あえて困難な選択肢を選ぶことにより
モチベーションの向上と自己成長を実現

より高いレベルを目指すため、自ら逆境に飛び込む精神力と、
周囲の環境を変えるため、思い切って行動する勇気が持ち味。

立命館大学 産業社会学部 現代社会学科

堀木 翔太

氏名
堀木 翔太(ほりき しょうた)

学校名
立命館大学

学部/学科
産業社会学部 現代社会学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ

志望職種
営業系

出身
大阪府

希望勤務地
関東、関西

学生団体
舞スタイル

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

困難な道にあえて挑戦

高校時代の思い出の中で、特に印象深いのは大学受験にまつわるエピソードです。当時、私の前には「指定校推薦」で進学する道と「一般受験」を受ける道という2つの選択肢がありました。もちろん楽で確実に進学できるのは指定校推薦の方です。しかしそれまでの受験勉強のことや、親が塾に行かせてくれたことを思うと、それをムダにしたくないという気持ちになりました。

さんざん迷いましたが、結局選んだのは一般受験の方です。塾の先生から常々「迷ったら難しい方を選べ」と言われていた影響もあったと思います。また指定校推薦で「そこそこの大学」に進むより、一般受験で「よりレベルの高い大学」を目指したいという気持ちもありました。

ただし、私の高校はあまり偏差値が高くない学校だったため希望通りの大学に入れるかどうかは大きな賭けになります。実際、先生たちも私が受かるとは思っていない様子でした。まさに逆境ともいえる状況で、結果として志望校に合格したときは思わず涙が溢れたほどです。

確かに受験勉強は厳しかったですが、この経験を通して「逆境はモチベーションの向上に繋がる」ことを実感しました。そして逆境の中でがむしゃらに頑張れば頑張るほど自己成長できることも知りました。このときの成功体験は、今でも私の行動原理になっています。

 

思い切って行動を起こす

アルバイトでの経験も強く印象に残っています。バイト先は回転寿司屋でしたが、その店は新人のアルバイトが定着せず、通常営業に影響が出るほど人手不足に苦しんでいました。

新人のアルバイトがすぐに辞めてしまう原因は、その店の雰囲気です。フリーターの先輩の中にとても厳しい人がいて、その人のために職場の雰囲気がとても悪くなっていました。新人にも中堅にも関係なく厳しい態度だったのですが、高校生の新人たちは特に萎縮してしまっていたようです。

以前の私であれば、そこまで気づいても行動を起こすことはなかったように思います。あえて他人に話しかけることへの恥ずかしさや、自分を守ろうとする気持ちが強かったためです。それでも新人たちの立場になると、彼らの心細さや恐怖が想像できたため、思い切って行動することにしました。

もちろん私自身も入って半年ほどだったため、問題の先輩に直接アプローチすることはためらわれます。そこで新人たちに積極的に話しかけることで、一人きりではないこと、優しい先輩もいるんだということを伝えるようにしました。おかげで良い先輩・後輩関係を築くことができたと思います。新人たちも目に見えて明るく、のびのびと働けるようになりました。また場の雰囲気が改善されたことで新人の定着率も上がり、店も通常通りに営業できるようになりました。

この経験を通して私が学んだことは2つです。ひとつは「自分が行動することで周囲の環境を変えられる」ということ、もうひとつは「思い切って行動を起こすことの重要性」です。

 

より多くの業界で経験を積みたい

将来の仕事については、まだ具体的なプランがありません。ただ私自身ほとんど社会経験がないので、できるだけ幅広い分野で経験を積める仕事に就きたいと思います。たとえば店舗の中だけで接客をする仕事よりも、外に出ていろいろな業界と触れる仕事の方が理想的かもしれません。

残りの学生生活では、就職に備えて資格を習得したり見聞を広めたりして、自分の将来像をしっかり見定めようと思っています。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る