新たな世界に積極的に飛び込み
努力によって新たなステージへ進む。

ハンドボールサークルの設立、商品開発など新たな挑戦で
積極的に自分の殻を破り成長していく。

明治大学 農学部 食料環境政策学科

相原 隆志

氏名
相原 隆志(あいはら たかし)

学校名
明治大学

学部/学科
農学部 食料環境政策学科

学年
卒業生

卒業年
2016卒

志望業種・業界
コンサル
メーカー
商社
百貨店・小売・専門店
金融・証券・保険

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり全国大会出場

ハンドボールを通して、心身ともに成長する

小学校から現在まで、ハンドボールの活動に力を入れています。小学校4年生の時にクラブの活動として始め、中学校、高校では学校の部活でハンドボールを行っていました。特に尽力していたのは高校時代で、ここで私は一番、ハンドボールという競技に向かい合ったように思います。
私の高校はハンドボールの名門校で、部員はレギュラー制度を取っていました。レギュラーをとることはとても難しく、かつ、一度ミスをしたらレギュラーを外されることもしばしばあったのです。私は、部の中心に立つために、「とにかく練習を積み重ねる」ことを意識しました。
具体的には、まだ誰も登校していない朝早くに登校し、ランニングなど自主トレーニングを積み重ねていました。また、学校が終わった後も夜遅くまで練習し、部の誰よりも練習に尽力するようにしたのです。そのおかげで、レギュラーとして全国大会出場などの成績を残すこともでき、部に対して確かな実績を残すことができました。
また、コミュニケーションにおいても、向上した点は多かったように思います。部活の大会では他県の選手と戦うことも多く、彼らと関わる中で新しい気付きは多く存在しました。
また、部のメンバーとも積極的に対話を積み重ねることによって、自分が組織の中でどのように振るまうべきかなど、現在に生かせる姿勢も備わったように思います。技術だけでなく、精神的にも多くのことをハンドボールから学びました。

 

大学でハンドボールサークルを設立し、組織として安定させる

高校までのハンドボールで得たものは多かったので、大学でもハンドボールを続けようと思いました。しかし、大学にはハンドボールサークルは存在しなかったのです。そこで、「何かを一から作ってみたい」と以前から考えていたこともあり、自身でハンドボールサークルを設立することを決めました。
最初は、設立してすぐということもあって、練習場所や人員も確保できませんでした。また、メンバーもほとんどが初対面ということもあって、なかなかなじむことも困難な状態だったのです。ここから先をどうするべきか、設立者として改めて真剣に考えました。
そこで決めたのは、「とにかくコミュニケーションをとる」ということです。内部のメンバーとは対話を続けて団体の一体感を生み、また外部へも、地域の方々と粘り強く交渉を積み重ねることによって、練習場所を確保しました。そこから、サークルとしてのまとまりも出てきて、試合などにも出場ができるようになりました。
サークルを含めた、ハンドボールの経験で得たものは数え切れないほどですが、特に大きかったのは、「組織」を作る上での人間関係の大切さを学んだことです。信頼関係をきちんとした上で、初めて活動ができるということを実感できるようになりました。

 

「商品開発」という新たな世界への扉を開く

大学では、商品開発の活動にも力を入れています。
現在、パン屋での商品開発と、そこから派生したジャムの商品開発、魚介類に関連した商品開発を行っており、どちらも少しでも意義のあるものができるよう、日々尽力しています。同時に、これまでビジネスを学んだことがなかったので、「貪欲に学ぶ」ということを意識して、活動を行うようにもしています。
きっかけとしては、私は大学で農学部に所属しており、その現場実習で農家を訪れたことです。そこでは、農家の方が手間暇をかけて作った農産物の、その価値が一瞬でゼロになることが決して少なくはないことを知り、自分にできることについて、改めて考えてみました。そこから、所属していた学生団体の仲間たちにも声をかけ、廃棄になりそうな野菜を利用した、パンの商品開発を行うことを決めました。
私自身は、生産者の方や農業生産者の方との交渉を中心に行っています。実際に農業に携わる方のニーズを引き出し、その上で自分たちの想いを伝えるようにもしています。
そこで意識していることとしては、密なコミュニケーションをとるということです。農家さんにとっては、自分たちの野菜がどのように商品化されるか、またその過程を詳しく知りたいという思いが強いでしょうし、私たち自身もそこに応える必要があります。そのため、できるだけ密接なコミュニケーションを意識するようにしています。
実際に農家の方から感謝の手紙をもらったこともあり、私のこうした姿勢は何かしらの意義があったように思っています。自分の想いを姿勢で見せることを、この経験から意識するようになりました。
また、大学の教授から声をかけられたこともあり、魚介類の商品開発にも携わるようになりました。そこでは、チームワークの構築に力を入れています。私はチームのリーダーという役割を担っているのですが、最初はなかなかメンバーが集まらずに苦労しました。そこで、活動以外もみんなで顔を合わせるなど、チームの関係性を築くことを意識してみたのです。そこから、チームでのアウトプットもより質の高いものとなり、企業の方からも良い評価をいただけるようになりました。ハンドボールでの経験に加え、「人間関係を構築する」大切さをここでも意識するようになりました。

 

恐れずに挑戦を続けたい

私は、大学の内外を問わず、様々な分野で動くようにしているのですが、そのおかげで自分の世界は広がり、自身のリーダー性が評価されるようにもなりました。かつ、これまで培ったロジカルシンキング、ファシリテート能力を使って、今まで知らなかった領域の内容でも最高の評価をいただき、プレゼンテーション能力にも自信が出てきたように感じています。今後ともそうした姿勢を大切にして、社会人としての生活を歩んでいきたいと思っています。
具体的な職業としては、まだ色々と見ている段階ですが、「恐れずに一歩を踏み出し、困難をバネに成長できる」人間でありたいと思っています。そこからまた、新たな世界を見出せるような人間でありたいと思っています。

[インタビュー日:2014年06月]

相原隆志
・パン屋の商品開発、ジャムの商品開発
【http://meiji-univ.jp/koho/meidaikouhou/201407/p03_01.html】
・魚介類関連での商品開発
【http://www.nisikyu.co.jp/collabo_meiji.html】
・日本たばこ協会(JT)と大学が連携したプログラムで、ダイバーシティ推進に関するアイデアを提案
【http://www.meiji.ac.jp/koho/press/2014/6t5h7p00000hu3rm.html】
・大学の演劇団体の運営に携わる
【http://www.kisc.meiji.ac.jp/~bunpro/henry5/index.html】
・野沢温泉村への学生派遣プロジェクトの参加
【http://meiji-univ.jp/social/liberty/information/6t5h7p00000hn311.html】

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る