さまざまな経験を通して話すだけではない
相手のことを聞き出す力を得る

留学生の支援やイベントやインターンシップを通して
コミュニケーション能力を磨く

神戸学院大学 法学部 法律学科

原田 幸希

氏名
原田 幸希(はらだ こうき)

学校名
神戸学院大学

学部/学科
法学部 法律学科

学年
4年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
営業系
総合職

出身
大阪府

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
HATACHI Be Adult

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

逆境体験あり営業経験ありインターン経験あり

コミュニケーション力を得るために

大学入学後「何かをしなければいけない」という焦りを抱いていました。そんな時に、大学の掲示板に「留学生支援アシスタント募集」というチラシが張り出されているのを見かけたのです。英語に関しては、受験のために勉強していましたが、コミュニケーションは受験科目になく勉強したことがありませんでした。そこで「自分の英語力を試すきっかけになるのではないか」と思いアシスタント応募を決意しました。アシスタントの仕事は、主に留学生の学校生活の手伝いです。私が担当したのは、オーストラリアから1年間留学に来た学生でした。彼は、日本語を勉強しに日本へ留学に来ていましたが、日本語はあまり話せず、意思の疎通も非常に困難だったのです。授業で分からないところや、日本での文化や慣習を教えていく生活が続きましたが、その上でフッと思うことが積もっていきました。彼とは、ほとんど赤の他人で、言葉の壁がある相手に対して根気強く接していく精神的余裕がほとんどなかったのです。そして、彼の質問にも適当にあしらった日もありました。しかし、彼は遥か彼方異国から「日本が好きで、日本語を勉強したい」と言って来てくれているのです。そんな彼に、不誠実な態度を取ってしまったことに後悔しました。その後は、彼のアシストに専念し、しっかりと快適な学生生活が送れるように努力したのです。1年の留学期間が終わり、彼との別れの日に「本当にありがとう。君のおかげですごくいい毎日を過ごすことができた」と言ってもらうことができました。
 

新成人のみで行うイベント

留学生アシストの仕事は、彼の帰国後、特にすることもなく、フラフラとバイトに集中する日々が続きました。「これではいけない。もっと有意義な生活を送りたい」と思っていたのです。そして、親しい先輩に「何かすることはないか」と相談を持ちかけます。先輩から、新成人限定イベントの主催してみないかと言われました。そのイベントは、参加者も主催者も新成人のみ。ファッションショーやダンス、バンド、よさこいなどさまざまな催しがあります。内容は毎年変わり、どのようなイベントにするかは、各代で自由に決めていました。先輩の紹介で入り、副代表に就任します。スタッフは12名ほど。初めての経験でしたが、800人ほどの観客を呼ぶ大きなイベントとして大成功を納めることができました。

営業でさらに己を磨く

現在は、スタイルガーデンで携帯販売代理店にてタブレット販売をする営業のインターンをしています。営業という職に対して私のイメージは「コミュニケーションさえとることができれば、なんとかなる」というものでした。しかし、実際にやってみると想像とは全く違うものだと気づかされます。営業マンとして店舗に出る前に、ロールプレイングやテストを行うのです。しかし、私はその時に全く力を見せつけられず、先輩からも呆れられるほどにできていませんでした。1ヶ月ほどロールプレイングを重ねましたが、営業トーク中に言葉が詰まってしまい、決定的な営業トークができなかったのです。なんとかお店に出させてもらったのですが、営業に対して自信を持てずにいました。そこで、店舗に立つ前に商材知識を必死に覚え、営業トークを磨いていったのです。私は、負けず嫌いな性格で、目立つことが好きな性分のため、営業マンとして最初から営業成績を上げたいという一心でした。そして、お店に立ち、経験を重ね、営業の空気やコツを掴んでいったのです。当初は、あまり先輩から期待されていませんでしたが、団体の新人営業成績、歴代トップ記録を塗り替えるほどまで急成長しました。
営業とは、お客様との対話です。しかし、それはただの対話ではなく「タブレットを買わない」という壁を払拭し、お客様の抱える課題を聞き出すものです。お客様の抱える課題は、それぞれで、それをいかにタブレットが解決するか。そこまで説明できなければ、タブレットは売れません。私は、営業を通して、お客様の内に秘めるものを聞き出す。そういったコミュニケーション能力を得ることができたのです。これは、私の将来に繋がる長所だと思っています。
 

影響を与えられる人間へ

将来は、仕事を通して、人に大きな影響を与えられるようになりたいです。影響というのは、その人に人生すらも変えてしまうようなとても大きな影響のことを指します。どんな職でも必ず誰かに影響を与えられると思うため、職種は絞っていません。また、もう一つ自分の目標として「幸せな家庭を築く」というものもあります。家に帰ると、仲のいい家族が出迎えてくれる。そんな夢を持っています。その夢を叶えるためにももっと成長し、人に対して何かを変えてしまうほどの影響を与えられるようになりたいです。

[インタビュー日:2016年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る