卒業生

卒業年
2015卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
メーカー
広告・通信・マスコミ

志望職種
営業系

出身
埼玉県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり英語話せます現在留学中

学生NGOの活動の中で、「ビジネス」のマインドを学ぶ

大学では、学生NGO「V-ACT」の活動に力を入れてきました。
V-ACTは、フィリピンに特化した国際協力活動を行う団体です。私自身は1年生時に、V-ACTの立ち上げに携わり、そこからおよそ1年間、この団体での活動に注力してきました。
それまでは、もともと存在する国際協力団体に入っていたのですが、その団体での活動は大部分が座学であり、アウトプットに生かす機会がほとんどありませんでした。「実戦的な経験を積みたい」と思っていた私は、仲間に相談を持ちかけ、そこから新しく団体を立ち上げることと、そこでできる限りアウトプットを行うことを決めました。
そこで中心的に行ったのは、「図書館プロジェクト」という、日本の絵本をフィリピンの、主に貧困地域に住む子供たちに送るプロジェクトです。具体的な流れとしては、まず地元の小学校の保護者、また児童などからいらなくなった絵本を集め、それを自分たちが英語に翻訳します。そこから現地の大学でタガログ語(フィリピンの公用語)に翻訳してもらい、児童施設に送ってもらうという流れで、これまでに、およそ200冊の絵本をフィリピンに送ることに成功しました。

団体で工夫したことは、人間関係の調整です。団体のリーダーはトップダウン型の、「俺についてこい」というタイプの人で、強いリーダーシップがある半面、メンバーとの意思疎通がうまくいかないこともありました。そのため、団体の内部に緊張が走ることもあったのですが、私は仲介役として「両方の意志を伝えあう」ことを意識し、両者の関係をよりよいものにできるように行動していました。結果としては、メンバーはそれぞれ良い関係性を築けるようになり、私の行動は意義のあるものであったと感じています。

また、私は団体の活動を通して、「ビジネスの大切さ」を学びました。それまでは「ビジネス」と「国際協力」は別物であると私は思っていたのですが、団体を運営する上で、「ビジネス」に関する知識は不可欠であることを学んだのです。例えば、屋久島でインターンシップを行ったことがあったのですが、そこでは団体の基盤がしっかりしていなかったため、継続した活動を行うことができていませんでした。どのような団体においても、会計や渉外などの「基礎」を固める必要があることを私は学び、現在は大学の「グローバル・ビジネス学科」でマネジメントの勉強に専念しています。基礎となる「ビジネス」をしっかりと学び、実際の活動に積極的に生かすこと。それが、現在の私が持つ目標です。

 

大学での需要を考え、「カーリース事業」を提案する

他に力を入れていることとしては、「カーリース事業」の立案、また実行があります。
私の通う国際教養大学は交通的な不便さが大きく、通学には車が必要不可欠となります。しかし、学生にとっては金銭的な負担も大きいため、私は「何かアプローチできることはないか」とつねづね考えていました。

そこで思いついたのは、「カーシェアリングを行う」という考えです。まず、大学近くにあった自動車工場とご縁があったこともあり、ビジネスプランを仲間と作成しました。しかし、「カーシェアリング」は思った以上に時間と手間がかかるものであり、そこから改めて、カーリースに特化した事業を立案したのです。
その事業の運営、また自動車工場とAIUを繋げる活動に尽力しているのが現在です。学生の方からは思った以上にレスポンスが来て、運営のやりがいを感じることができています。いずれは他のコミュニティにも活動を広げ、ビジネスという視点をより考えていきたいと思っています。

 

「自分が熱中できる」職に就きたい

将来は、「自分が熱中できる」職に就きたいと考えています。
起業も就職も魅力的な選択肢であり、「具体的にどうするか」はまだ自分の中では定まっていません。しかし、留学を含めた残りの大学生活では「自分のやりたいこと」に積極的に挑戦し、そこから「何をしたいか」を明確に定めていきたいと思っています。
私は人を喜ばせること、「人との関わり」に特に興味があります。そうした興味を軸に、職業を選んでいきたいとも思っています。

[インタビュー日:2013年08月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る