野球の道を諦めて英語一筋に
しかし、留学先で真のすべきことに気づく

小中高と続けていた野球をやめインターンへ
留学先で見つけたことを胸に未来を考え行動する。

阪南大学 国際コミュニケーション学部
国際コミュニケーション学科

井上 凌兵

氏名
井上 凌兵(いのうえ りょうへい)

学校名
阪南大学

学部/学科
国際コミュニケーション学部
国際コミュニケーション学科

学年
3年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
大阪府

希望勤務地
関西、関東、海外勤務

学生団体
株式会社スタイルガーデン

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

英語に関われる自分を目指して

大学入学当初、私は小学校の頃から続けていた野球をやめ、勉学に集中することを決めました。野球は小学校の頃から続けていたものの、高校まで結果も出ず、また大学では英語の勉強に集中しようと元々決めていたのです。そのため、遊びや、飲み会などで時間が取られてしまうサークルに所属することもありませんでした。毎日、海外へ留学することを目指して勉強していたのですが、ふと、英語を勉強することの意義を考えると、長期留学ではなくていいのではないか、ということに気づきました。元々、語学力をあげて、英語でコミュニケーションがとりたいと思っていたのですが、英語はただ話せるだけでは何の価値もありません。英語で数学や国語、さまざまな専門分野について説明ができ、教えられるようにならなければ意味はないのです。
そう気づいてしまってからは、留学の目的も変わりました。もっと何か人生の役に立つようなものを探そう、という思いで、カナダのバンクーバーへ1ヶ月短期留学に行きました。そこでは、普段せっかちな自分でさえもゆっくりしてしまうほど時間がゆったりと過ぎて行き、バンクーバーに住む方たちもフランクで風土や町並みもよく、とてもいい時間を過ごしました。その時間の中で、人生を生きていくためには、また、将来のために何を今、するべきかについて学び、日本に帰国してきました。日本についてからは、就職のために今できることや、将来自分がしたいことは何かについて考えることが随分と増えました。
 

就職への焦りからインターンに

英語ばかり勉強してきたので、何がしたいのか、今何をすべきかについてはあまりわかってはいませんでした。
そんな時、就職活動前の先輩たちがインターンに行っていたことを思い出しました。私もインターンに行けば何か変わるのだろうか、という安直な理由で、すぐに就職活動支援サイトに登録をしました。そこで、インターンについて調べていると、スタイルガーデンという会社にたどり着きました。そこでは、有給の長期インターンを募集しており、また、インターンについての情報とともに乗せられていた「本気の人募集」という誘い文句にも胸を打たれ、すぐにインターンの応募をしました。
スタイルガーデンでは、ドコモショップでタブレットの販売などをしています。商談をするために必要な営業能力や、お客様が必要としている情報をすぐに提供できるような応対力などを養うことが目的です。携帯ショップでは、携帯を購入する方以外にも、タブレットを見つめている方など、さまざまな方がいます。そんな方達にタブレットを買っていただくにも商談力や営業能力が必要になるのです。営業のインターンを始めてから、最近ではようやく営業の仕事にも慣れてきたことや、営業能力を高めるこの成功したためか、タブレットを購入していただくことが多くなってきました。営業の中では、考える、という行動が苦痛で仕方ありませんでした。私は、小中高と野球をしていたからか、何か物事を深く考えるということ習慣があまりありませんでした。なので、営業の中で、なぜこのお客様はタブレットを購入してくれなかったのか、どういったトーク方法をとれば良いのかなど、考え行動することは最も難しかったです。
 

BtoCからBtoBへ

こういったBtoC営業でも得られるものや学ぶものは多く、将来の役に立っている、と実感することができます。他にも、将来のため、ということで、ビジネスマナーなどの営業だけではないことも教わり、刺激と成長のある毎日を過ごしています。
最近では、BtoC営業だけではなく、BtoB営業もするようになりました。ここでは、企業に直接商談をしに行ったり、電話で商談をさせてもらえるように電話越しに営業をしたりと営業の活動の幅も広がってきました。BtoBでは、話を聞いてもらう前に電話を切られたり、対面を拒否されてしまったりすることも少なくありません。ゆえに私の商談の能力やコミュニケーション能力がためされます。うまくいった時には、BtoCでは得られなかったような強い達成感に満たされます。今後も商談力やコミュニケーション能力が上がるように努力していこうと思っています。
 

海外へと旅たちたい

将来は海外に住むことが私の人生の目標です。風土も気候も文化も合い、また人柄もよい方が多く住んでいます。場所は特には決めていませんが、アメリカに住んでみたいと考えています。
しかし、そのためには就職しお金を稼ぐことが不可欠です。就職に対して多少の危機感はありますが、まだ志望業界は絞れていません。ただ、今インターンでやっているようなBtoBの営業については社会人になっても続けていきたいと思っています。そのためにも、このインターンを頑張っていき、どんな商談でも任せてもらえ、就職後にすぐに第一線で活躍できるような営業マンになりたいです。

[インタビュー日:2016年12月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る