勤務先の塾にて問題を明確化、生徒の
意識と計画性を変え、成績向上に導く

台湾留学や発展途上国の子どもたちへの教育支援団体活動など
積極的に世界と携わりつつ中国語の語学力を高めるべく勉強中。

國學院大學 文学部 中国文学科

池邊 菜穂

氏名
池邊 菜穂(いけべ なほ)

学校名
國學院大學

学部/学科
文学部 中国文学科

学年
4年生

卒業年
2020卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ

志望職種
営業系

出身
千葉県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
STUDY FOR TWO

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

陸上や水泳、台湾留学や「STUDY FOR TWO」での広報など、様々な経験を積む

私は物心ついたころから水泳を始め、小学生では期間限定の陸上競技部に、中学・高校では陸上競技部に所属するなど、スポーツに力を注いできました。中学の陸上部は中・長距離、高校では短・中距離を選択するなど、幅広い活動実績があります。

大学入学後はスポーツとは少し距離を置いていますが、身体を動かすこと自体は、とても好きです。社会人になり、仕事に慣れた後には、ジムなどに通い、継続的に身体を動かすことを計画しています。

現在は学部の勉強や中国語検定の勉強、SPIの勉強にも力を注いでいます。また、大学2年のときには、1ヶ月間台湾に留学し、中国語を実践的に学びました。帰国後も、今後よりニーズが高まるであろう中国語に特化し、勉強に励んでいます。

留学後、友人から誘われたことを機に参加したのが一般社団法人「STUDY FOR TWO」です。団体では、大学生に対し、不要になった教科書の寄付を募り、今後は大学生に安価で再販売します。そして収益の80%以上は、発展途上国をはじめとした子どもたちへの教育支援として寄付する活動をしています。現在、私は主にコンテンツ作成と広報としてのSNSを用いたPR活動中です。
 

小学生を対象にした塾にてアルバイトを継続、生徒一人ひとりへのサポートに励む

大学1年からコンビニと塾のアルバイトを掛け持ちし、現在も塾のアルバイトを継続中です。塾のアルバイト自体は、誘われて始めたものではありますが、私自身が塾の先生に助けられることが多かったこともあり、今後は自分が助ける側に回りたいとの思いから志望しました。

塾では小学生を対象に国語と英語を中心に、社会や算数なども教えています。個別授業では私1人に対し生徒2人、グループ授業の場合は生徒十数名に対し、授業を行います。塾である以上「結果を出す=生徒の成績をあげる」ことが求められます。取り組む中で感じたのは、生徒一人ひとりに対して授業設計を行う難しさでした。

そこで私がまず取り組んだのは、生徒一人ひとりをより深く知ることです。まず、適切なコミュニケーションをとることで、問題が明確になりました。中でも多かったのは、勉強に対する苦手意識を持っている子と勉強の習慣が身についていない子です。授業設計は私が行いますが、自宅学習のスケジューリングは子どもたち自身が計画を立てる必要があります。できない子に対し、毎日の勉強時間を増やすためのサポートを行いました。

活動を通して嬉しかったことは、生徒の成績が上がったこと、そして生徒の中で勉強に対する苦手意識が薄れたことです。また、コミュニケーションの大切さを実感しました。単に勉強を教えるだけでなく、人の人生がかかっていることへの責任も痛感し、責任感も高まったと感じます。

 

ワークライフバランスを大切にし、胸を張れる働き方を目指す

大学3年では、説明会ベースも含め、10社ほどの1dayインターンに参加しました。将来に関しては、仕事とプライベート、両方を楽しんでいる人に対する憧れがあります。私自身もワークライフバランスを大切にした上で、自分の活動に対して胸を張れるような働き方を目指しています。

 

[インタビュー日:2019年2月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る