大学アメフト部に訪れた変革の時、
選手自ら行うチーム運営の中心人物に

何度も同じ相手に敗れる積年の想いを胸に、
部の歴史に前例がない選手主導の運営を行う。

立命館大学 経済学部 経済学科

荒木 拓也

氏名
荒木 拓也(あらき たくや)

学校名
立命館大学

学部/学科
経済学部 経済学科

学年
卒業生

卒業年
2016卒

志望業種・業界
メーカー
商社
金融・証券・保険

志望職種
与えられた仕事ならなんでも
事務・管理系
企画系
営業系
総合職

出身
京都府

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
体育会アメリカンフットボール部

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり全国大会出場

父の一言がきっかけでアメフトに出会う

アメリカンフットボールを始めたのは、ふとしたきっかけでした。中学入学まで水泳に専念してきた私は、中学に水泳部が無いことから他に打ち込めるものとしてサッカー部に入ろうとします。しかし、「素人が途中から参加しても、満足な成果を上げられない」という、父が投げかけた言葉に触発された私は、新しく始めるならみんなとスタートラインが同じものを始めようと、アメフトへの道を歩み始めます。アメフトは面白いもので、身体能力だけでは通用しません。戦術や瞬時の状況判断を常に意識しなければ、成り立たないスポーツです。部員のほとんどが競技初心者だったので、みんなと共に一つひとつの課題をクリアしていき、少しずつ上達していきました。
今でこそ、大学のチームで副将を務めている私ですが、この頃は人見知りでアメフトへの自信もなく、リーダーシップをとるような人間ではありませんでした。人前に率先して出るようになったのは、3年生になりポジションリーダーを任されてからです。自分の言葉に部員が反応し、信頼や期待を抱いている。周りからの熱いまなざしが自分を奮い立たせ、チームの中心人物としての自覚を芽生えさせました。
 

恐怖に打ち勝つ

中学から高校へ進むと、怪我との戦いが待っていました。激しいプレーが増えたことで、たびたび骨折に見まわれます。普通、自分からタックルをすれば怪我をしません。そのほとんどは、心のどこかに恐怖があり、消極的となったところを相手に突っ込まれて負ったものでした。怪我の原因となった恐怖心に打ち勝つため、よりアグレッシブに突き進む自分のプレースタイルを築き上げていくきっかけとなりました。
 

全てをチャンスだと思え

現在もアメフトを続けている私は当初、スポーツ推薦が大半を占める部内で劣等感を抱き、何度も辞めようと思いました。
高校時代に主将を経験していたこともあり、リーダー性はコーチから褒められますが、試合には出してもらえませんでした。同じ1回生でも試合に出ている人がいるなか、私は選手としての能力を買われなかったのです。プレーヤーとしての自信を無くした私は、裏方である学生スタッフになるとコーチに告げます。ところが、コーチは、「君のプレーをしっかり見ていないんだ。もっと頑張ってみないか」と、発破をかけてくれました。レギュラーでもない私に、失うものは何もない。目の前のことをこなしていけば必ずチャンスが転がりこんでくる。そう信じて練習に打ち込みます。たとえ小さなことでも、チャンスをモノにできるか逃すかの分かれ目になると、日々の生活の細かなところにも意識を持つようになりました。試合に出られない日々が続き、もどかしい気持ちを抱えながら、長いトンネルを抜けてようやく出場機会を掴んだのは、3回生になってからのことでした。試合にでるようになると、自分のことで必死だった私の意識は、チームに対してどう貢献ができるかに変わっていきました。そして、4回生になり、チーム運営に携わる副将に立候補します。
 

常勝チームに訪れた変革の時

中高大と全国を経験し、私のアメフト人生には、常勝を義務づけられていると感じていました。周りの学校が全国を目標にするなか、少なくとも全国でどこまで勝ち進むかが目標でした。特に大学では歴史あるチームに所属していたため、対戦相手よりもOBや関係者からのプレッシャーの方がキツく感じていました。加えて、チームは過去5年間同じ相手に敗れ、関西2位という結果が続いていたのです。
この状況を打破するため、私たちの代が中心となってチーム改革を行います。それは、チーム運営を学生の手で自主的に行うことでした。副将の私は、主にチーム内の練習メニューやスケジューリングを担当しています。当初、私たち4回生の意見ばかり通してしまい、下級生や学生スタッフに負担を強いていました。副将になるまで、下級生へのアプローチを担当していた私は、チーム全体が前に進むためには、自分たちの意見ばかり押し付けても意味がないことに気づきます。コーチや同級生と下級生の板挟みになりながらも、メニューを試行錯誤する日々が続きました。1ヶ月スパンで目まぐるしく変わるスケジューリングにも柔軟に対応していき、ようやく形が固まってきたのです。こうした取り組みが秋の本番で成果となって表れるよう、雪辱を胸に日々精進しています。
 

自分が関わるものを世に出す

アメフトで鍛えられた根性を活かし、モノづくりの分野、特に車のような日本を代表する産業に関わりたいと思っています。自分の手掛けたものを形にして世に出していくことが楽しみです。私にとって車は生活の身近な存在で、出かけるときには、必ずと言っていいほど車を利用します。そんな身近にあるものが、自分の手掛けたものだと喜びもひとしおなのです。

[インタビュー日:2015年5月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る