地域創生活動において市役所と連携、
分析・情報収集に尽力しPRに努める

8ヶ月にわたるプロジェクトや2種類のアルバイト経験から、
責任感を持つ重要性に加えチームプレイで得られる喜びを知る。

山梨学院大学 現代ビジネス学部 現代ビジネス学科

五味 瑞希

氏名
五味 瑞希(ごみ みずき)

学校名
山梨学院大学

学部/学科
現代ビジネス学部 現代ビジネス学科

学年
3年生

卒業年
2020卒

志望業種・業界
スポーツ
官公庁・公社・団体
金融・証券・保険

志望職種
事務・管理系
総合職
金融系

出身
山梨県

希望勤務地
関東

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験ありインターン経験あり

小学2年からサッカーを始め、中学・高校にて優秀選手賞を授与

私が今まで力を入れて取り組んできたことは、小学2年から続けているサッカーです。小学生の頃は、スポーツ少年団に所属し、男の子たちに混ざりプレーしていました。当時のチームは、同学年の女子選手は私1人だけでした。当初はベンチ入りも難しい状況でしたが、練習に励みレギュラーを獲得、出場した市の大会では優勝の結果を残しています。

中学では女子のクラブチームに所属し、高校進学の際にも、女子サッカー部がある高校を選びました。進学先が商業高校であったことから、求められたのは、簿記などの資格取得と勉強、サッカーとの文武両道です。時間を有効に使うことで、問題をクリアしました。同時に、副キャプテンに就任し、部をまとめる役割も果たしています。

中学3年と高校3年の2回、県からいただいたのが優秀選手賞です。この賞は、私がサッカーを頑張ってきた証と受け止めています。

 

地方創生活動に関わり、移住に対するPR活動に尽力する

私が今力を入れている活動は、大きく分けて2つあります。1つめは、大学のゼミの一環として行なっている地方創生活動の「Miraiプロジェクト」です。山梨県内の企業・団体のニーズや課題に基づき、大学生と協働で行う実践科目に参加しています。8ヶ月に渡る長期プロジェクトでは私を含め3名の学生が主体となり、市役所と連携しながら移住体験ツアーの企画やセミナーへの参加、移住ガイドブックの作成を行いました。

移住体験ツアーを企画する際には、どうすれば魅力が伝わるのか悩んだ時期もあります。また、3名は学校、学年が異なっていたこともあり、当初の定例会では互いに緊張していました。意見がスムーズに出ないまま、時間だけが経過したこともあります。そういった経験を経て、私自身がプロジェクトメンバーの最高学年である自覚を持ち、積極的にコミュニケーションをとることを心がけました。

ガイドブック作成に関しても、他の都道府県を参考にしたり、アンケート結果に基づき企画・構成を考えたりと、自分たちの考えだけで結論を出すのではなく、周囲の意見や考えを積極的に取り入れたことがよい結果につながっています。ツアー参加者に対しても、待っているだけでは結果は出ないと、チラシ配布や知人への声かけなど、期限ギリギリまで行動を続けました。

 

2種類のアルバイトを通し、多くの人との関わりを持つ

もう1つ、力を入れているのが温泉の清掃と靴屋でのアルバイトです。私は大学2年の夏までサッカーを続けていたため、夜にアルバイトをすることが不可能でした。そこで朝に働くアルバイト先として、温泉の清掃を選択し、週に3日平日通っています。

また、大学のサッカー部を引退した2年の2月からは靴屋のアルバイトも始めました。靴屋で働くことにしたきっかけは、接客業に対する苦手意識を克服することです。しかし、靴の知識を増やし、接客の場数を踏むにつれ、純粋に楽しめるようになりました。特にお客さまのニーズに合った靴が提案でき、購入していただけたときには大きなやりがいを感じます。今後もお客さま一人ひとりに合った提案ができるよう、勉強を続けていきたいです。

プロジェクトやアルバイトを通して、企業の方や社会人の方など、多くの方との関わりをもち、交流の場を広げることができました。真面目に取り組むことで、周囲からの信頼も得られ、自分のモチベーションアップや自信にもつながっています。また、サッカー部引退後には、地元のクラブチームに加入しました。現在もサッカーを続け、練習に励んでいます。

 

自らの長所であり責任感と真面目さを伸ばし、周囲と信頼関係を築く

様々な活動を通し、チームとしてプロジェクトを成功させるためには、各自が責任を持つことの重要性を改めて実感しました。人間、得意・不得意は必ずあります。その上で、一人で抱え込まず、周囲に相談することで、カバーすることができるのもまた、チームプレイの良さだと感じています。

私自身の長所は、責任感があり、真面目に物事に取り組む点です。周りの変化に敏感に気づき、寄り添う気遣いができることや、時間をかけて周囲との信頼関係を作りあげることは、私自身の得意分野でもあります。今後も長所を大切にしながら、山梨県の魅力を多くの人々に伝えていきたいです。

 

[インタビュー日:2018年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る