サークル学生代表就任、周囲の意見を
引き出し、適材適所な役割分担を指示

段階を踏み積極性を獲得、指示するリーダーから話し合いの
円滑化や周囲の意見の拾い上げを可能とするリーダーへと成長。

東北福祉大学 総合マネジメント学部 産業福祉マネジメント学科

佐々木 瞳

氏名
佐々木 瞳(ささき ひとみ)

学校名
東北福祉大学

学部/学科
総合マネジメント学部 産業福祉マネジメント学科

学年
4年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
事務系
営業系

出身
岩手県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
ストリートチルドレン芸術祭、
PASS(Positive Action Students Supporters)

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

テニス部の活動を通して、積極性を獲得

高校時代、私は硬式テニス部の活動を通じて、内気な自分の殻を破り成長することができました。私が通っていたのは、中高一貫校です。中学生から硬式テニスに取り組んできた私は、高校1年次に経験者としてまとめ役を求められました。自ら進んでメニューを提案したり困っている様子の部員に声をかけたりと、基本的なことから取り組むことで、2年生になる頃には積極性が身についたと感じます。また、毎朝誰より早くテニスコートに行き、トレーニングに励むなど人より多く練習することを心がけていました。その結果、岩手県の県民テニス大会においても、シングルス3位の結果を得ることができました。

3年生になると、自分の意見を積極的に発言できるようになり、自ら学級委員にも立候補しました。私を大きく成長させてくれた部活動は、今も誇りです。

 

国際ボランティアサークルの代表に就任、原画展を通して思いを発信


現在は国際ボランティアサークル「ストリートチルドレン芸術祭」と、防災教育をメインに行なうボランティアサークル「PASS(Positive Action Students Supporters)」の2つの活動に注力しています。ストリートチルドレン芸術祭では、東南アジアやアフリカなどの孤児院で暮らしている子どもたちや貧困で普通に学校に通うことができずフリースクールに通う子どもたちへの支援を行なっています。子どもたちにテーマに沿った絵を描いてもらい、原画展示会の開催やチャリティグッズの作成・販売による収益金を現地の支援団体を通して寄付してきました。2年次には学生代表を務めたこともあり、特に思い入れが強いです。

‘19年度には、東京・仙台の2ヵ所で原画展示会を開催しました。当初見込んでいた来場者人数よりも多くの方に来ていただき、とても嬉しかったです。SNSでの原画展示会情報を見て来たという方や展示会場の前に提示していたポスターに興味を持ったという方もいて、自分たちの準備の成果がしっかりと形に表れていることに感動しました。そして何よりも、絵を通して子どもたちの現状や伝えたいことを知っていただけたことに喜びを感じます。

 

話し合いの円滑化、適材適所に役割を振り分ける力を獲得

活動を通して学んだことは、リーダーとしての働きです。就任当時、進め方がわからず悩んでいた私に、当時のゼミの先生から「プラチナ未来人材育成塾」のチューターボランティアを教えていただきました。「プラチナ未来人材育成塾」とは中学生が5日間で各分野を代表する講師の講義を受け、「プラチナ社会」と「SDGs」を題材に考えを深め、最終日にグループ単位で発表を行うというものです。チューターのボランティアを行なう上で、ファシリテーター養成講座を受け、ノウハウを学びました。その結果、当日も担当したグループに合う方法を考え、進行を工夫したことでスムーズな話し合いの場を設けることができました。この経験を通し、私が今まで実行できていなかった話し合いの円滑化や適材適所に役割を振り分ける力が身についたと感じます。

高校1年次の私は、どちらかといえば消極的でしたが、経験を積み、積極性を身につけることができました。高校時代の積極性は、一方的に指示をしたり先頭に立ってやり方を教えたりするものでしたが、大学のサークルでは、周囲の意見を引き出したり、適材適所に役割を振り分けたりすることが求められました。最初は、うまくいかないこともありましたが、周囲のサポートやチューターボランティアで得た学びを活用し、メンバーが自主的に発言する雰囲気をつくったり、巻き込むことの大切さに気づけたりしたことを嬉しく思います。

活動目標に向け、入念に準備をしたとしても達成できないこともあります。しかし、悔しさがあるからこそ、準備の改善点を見出すことができ、改善の結果、目標を達成できたときには、より一層嬉しさ、楽しさ、誇らしさを実感するのだと感じました。

3年次は、後輩を支える立場です。代表就任の大変さを理解した上で、自分が得た知識や経験を後輩たちに伝えていきたいです。

 

企業・組織の基盤を支える仕事に就き、成長し続けたい

私の目標は、学ぶことを楽しみ、成長を続ける大人になることです。新たな自分の課題を見つけ、達成するための学びに取り組んでいきたいです。仕事に関しては、現段階では公務員、一般企業含め、幅広く検討中です。まだ私が知らない業種や職種もあると思いますから、出会いも大切にしたいです。全体的には、企業や組織の基盤を支えるような営業や事務の仕事に就き、常に成長しながら働ける環境を描いています。

 

[インタビュー日:2020年4月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る