アカペラサークルにて調整役を担い、
中立的立場で他者の意見を受け入れる

合唱、アカペラを通し人と一緒に作り上げる喜びを体感、自らの
担当だけでなく全体に目を向け、多様な視点や考え方を知る。

神田外語大学 外国語学部 国際コミュニケーション学科

山越 祐人

氏名
山越 祐人(やまこし ゆうと)

学校名
神田外語大学

学部/学科
外国語学部 国際コミュニケーション学科

学年
3年生

卒業年
2023卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
メーカー
業種・業界は問いません

志望職種
IT系
技術系

出身
千葉県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
CLAP! CLAP!!

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

英語話せます

高校時代は合唱部に所属、パートリーダーを経験

高校時代、私が最も力を入れたことは合唱部の活動です。中学時代は美術部に所属していました。しかし、絵は1人で描くことができますが、合唱は1人ではできません。「人と一緒に何かを作り上げる体験をしたい」と思い、合唱部に入部しました。担当パートは、一番低い「バス」です。バスパートは、全体を下から支え、低音でグッと締めるような役割です。

2年生後半からは、バスパートリーダーを務めました。楽譜の部分ごとに込める感情や強弱、音量のバランスを他のパートリーダーと相談し1曲の完成を目指しました。

また、バスパート内でも、楽曲について話し合う機会が多いです。意見をまとめつつ、曲の解釈について、できるだけ自分の意見を述べることを意識しました。ただ、曲の解釈は人によって異なります。自分の回答が100%正解でもなければ、みんなで見つけたからといって正解でもありません。審査員の目に留まり、評価されるかどうかも別の問題です。最終的な答えを出す難しさもありました。

表現の方向性を合わせるため、実際に歌って録音し、みんなで聴きながら本番に向けて調整しました。楽譜に書き込み、ひたすら練習を繰り返したことで、自分たちが理解した上で歌うことができたと思います。合唱経験を通じて、自分の意見を伝えることや議論する重要性を学び、部活以外の時間でも積極的に発言できるようになりました。

 

アカペラサークルに所属、“お父さん”として調整役を担う

高校時代の経験を活かし、大学でもアカペラサークルに所属しています。現在の担当は、リズムを担う「ベース」です。合唱部時代のバスと同じく、曲全体を下から支える、低音で曲を味付けする役割を担っています。

サークル内では、企画係も担当しています。しかし、コロナ禍でイベントの開催が難しい状況が続きました。その中でも、サークル長や副サークル長と会議を重ねつつ、できることを探しました。感染拡大の状況を見ながら、短時間ながら2時間のアカペラ体験会ができたことは、よかったと思っています。また、2021年7月から、本格的に活動を再開し、今では集まって練習をしています。

サークル内での私の立ち位置は、家族で例えるなら “お父さん”です。表立って動いている人に対し、サポートをしています。時には、3年生と4年生で意見が分かれることもありますが、3年生の味方だけをするのではなく、両方の意見を聞き、中立的な立場でものごとを見るようにしています。すべてがうまく調整できたわけではありませんが、間に入り、調整する役割を担うことが多いです。

私自身、高校時代の合唱部で人と歌う楽しさを知りました。アカペラサークルに入り、また別の楽しさを感じています。アカペラが好きだからこそ、同じくアカペラが好きな人が集まったサークルの雰囲気を悪化させたくはありません。できるだけメンバー内の衝突を防げるように動きたいとの思いが強いです。

 

周囲の声や音に耳を傾ける中で、人の意見を聞く重要性に気づく

活動を通して気づいたのは、周囲の人の声、音を聴くことの大切さです。自分の楽譜には、他パートと同じタイミングでの音符もあります。そこで、私は自分のパートの音やリズムを覚えるだけではなく、周囲の声を聴き、曲全体に意識を向けることを意識しました。その結果、リズムを合わせることが得意になり、曲のハーモニーを楽しめるようになりました。

人の話をしっかりと聴くことは、アカペラだけでなく、日常でも大事な観点だと学びました。特定の方向だけで物事を見ると、別の視点にいる人や異なる見方に気づかないかもしれません。その結果、誤解が生まれることも考えられます。私は、誤解による人間関係の不和が最も悲しいことだと思います。だからこそ、一方的に決めつけず、まずは人の意見を聞くことを心がけています。

 

自らのスキルや経験を活かして働きたい

日常的に行っている「人の意見を聞くこと」「人の立場に立って物事を考えること」を、将来にも活かしたいと思っています。例えば、ニーズに合わせた商品提案、製品の企画やデザインにも興味があります。今までのスキルや特技を活かした仕事や、自分の発想力を活かし人の生活を豊かにできる仕事をしてみたいです。

 

[インタビュー日:2022年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る