未経験からジャズオーケストラに参加
個人の努力と周囲の力で、目標を達成

過去の自分と現在の能力を比較、上達を実感しモチベーションの
維持に成功、重要課題に重点的に取り組みソロ演奏を成功。

東北大学 経済学部 経営学科

石井 豪起

氏名
石井 豪起(​​​いしい ごうき)

学校名
東北大学

学部/学科
経済学部 経営学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
メーカー
広告・通信・マスコミ
百貨店・専門店・流通・小売

志望職種
IT系
事務系
営業系

出身
群馬県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
ジャズオーケストラサークル​ ​

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験ありインターン経験あり

楽器未経験からジャズオーケストラサークルに加入

大学入学後、私が尽力したことは、楽器未経験の状態からのジャズオーケストラサークル加入と、サックスソロ演奏です。きっかけは、新しいことを始めたいと、いろいろな部に見学に行ったことでした。そして先輩のサックスのソロ演奏に心を奪われジャズの奥深さに魅力を感じ、参加を決めました。私が掲げた目標は、入部から1年半後の大学祭でのソロ演奏です。

私は音楽未経験ということもあり、演奏能力に加え、音の良し悪しを判断するための音感が不足していると考え、改善に取り組みました。前者の改善策としては、週に1回の全体練習に加えて行う、自主練習の時間を設けることです。限られた時間は、全て基礎練習にあてました。後者の改善策として取り組んだことは、音楽経験の豊富な部員に練習の音を評価してもらうことです。さらに録音を繰り返し聴き直すことで「音感」を身につけました。

 

周囲の力を借り、自分の能力以上の困難を乗り越えることに成功

努力の結果、時間の経過とともに、自分の演奏の上達を実感できたことは、モチベーションの維持・向上にもつながったと感じます。周囲からも演奏能力の上達を認められ、目標としていたソロ演奏を成功させることができました。練習を手伝ってくださった先輩もとても喜んでくださいました。先輩への恩返しができたことも、喜びのひとつです。特に重要な課題を特定し、改善に重点的に取り組んだことが、目標達成につながったと考えています。

以前の私は「困難は自分自身の力で乗り越えていくことが大切」と考えていました。しかし、今回の経験を通して、周囲の力を借りることで、自分の力以上の困難を乗り越えることができると学びました。また、全く知らない領域でも、モチベーションを保ち、努力を継続することで大きく成長できると実感できたことは、大変良い経験です。成長途中の段階で周囲と比べてしまうと落ち込んでしまったかもしれませんが、私は過去の自分と比べて成長度合いをはかりました。その結果、より前向きに取り組むことができたのだと思います。

 

大学生が自分と向き合うきっかけとなる、課外活動情報サイトの作成・運営

現在は、大学生向けの課外活動情報サイトの作成・運営を行っています。きっかけは、高校までは受験勉強や部活が中心の生活になり、大学入学後には、多くの大学1、2年生がサークルやアルバイトなど視野の狭い選択しかできていないことに問題意識を感じたことでした。自分と向き合う機会がないまま、就活を始めてしまえば、行動や思考がちぐはぐになってしまいます。元々、私は就活団体で面談などを見てもらっていたため、1人の先輩が「東北の就活市場に恩返しがしたい」と、動き出したことで、私も理念に共感し、参加とを決めました。サイトでは「あまり知られていないけど面白い」、「大変だけど充実感を得られる」などニーズに合わせた活動を提示することで、東北の大学生の視野を広げ、「毎日をより充実したもの」にするお手伝いをすることを目指しています。

発足したばかりということもあり、チームメンバーのコミットメント向上、サイトPV(閲覧数)の獲得、案件の集め方など多くの課題を抱えています。私の主な役割は、サイトの構造やデザインを設計することです。基礎からプログラミングについて学びながら、現状の知識で行えることを模索しています。ロングテールキーワードの設定、Twitterアカウントの作成、ツイートによる誘導、ブログからの誘導などの施策を実施することで、一カ月以内に300PV以上の獲得を目標に掲げました。押し付けではなく、学生が自分と向き合うためのツールになるよう、試行錯誤中です。

 

「思い」と「行動」の差異をなくし、より自由な選択ができる社会へ

私が目指す将来像は、より自由な選択を行える社会の実現です。私は好奇心が強い一方、恐怖や不安感によって、新しい一歩が踏み出せないこともありました。そこで、自分と同じように「何かを始めたいけれど、踏み出せない」という人を少しでも減らしたいと考えるようになりました。行動できない理由には、本当の気持ちが分からない、情報が得られない、必要なスキルや習得方法が分からないなどのさまざまな問題があり、アプローチ方法も多様です。しかし、それらの問題を解決し、一人の人の「思い」と「行動」の差異をなくしていくことが私の実現したいことです。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る