お客さまの背景や状況を理解、適切な
サービスや提案で顧客満足度を高める

学生団体に所属しラオスの教育支援に尽力、現地ヒアリングで
ニーズを把握、想像よりも行動の重要性を強く実感し活動中。

関西外国語大学 外国語学部 英米語学科

武道 美紗

氏名
武道 美紗(ぶどう みさ)

学校名
関西外国語大学

学部/学科
外国語学部 英米語学科

学年
3年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
サービス・インフラ

志望職種
販売系

出身
愛媛県

希望勤務地
関東

学生団体
学生団体I-RIS

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり

ダンス部の活動に尽力、チームワークの大切さを実感

高校時代に頑張ったことは、ダンス部の活動です。暑さ・寒さに耐え、厳しい練習に励みました。創作ダンスもしていたため、踊りで感情を伝える難しさも痛感しています。

辞めたいと思ったこともありますが、サッカーのハーフタイムや地域のお祭り、イベントなどで踊る機会も多く、たくさんの歓声や拍手をいただいたことで励みになり、これからも観客に楽しんでもらいたいとの気持ちで、練習に励むことができました。

当初難しいと感じた創作ダンスの振りも、他の人の振りを取り入れたり、全体の構成を見てから自分のパート部分を作ったりと工夫をこらすことで、作りやすくなりました。

さらに運動会の時期、私が担当したのは、全校生徒で踊る振りを教える役目です。短時間で教えることは大変でした。しかし、わかりやすく伝えるにはどうすればいいかを考え、創意工夫したことが結果につながっています。本番に全員が完璧に踊っている動画を後から見たときには、頑張ってよかったと思いました。ダンスを通じてチームワークの大切さを学ぶことができました。

 

学生団体に所属、ラオスの教育支援に取り組む

大学入学後は、主に2つの活動に尽力しています。1つ目は、ラオスへの教育支援を行う学生団体「I-RIS」の活動です。学校の建設や教育設備を充実させるための支援金を集めるため、主に路上募金や協賛活動、チャリティイベントに取り組んでいます。

季節を問わず大声を出したり、イベントに多くの参加者を募ったりといったことはとても大変ですが、子どもたちのことを考え、少しでも多くの支援がいただけるように頑張っています。みんなで声をかけて励ましあったり、良い案を出すために話し合いに力を入れたりと、全員が積極的に活動中です。路上募金で多くの支援金が得られたり、募金をしている時に応援の声をかけてくださる方がいたり、イベントに大勢が足を運んでくださったりしたときには、大きなやりがいを感じます。

また、実際にラオスの小学校を訪問し、先生にヒアリングした上で支援内容を考えることも、活動のひとつです。金銭的支援に加え、教育、うちわの作り方や日本のラジオ体操を教えること、ゴミを拾う習慣づけまで、幅広い活動に取り組んでいます。

私は、現地を訪れるまでラオスの国に対する知識が乏しく、最貧国の言葉からもポジティブなイメージは抱いていませんでした。でも、現地の子どもたちは、とても幸せそうで元気です。自分の想像していた国とは全く違うことに驚きました。ボランティアを通してどういった支援をするべきか、何が必要かを考える上でも、自ら行動する大切さを学びました。

 

ホールスタッフとして“気づき”を大切に接客

もう1つ力を入れていることは、飲食店でのホールスタッフのアルバイトです。アルバイトをする上で、私が大切にしているのは“気づき“です。例えば、空調を気にしているお客さまに対してはブランケットを提供したり、白湯をお出ししたりします。また、小さなお子さま連れのお客さまがピザを注文されたときには、お子さま向けのピザ焼き体験「ピッザニア」をご案内することもあります。個々のニーズを読み取り、適切な提案ができるよう、意識中です。

最初は、お金を稼ぐことを目的に始めたアルバイトでしたが、働く上でそれだけではもったいないと思うようになりました。私は他人に喜んでもらうことがとても好きです。自分の行動で相手が喜んでくれたら、とても嬉しいです。そこで、一人ひとりのお客さまの背景を読み取り、いち早く動くことを心がけるようになりました。しかし、提案が独りよがりになってはいけません。たくさんのお客さまと接する中で、ホスピタリティの難しさを学んでいます。

 

子どもの頃の思い出から、客室乗務員を志望

私の将来の夢は、客室乗務員です。子どもの頃、私は飛行機が苦手で、家族旅行のときも常に泣いていました。しかし、小学1年生のとき、初めて1人で飛行機に乗ることになります。不安を感じていた私に対し、CAさんは、荷物の受け取りから、到着地でいとこが迎えに来てくれているところまで、ずっと付き添ってくれました。機内でも、おもちゃで遊んでくれたりお話してくれたりしたため、怖い気持ちは楽しい気持ちに変わりました。その時間はとても楽しく、強く印象に残っています。私も、当時の客室乗務員の方のように、お客さまや家族、友達や周囲の人々に対し、喜びや幸せを与えられる大人になりたいです。

 

[インタビュー日:2020年3月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る