目標に対し計画的に行動、新入生への
サポートや実行委員など多方面で活動

SGH認定高校にて英語・日本語共に質疑応答の場を多数経験、
インプット・アウトプットの両方を重視して得た積極性を活用。

熊本大学 法学部 法学科

平田 華凪

氏名
平田 華凪 (ひらた はな)

学校名
熊本大学

学部/学科
法学部 法学科

学年
2年生

卒業年
2023卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
事務系
販売系

出身
福岡県

希望勤務地
関東、関西、九州、沖縄

学生団体
紫熊祭実行委員会、
熊本大学生協新入生サポートセンター

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験あり

SGH認定高校にてインプット・アウトプット両方に尽力

高校時代は、SGH認定高校を選択し、SGHを中心とした課外活動に積極的に取り組んできました。具体的には、デザイン思考を養うための「福岡市の課題発見プロジェクト」への参加、九州大学の留学生に対する英語での発表や質疑応答のほか、慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)に通う高校の卒業生との交流を含む鎌倉研修が挙げられます。

また、中学生からフェアトレードに興味を持ち、学びを深めていたため、高校2年時には、6日間のベトナム研修に参加しました。さらに高校3年時には、大阪大学で開催された「国際公共政策コンファレンス」にも参加しています。自分がこれまで取り組んできた研究内容と解決策について、20分程度のプレゼンテーションを1人で行いました。

英語でのプレゼン後、英語の質問に答えることや、阪大の教授からの質問については、答え方に苦労しました。ただ、人の話を注意深く理解した上で、頭をフル回転して回答することや、弱気にならず何らかの答えを返すことの重要性などの学びは、その後の人生においても大いに役に立っていると感じます。日本語・英語問わず、インプット・アウトプットの両方に力を入れた高校時代です。

 

学園祭実行委員、新入生サポートセンターのサポーターとして活動

私が熊本大学を選んだ主な理由は、法学部で経済学部の勉強ができること、日本初のフェアトレードタウンである熊本市の魅力の2点です。AO入試では、自ら学びを深め、活動を続けてきたフェアトレードについてPRしました。現在注力していることは、主に2点です。

1つ目は、熊本大学の学園祭「紫熊祭(しぐまさい)」の実行委員、2つ目は、熊本大学生協の新入生サポートセンターのサポーターとしての活動です。実行委員会では、総務局に所属し、テント出店やステージ企画を行う企画者様の対応や会議運営を行っています。1年間所属後、ステージ企画統括として抜擢され、現在は実行委員会幹部として活動中です。

活動において、特に大変だと感じたのは、今回のコロナ禍によるオンライン会議です。毎週幹部会議を行う中で、オンラインならではの伝わりづらさを感じました。対面では雰囲気で伝わる部分も、画面を通すことで見えにくくなります。だからこそ、今は、より丁寧に自分の考えや思いを伝えるように心がけています。

2つ目の熊本大学生協新入生サポートセンターでは、大学に入学・編入し1人暮らしを始める学生を対象に、サポートを行っています。具体的には、新入生や編入生の要望を擦り合わせた上での物件探しや契約のサポート、必要な家具や家電の紹介、生協の加入など一連の新生活準備が挙げられます。1年目のサポーターは先輩に教えてもらいながら、来場者が多い2月末を目標に、案内を練習する仕組みです。私は来場者の方に最初に対面する受付に配属され、一連の流れの説明や電話対応、契約の確認などを行いました。サポートセンターの活動期間は、主に11月〜4月です。今季はリーダーに抜擢されたため、受付リーダーとして活動予定です。

 

自身の強みである計画性を活かし、先取りで行動

コロナ禍の中、将来について考える機会が増えました。熊本大学は、公務員を目指す人が多く、公務員講座もあります。ただ、私は民間での就職を希望しています。その中で、何かを作り上げたりコミュニケーションをとったりしながらサービスを提供することに従事したいです。

興味のある分野のひとつが、フェアトレードシステムです。中学から現在に至るまで学びを進めています。商品の購入理由は「商品が好きだから」で構いません。そのときにも、生産者の賃金を担保する付加価値がつく商品を促す仕事に関わっていきたいとの思いもあります。

その上で、志望業種や職種に関しては、今後、視野を広げて探しながら、絞っていく予定です。終身雇用の時代ではないと思うからこそ、将来のビジョンも幅広く描いていきたいです。そのために、現在は、自身の計画性を活かし、積極的に行動しています。当初は、今年からインターンへの参加を考えていましたが、コロナ禍により動くことができません。

今できることを考え、福岡の学生団体「SUKIMA」に登録し、情報を収集したり、ガクセンの逆求人という新しい就活に取り組んだり、周りがしていないことをどんどん先取りすることを大切にしています。

[インタビュー日:2020年8月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る