周囲への気配りと状況に応じた判断で
個人やチーム全体の成功をサポート!

部活のキャプテン&オリエンテーションリーダーとしての
成功体験を糧に、他人の潜在能力を引き出せる人材を目指す。

東北学院大学 経営学部 経営学科

吾妻 育

氏名
吾妻 育(あがつま いく)

学校名
東北学院大学

学部/学科
経営学部 経営学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
広告・通信・マスコミ
銀行・証券・保険・金融

志望職種
事務系
営業系

出身
宮城県

希望勤務地
東北、関東

学生団体
オリエンテーションリーダー

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

バスケットボールを通して精神的に成長

私は小さな頃からバスケットボールに親しんでおり、小学4年生から高校3年の夏まではキャプテンとしてチームを引っ張ってきました。バスケットボールは生活の一部で、それによって体力的にはもちろん、精神的にも大きく鍛えられたと思います。

たとえばチームを率いていくためには「雰囲気作り」が大事です。そのためには、個人のプレーだけでなくチーム全体を考えることが必要です。私のチームは個人能力が決して高くなかったので、特にチーム全員が同じ気持ちを持って、同じ目標に向かうことが重要でした。実際にそうすることで、実力以上の力を発揮できたと感じています。

もちろん、いつも順調だったわけではありません。チームの人数が多かったため、ときには下級生にまで目が届かず部員が辞めてしまうこともありました。それでも練習の合間や夜などの時間を使って一人ひとりと向き合い、可能な限りコミュニケーションをとるよう心がけてきました。

キャプテンとして多くの人たちと出会えたことや、自分とチームを成長させられたことは私にとってかけがえのない財産です。

 

オリエンテーションリーダーとして後輩をサポート

大学では3年の春まで「オリエンテーションリーダー」をしていました。オリエンテーションリーダーの役割は、オリエンテーション期間中に新入生をサポートすることです。私自身、入学当時はオリエンテーションリーダーのおかげで学校に馴染むことができました。今度は自分が他人をサポートする側に立ちたいと思ったことが、活動に参加した動機です。

東北学院大学には毎年3,000人近い新入生が入ってきますが、私が担当したのはそのうち400人ほどでした。わずか5日間というオリエンテーション期間中に、400人の人と一人ひとり向き合うのは簡単なことではありません。それでもオリエンテーション当日までに自分が担当する新入生全員の顔と名前を覚えることで彼らに安心感を与え、それぞれの個性や長所を引き出すことに努めました。

オリエンテーションリーダーには他にも役目があります。学生課の方や旅行会社、バス会社の方々と打ち合わせなどを行い、オリエンテーションに向けたさまざまな準備をするとことです。やるべきことは多く大変でしたが、みんな一緒にイベントを作り上げる経験は私にとって大きな学びと成長の機会となりました。加えて大勢の新入生の笑顔を見られたことも、「頑張ってよかった」という充実感を私に与えてくれました。

 

「人の変化」に立ち会いたい

今後、どういう道を選ぶかは具体的に決まっていませんが、できれば「人が持つ潜在能力を引き出せる仕事」に就きたいと思います。私はこれまでバスケットボールのキャプテンとして、またオリエンテーションリーダーとして、さまざまな人と接してきました。その中には私のサポートを通して大きく成長し、笑顔になった人もいて、そのことは今も私のモチベーションになっています。

社会に出てからも、同じ経験をしたいというのが私の願いです。人が何かのきっかけで変化する瞬間に立ち会うことで、私自身もそこから力を得ていきたいと思っています。

 

[インタビュー日:2019年12月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る